永遠のヤングマン

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先週の16日、歌手の西城秀樹さんの訃報が流れ、たくさんの方が驚いたのではないでしょうか? 私もその一人。そして、すごくショックでした

ヒデキ 永遠のヤングマン

ヒデキ(←なぜか呼び捨て)、63歳なんて早すぎる~ どうしてこんなにショックなのかしら

私たちは、この世の中がいつか変わり、色褪せ、移ろいで行くことも、人間がいつかは死んで行くことも分かってはいるけれど、それはずっと先のことで、今はまだ大丈夫だと思っている。そうして、意図的に考えないようにしているのでしょうね。

悲しいニュースではありましたが、大切な人とかけがえのないひと時を過ごすことは、とっても大事なのだな~と思い起こさせてくれます

会いたい人とは先延ばしにしないで、早く連絡しなくてはですね。

「諸行は無常なり」

しばらくヒデキ(←やっぱり呼び捨て)の若かりし頃の映像が流れていましたが、ヒデキってよく見るとカッコよくてセクシーだったんだ~と、改めてビックリ。しかも、歌がお上手(歌手なのだから、当たり前なのか?)。

ヒデキ2 皆さま気付いていました?

そして、昨日は朝丘雪路さんの訃報が・・・

(一緒にしてはいけないと思いますが)、数年前に亡くなった実家のむさしくん(猫ちゃん)のことは、今でも時折思い出します。その時、むさちゃんはうちで過ごして幸せだったのかな~とぼんやり考えます。ヒデキ(←最後まで呼び捨て)も朝丘雪路さんも人生最期の日が幸せだったと感じてくれていたらいいな~と思います(あっ 朝丘雪路さんは宝塚歌劇団の元娘役でした)。

おまけ

先日、桜の可愛い(そして、とっても美味しい)おせんべいとお茶をいただきました。とっても優雅なお茶時間を過ごしています。うふふ ありがとうございます


気になる記事から

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

ぽかぽか陽気に誘われて街歩きしていると、家の近くのバラがとっても綺麗でした。バラはなんだか乙女チックにしてくれますね。

今回は毎度おなじみ我が家の愛読紙「神戸新聞」より東海大学教授、太田嘉英先生が書かれている口内炎に関する記事がとても分かりやすかったのでを取り上げさせていただきます。

口内炎というと子供が幼い時にヘルパンギーナや手足口病になった時のことや、潰瘍が次々とできてなかなか治らず困った事を思い出します。以下は記事の抜粋です。

「アフタ」「傷」「やけど」「がん」「歯周病」「帯状ヘルペス」「抗がん剤投与に伴う粘膜障害」これらは口内炎を訴えて来院した患者さんについた診断名です。口内炎は病名ではなくただの症状です。炎は炎症のことで、炎症とは「外敵から体を守る反応」をいいます。炎症=免疫と考えてください。炎症が全くおこらなければ人間は簡単に死んでしまいます。つまり悪いものではなく、とても大事な反応でやたら押さえ込んではいけません。

口内炎は正しくは口腔粘膜炎あるいは口腔粘膜疾患といい、その中にはとても多くの病気が含まれます。その代表がアフタです。

アフタは「医学の父」ヒポクラテスが名付けた症状名で周囲が赤い円形のただれのことをいいます。痛みを伴うことが特徴で、自分の身体を自分で攻撃して炎症が起こる反応、つまり免疫異常が極めて限定的に口の中にあらわれたものと考えることができます。

ステロイドは副腎で作られる炎症(免疫)を抑えるホルモンです。ですから過剰な炎症、すなわち免疫異常の結果としてできるアフタに対して効果があります。

しかしステロイドが効く口内炎はほんの一部です。ヘルペスによる口内炎はウイルスの感染で起こりますが、見た目はアフタにとても良く似ています。ここにステロイド含有軟膏を塗ると、ウイルスに対する抵抗力(免疫力)が下がり、一気に悪化することがあるのです。

けんこうな口の中には、体にとって役立つ細菌が環境のバランスを取っていますが、ステロイド含有軟膏を使い続けると、バランスが崩れ、カンジダというカビがはびこります。また傷口も炎症を抑えると治りません。特に心配なのがお口の粘膜にできる口腔ガンです。

