☎ 06-6152-9507

DDまっぷ

皮膚科 アレルギー科

きしもとクリニック岸本クリニック

皮膚科 アレルギー科

きしもとクリニック岸本クリニック

大阪府豊中市曽根西町1-8-14

☎ 06-6152-9507

医院の特徴

  • 駅近
  • 専門医がいる
  • 漢方処方
  • アトピー
  • アレルギー
  • 花粉症
  • 水虫
  • メディカルエステ
  • ピアス

施設情報

診療科目 アレルギー科、皮膚科
住所 〒561-0801
大阪府豊中市曽根西町1-8-14
電話 06-6152-9507
アクセス 阪急宝塚線   曽根駅      徒歩 1分  
駐車場 無   
院長 院長 岸本 武
専門・資格 医学博士
日本皮膚科学会認定専門医
日本臨床抗老化医学会認定医
市立豊中病院登録医
開院日
公式サイト http://www.kishimoto-clinic.jp/
 

お知らせ

  •   【年末年始の診療・営業のお知らせ】
    <岸本クリニック>
    12月29日(木)午後診~1月4日(水)まで休診いたします。
    新年は、1月5日(木)より診療を開始いたします。

    <サロン 『蓮 Renn』 >
    12月30日(金)~1月4日(水)まで休業いたします。
    ※休業中も年明けのご予約を、ネットで承ります。
  •   【サロン 『蓮 Renn』 : 初回限定特別価格メニューのご案内】
    初回体験メニューがございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  •   【サロン 『蓮 Renn』 : 土日の受付時間が長くなりました!】
    土日の受付時間を、10:30~17:00 に変更いたします。(予約制)
    ご予約可能なお時間が長くなりました!
    ご予約心よりお待ちしております。
  •   【岸本クリニック、サロン 『蓮 Renn』 からのお知らせ】
    休診案内や、医院・サロンからのお知らせは以下よりご覧ください。
    岸本クリニック、サロン 『蓮 Renn』 からのお知らせはこちら >>
  •   【岸本クリニックのご紹介】
    岸本クリニックは、【皮フ(アトピー、ニキビ、肌荒れなど)】 および 【アレルギー(鼻水、目のかゆみ、花粉症など)】 に関する、あらゆるトラブルに関して診療をおこなうクリニックです。今話題のプラセンタ注射や、漢方処方などもおこなっております。
    また、ホリスティック医療を積極的に実践するクリニックで、患者さまの心身の健康をトータルサポートいたします。
    岸本クリニック オフィシャルホームページ はこちら >>
  •   【2階 併設サロン 『蓮 Renn』 のご紹介】
    岸本クリニック同建物2階のサロン 『蓮 Renn』 では、INDIBAを中心としたスキンケアとボディケアを受けていただけます。
    その他、スキンケア製品、オーガニックハーブティー、酵素ファスティングプログラムなどもご用意。美と健康を、内外両方(ホリスティック)な観点からサポートします。
    ※ サロン 『蓮 Renn』 は、女性専用・予約制です。詳しくは、『蓮 Renn』 のページをご覧ください。
    ホリスティックケアサロン 『蓮 Renn』 オフィシャルホームページ はこちら >>
    サロン 『蓮 Renn』 は、インターネットでのご予約が可能です >>

診療時間

皮膚科・アレルギー科(漢方・心療・美容)

  診療時間
午前診 09:30 12:30
予約 14:00 16:00
午後診 16:00 19:00

※ 休診日:水曜(研究日)、土曜午後、日曜・祝日
☆:要予約 → 月・火・金(波動療法)、木(ホリスティック外来)をご希望の方のご予約を承っております。

2階 併設サロン 『蓮 Renn』

  診療時間
平日(要予約) 10:30 18:30
土・日(要予約) 10:30 17:00

※ 休業日:水曜、日曜・祝日
☆:日曜日の施術のご予約を承ります【予約制】
  ご希望の方は、前日までにご予約をお願いします。

施設情報

診療科目 アレルギー科、皮膚科
住所 〒561-0801
大阪府豊中市曽根西町1-8-14
電話 06-6152-9507
アクセス 阪急宝塚線   曽根駅      徒歩 1分  
駐車場 無   
院長 院長 岸本 武
専門・資格 医学博士
日本皮膚科学会認定専門医
日本臨床抗老化医学会認定医
市立豊中病院登録医
開院日
公式サイト http://www.kishimoto-clinic.jp/

当クリニックはホリスティック医療を実践します

東洋医学には「心身一如」という考え方があります。 これは読んで字のごとく心と体は一つという意味です。
私も皮膚は内なる反映と考え、当クリニックでは西洋医学と東洋医学の両方の良き所を取り入れた診療を心がけています。
何よりも大切なのは薬や医療は手助けさせて頂くのであり、治すのは患者様自身であるということです。
生きているということは変化の連続です。 皮膚もまた年を重ねるごとに変化していきます。 しかし、生理的な変化を病的な変化ととらえ悩むのは如何なものとかと思います。
日々、学んだことを診療の中で反映させ、縁あり当クリニックへ来院された方々と「笑顔」が共有できればと考えています。