倹約的遺伝子

今年に入って、何だか木曜日と金曜日の雨が多いような気がしませんか? 今日は気温も低く東京では雪が降っていた様です。交通麻痺など起きなければ良いのですが・・・・・

日本病態栄養学界は、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」の科学的エビデンスを国内外に発信することを目指す「京都和食宣言2015」を採択しました。

内容は、

1. 我が国における食を評価する
2. 和食のすぐれた点を見直す
3. 和食に関するエビデンスの蓄積を進める
4. 健康に資する和食を次世代に継承する

とのことです。

私が感心したのは「京都和食宣言2015」そのものではなく、この宣言を紹介した記事の中に「(和食は)倹約的遺伝子を持つ日本人に合理的」との記述なのです。(日本栄養学界の先生方ゴメンナサイ。)

この「倹約的遺伝子」というフレーズを使えば、「倹約的遺伝子を持つ日本人は、欧米的な高カロリー・高脂質食に耐えられない。」と生活習慣病について、分かり易く説明出来るなぁと膝をポンと打ちました。

しばらく「倹約的遺伝子」はマイブームになるかもしれません。

.