口内炎だと思って数か月、軟膏を塗り続けたものの治らず、かなり進んでしまったという患者さんも多いです。

ステロイド含有軟膏は処方箋なしで購入できますが、決して安全な薬ではありません。「たかが口内炎」とは思わず、まずは専門医の診断を受けるのが重要です。―以上神戸新聞「健口から始める健幸生活」より抜粋―

口内炎やわと思って家のある塗り薬を塗っていてはいけないのですね。今思えば子供の口内炎もヘルペスだったのかもしれません。まずはお医者さんに相談しないといけませんね


最近読んだ本をご紹介

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

最近、帰りが遅いせいか(←言い訳)、お家に帰ってからすぐに寝てしまうという怠慢。しばらくブログ更新を怠っていたのですが、ブログを見て下さっているという患者さまがいらっしゃって・・・俄然やる気が漲ってくるという単純な私。スミマセン  真面目にやれよ~

さて、今回も私の好きな本の話題です。

3月にこんな本が刊行されました。

アdランス AERA   ←アデランス by AERA (AERAムック)

「毛髪研究最前線」板見先生の記事が掲載されています。つくづく、板見先生ってすごい先生なのだと感じます。いつも隣に座って気軽にお喋りしているので、こういった本を拝見すると改めて、板見先生は日本屈指の研究者なのだ~と、自慢したくなります

皆さま、是非是非ご覧くださいませね。

そして、もう一冊クリニックの待合室にこんな本を購入。

グレイヘア ←グレイヘアという選択:主婦の友社

以前からグレイヘアが素敵だと思っていた私にとっては、こんな本が出版されてうれしい限り 最近では元モデルの結城アンナさん(俳優の岩城滉一氏の奥さま)が、グレイヘアで雑誌の表紙を飾ったりされているので、皆さまも本屋さんでお見掛けしたことがあるかもしれません。

グレイヘアになったことでおしゃれの幅が広がったり、明るい色が似合うようになったりと、人生を楽しんでいる様子が伝わってきます クリニックに来院される患者さまもそうなのですが、年齢を重ねた女性の美しさは、私たちにたくさんのことを教えて下さいます。本当に素敵な方が多いのです

美の本質というのは人それぞれですが、私の原動力にもなっています。いつまでも、そんな素敵な女性の傍らにいて、その本質的な美しさに近づきたいと常々思っています

パリ在住で、シャンブルドット(民宿のようなもの)を営んでいる町田陽子さんの著書の中でフランス人の考える美や暮らし、食などが描かれている本を拝読すると、とても興味深いものがあります。しみやシワを気にする著者を横目に、パートナーである彼(フランス人)がそのシワやシミが美しいんじゃないか。それがあなたの歴史そのものなんだからなどと言い放つ。何と頼もしい言葉でしょう そんな風に感じてくれる殿方が日本でも増えてくれるとイイナーなんて思います。

ただ、私個人的には眉間のシワは怒っているようで、とても気になります。今はBOTOXという効果的な注射がありますので、シワが気になる方はお気軽にご相談下さいね


新生活応援してま~す!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

4月から新生活を始められる方が患者さんの中にも沢山おられます。入園,入学,入社,そして定年退職された方も。それぞれに新しい生活をはじめられ、いろいろなお話を聞けてとても楽しいです

受験の為の塾通いで中々通院できず、予約時間の調整にお母さんが一生懸命お電話くださる方も大変多くおられますが、努力が実り志望校に無事合格され、真新しい制服で大人っぽくなったお姿を見たりするとこちらまで嬉しくなります。皆さん本当におめでとうございます

忙しく緊張の毎日かと思いますが、お体に気を付けて頑張ってくださいね

疲労が溜まってお肌の不調やトラブルが起きやすくなるシーズンです。いままでおとなしくしていた出来物が急に腫れて痛くなってきた等の訴えも急増します。我慢せず早めの受診をお勧めします。

ゴールデンウイークは5月1日(火)臨時休診となります。4月29日(日)から5月6日(日)までお電話がつながりません。お薬切れなどご注意願います。

 


あの人こーへんなぁ~(意味わかる人は・・・)

