75g経口糖負荷試験(75g OGTT)の実際

今回は実際に数値を上げて、空腹時の検査と負荷試験の比較をしてみましょう。

一人目(空腹時検査): 血糖  92mg/dl    HbA1c 5.3%

二人目(空腹時検査): 血糖 106mg/dl    HbA1c 5.9%

空腹時の検査結果を見る限りHbA1cは上がっていませんが、二人目の方が、血糖の正常上限109mg/dlに近くなっており、糖尿病に近づいているといった印象でしょうか?

75g経口糖負荷試験をしてみると・・・・・・・

一人目:空腹時   92mg/dl    負荷30 176mg/dl    負荷60 202mg/dl   負荷120 166mg/dl

二人目:空腹時  106mg/dl    負荷30 186mg/dl    負荷60 245mg/dl    負荷120 243mg/dl

二人とも血糖が200mg/dlを超えるところがあり糖尿病のパターンになります。しかも空腹時検査では一寸悪いかな?程度だった二人目の方は120分たっても血糖が243mg/dl(!!)あるのです。空腹時検査だけでは分からないものですね。

さらに、種明かしをしますと二人とも「心筋梗塞」を起こして国立循環器病センターに緊急搬送された患者さんです。もう少し早く気づいて、治療していれば「心筋梗塞」を起こさずにすんだかもしれません。

負荷検査の威力を感じていただけたでしょうか?

 

.