血糖値スパイク

今週に入ってメッキリ寒くなり、町中でも重ね着の人が多いですね。風邪で受診する人が増えていますので、健康管理お気を付けください。

今年のノーベル文学賞に歌手の「ボブデュラン」さんが選ばれましたね。文学賞と言えば小説などが選考対象だと思っていたのですが、詩歌も文学の一形態ですので今回の受賞もそれ程驚くことはないのかもしれませんね。

その内、ブログやSNSの書き込み(ネット小説等も含めて)にノーベル文学賞が授与されるかも・・・・・・・・・当ブログも選考対象に・・・・・・・・・ならないですね。

さて、NHKスペシャルで「血糖値スパイクが危ない 〜見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策〜」というプログラムを放映していました。現在NHKのホームページ(http://www.nhk.or.jp/special/kettouchi/check/)で血糖値スパイクのセルフチェックが出来るようです。血糖値スパイクは糖尿病・心筋梗塞だけでなく認知症にも影響があるとの内容でした。

番組では触れられていませんでしたが、血糖値スパイクの状況と原因を調べるのには当医院で行っている75g経口糖負荷試験(OGTT)を行うのが良いのです。血糖値だけでなく、膵臓のインスリン分泌を評価することが出来ます。

先ほどのセルフチェックで危険度が高かった方や親類に糖尿病のいる方はリスク評価のため是非に「75g経口糖負荷試験(OGTT)」をお受けください。(大阪から遠方の方は近くの医院・病院に相談してみてくださいね。)

.






DDまっぷ ドクターブログ 一覧