朝食を取らないと脳出血?

毎年節分の頃は寒くなると言いますが、今年もご多分に漏れず寒い日が続きますね。当院でも感冒症状で受診される方も多く、中にインフルエンザと診断される人も増えております。月並みですが、うがい・手洗いで予防してくださいね。

さて大阪大学と国立がんセンターのチームが「朝食を食べる回数が週2回以下の人は、毎日食べる人に比べて脳出血の危険性が36%高まるとの論文」を発表しました。

この研究は「全国8県に住む45~74歳の男女8万2772人を1985~2010年まで追跡調査」したもので、朝食を週に0~2回しか食べないと答えた人は、毎日食べる人に比べ脳出血の発症率が36%も高かったとの事です。

これまで朝の欠食が、肥満や高血圧の原因となることは知られていましたが、さらに進んで脳出血の危険性も高まることが世界で初めて解ったとの事です。

血圧と脳出血の間には強い関連があるので、脳出血は血圧が上がったせいだと理解出来るのですが、朝食を取らないだけで「脳出血」とは!

生活習慣恐るべしですね。

.