胃腸炎が流行っています

先月までは咳が3−4週間続く変な風邪が流行っていましたが、今月に入ってから胃腸炎の方が多いようです。子供さんからもらう方も多いようですが、感染力が強いようで職場でも蔓延傾向があるようです。

今回の胃腸炎の特徴としては初期の2−3日は喉の痛みがあるので、「風邪のひきかけかなぁ?」と思われるそうです。市販薬などで様子を見ていると喉の痛みは退いてくるのですが、それと入れ替わりに胸やけや嘔吐・腹痛や下痢といった消化器症状が前面に出てくると同時に微熱が出てくるようです。
症状が酷い期間は4-5日程ですがその後も、なんとなく「ムカムカ」するとか「お腹がゴロゴロ」などの軽い消化器症状が続くようです。(人によっては、増悪・改善を繰り返すようです。)

消化器症状が治まってくると、再び喉の「イガイガ」感が出てきたり、夜の咳がなかなか取れなかったりするため、「何か悪い病気ではないか・・・・・?」と心配される方が多いように見受けられます。

症状は胃薬や整腸剤でかなり緩和されるようですので、辛いのを我慢するより受診して投薬を受けられるのをお勧めします。

 

.