カテゴリー別アーカイブ: 高齢者

睡眠薬とアルツハイマー病

以前から睡眠剤を飲み続けると、脳自体の「睡眠覚醒リズム」が乱されるために、痴呆などのリスクが上昇しているのではないかと考えていたのですが、関連する報告がフランスとカナダの共同研究グループからなされました。

この研究は医療データベースを用いて、アルツハイマー病を発症した67歳以上の1796人と発症しなかった人の中から、年齢や性別などの条件が一致する7184人とを比較検討したものです。

その結果、ベンゾジアゼピン系の薬(睡眠薬)を使用していた人は1.5倍アルツハイマー病の発症リスクが上昇していたとのことです。さらに、長時間作用型の薬剤を服用していた人や服用期間が長い人では発症リスクはさらに上昇していたとのことです。

以前から、ある種の鎮痛薬を長期間飲み続けると、脳の痛覚閾値(痛みを感じる刺激値)が下がってしまい、最後には薬がないと痛いと感じてしまう状況に陥ることが知られています。この状況は、人間の脳が状況に柔軟に対応できるがゆえに起こった、ジレンマといえます。

同じように睡眠剤を長期に飲んでいると「段々と効かなくなってくる。」という話を良く聞きますが、それは薬がある状態が普通になって、脳に困ったジレンマが始まっているからかもしれません。

この状態に陥ってしまうと、睡眠薬を止めることが困難になり、スッキリ眠れないのに薬を飲み続けることになってしまいます。

睡眠薬は「非常時の手段」として残しておき、脳自体の「睡眠覚醒リズム」を保つことが大切だと思います。(もちろん「頓服」的な睡眠薬の利用は、本来の「睡眠覚醒リズム」を整える方向に働くと思われます。)

.


元気になった高齢者

朝晩はメッキリ涼しくなって来ましたね。風邪や秋の花粉症で受診される方が増えておりますので、皆様もお気を付けください。

さて、今回はデンマークから「高齢者」に関する興味深い研究発表がなされたのでブログに書いてみたいと思います。

南デンマーク大学加齢研究センターのカーレ・クリステンセン教授のグループは、1998年と2010年に90歳前半の高齢者を対象に身体機能や認知機能を調べて比較したそうです。その結果2010年の方が身体機能も認知機能のいずれも高い事が明らかになったとのことです。

世間一般では高齢者の医療費が増大していることから、「(コストの高い)高度な医療によって平均寿命が延びている。」との意見を良く聞くのですが、同教授は「障害を有する極めて脆弱な高齢者が生存できるようになった結果、平均寿命が延びたとする意見に疑問を投げかけるものである。」と強い言葉で、一般的な考え方に警鐘を鳴らしています。

生活環境や健康管理により、一昔前の高齢者に比べてより長期的かつ良好に機能が保てていると考えられるのです。この変化かここ10年程で起こっているとしたらすごいことです。

一つ残念なことは、統計学的有意差(数学的に十分に差がある事)は女性にだけ認められていて、男性では確定的ではなかったようなのです・・・・・・・・。

「生き生きと元気な高齢者」素晴らしい言葉だと思いませんか?「医療に携わる者として少しでも役立つことが出来れば」と思いを新たにさせられた気持ちがしました。