ウィンドウズXP

やっと桜の季節がやって来ました。激しい雨が全国的に降るようなので散ってしまわないか心配ですねぇ。

突然ですが、ウィンドウズXPのサポート期限が今月の9日までなのに伴い、病院内のウィンドウズXPの入れ替えを行っています。当院では、ウィンドウズの台数はそれ程多くないのですが、データの移動や自動入力になっているパスワードの再設定など、細々とした手間がかかります。

今回ブログをアップするのが遅れたのもそのためなのですが、調子よく動いていた新しいウィンドウズが突然インターネットに繋がらなくなったのです。色々と試してみたのですが、一向に良くなる気配がなく、仕方なく以前のウィンドウズXPを立ち上げて原因を探っておりました。

結局、インターネットとコンピュータを繋ぐネットワークカードのドライバーソフトウエアとネットワーク機器の間で、上手くデータが流れていないことを発見して対処することが出来ました。

以前の報道で、特に大阪では新しいウィンドウズへの移行が全く進んでいないとのことでありました。(商人の町ですので「勿体ない」精神の表れでしょうか?)当院の小規模なシステムでも、これだけ苦労したのですから、会社などでは気が遠くなるような手間がかかるはずです。大阪は大丈夫だろうか・・・・・・

2001年から長きに渡り活躍した「ウィンドウズXP」、ご苦労様でした。

 

.