スタチンによる糖尿病リスク(1)

大阪でも桜の開花宣言がなされました。標準木に選ばれたソメイヨシノに五個以上花が咲くと「開花宣言」となるようです。

麗らかな春が近づいているのに、何とも悩ましい報告がなされましたので書いてみます。

以前のブログで米国糖尿病学会(ADA)が全ての糖尿病患者さんにスタチンの投薬を推奨するとのガイドラインを発表したと書いた(ブログ「糖尿病とスタチン」参照)のですが、今回フィンランドから「スタチン投薬によって糖尿病の発症が増加する。」との発表がなされたのです。

最近、スタチン投薬が糖尿病発症のリスクを上昇させるとの報告が散見されていたのですが、今回は何と!46%も上昇させるとのことなのです。

2001年のWOSCOPS研究のサブ解析はスタチンの投薬によってリスクが30%低下したとの報告があり今回の発表との整合性が取れないため、悩ましいのです。

色々と理由は考えられるのですが、一見矛盾するエビデンスが出て来た時にどの様に考えるか(医師によっても違いますが)、次回から書き連ねてみたいと思います。

(皆さんなら、どの様な説明をおつけになりますか・・・・・・?)

 

.