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

私は大阪出身で現在神戸在住なのですが、折に触れて同じ関西でも方言が色々あるなぁと思うことがあります。

先日お昼休みに、話し方で出身地が分かるよね~という話をスタッフ同志でしていました。その後、丁度購読している神戸新聞に関連した記事を発見し、面白かったので一部分を抜粋して紹介します。

関西方言を学ぶセミナーが3月17日武庫川女子大であり、日本語文法学会会長の森山拓郎・早稲田大学教授が講演され、年代や地域によって変化する関西方言のユニークさ関東方言との違いについてわかりやすくお話しされました。

関西人の方言の考え方について「もともと日本の共通語で言葉の中心という自負がある」と指摘され、手や歯を「てぇ」や「はぁ」と言ったり、「庭が」、「海が」、「雨が」、「海が」と話す際のアクセントが異なったりする例を挙げ、「文化の中心であったため古いアクセントが伝統として残りやすい」、「母音を大事にする」という特徴があると説明。

また関西方言の多様性も紹介し、「来ない」という言葉も「けーへん」(大阪)「きやん」(奈良)「「こーへん」(神戸)と違いがある事を説明し、「それぞれの方言にルールや心、思いがあり、地域の文化につながっている。伝えられてきた言葉を大事にして欲しい」とお話されたそうです。

大阪と神戸という近距離でさえ、方言が違うように風習も違うなあと思うことが度々あります。違う土地の風習を否定するのではなく、興味を持って自分の生活にも取り入れてくことが大事ですね。しかし神戸の母の味いかなごのくぎ煮はなかなかチャレンジできません・・・・。食べるの専門です。


ミーハー

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

3/6(火)は、啓蟄(けいちつ)でした。啓蟄は、啓→「ひらく」・蟄→「かくれる・とじこもる」という意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が春の訪れを感じ、穴から出てくる頃とされています。

まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。皆さま、風邪などひかれませぬようお過ごし下さいませね

さて、以前から気になっていたこの本。

君たちはどう生きるか 吉野 源三郎(著)

池上彰さんや、宮崎駿さんも愛読ということで、益々興味を注がれ・・・とうとう買ってしまいました まずはマンガから。

舞台は1937年の東京。知的好奇心旺盛な少年「コペル君」と、彼を亡き父親の代わりに見守る教養ある「叔父さん」。そんなふたりの心温まるやりとりを通じて、世の中や生きる意味について次第に自らの頭で考え始めたコペル君を、叔父さんが導きながら一緒に成長していくようなストーリーです。楽しく読んでいるうちに自然と考えるように書かれた本書は、勇気、いじめ、貧困、格差、教養・・・と、昔も今も変わらない人生のテーマに真摯に向き合い、生き方の指針となる言葉が数多く示されています。

あっという間に読んでしまいました。「いくつになっても学ぶことがあるのだな~」と、改めて感じました。この後は小説版も読んでみたいと思います。興味がある方は是非読んでみて下さいね。

ほぼ毎日本屋さんに通っている私 こんなものも購入しました。

将棋「9マス将棋」 藤井聡太くんに影響されています(ん?悪い?)

対象年齢は6歳から大人までということで、クリニック用に購入。と言いつつ、診察の合間に板見先生に教わりながら学んでおります。楽しい~ 完全にミーハーです(え?何か?)


チーム力の金メダル

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

毎日平昌オリンピックで胸を熱くし、泣き過ぎ瞼もはれぼったいという日々が続きました。

フィギュアスケートを見るのが大好きな私ですが、今回はスピードスケートも楽しみに応援していました。

事前に特集番組で女子団体追い抜きの選手たちの厳しい練習の模様などを見ていたので、なんとか良い結果がでないものかと祈っていたのですが、生放送で金メダルの瞬間を見ることができて思わずヤッターと叫んでしまいました。苦しい練習もこれで報われますね。ほんとに良かった

隊列の美しさと、追い抜く素早さが日本の強み。それぞれが力を出し切るというコーチの作戦も成功し、素晴らしい結果を出せたそうです。

チーム力は社会でも大事なことですね。しんおおさかクリニックも職員一同チーム力のさらなる向上を目指して日々精進してまいりま~す。


若者よお前もか!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

1/31(水)は皆既月食着々と欠けていく月が綺麗に見えています。今回はばっちり最初から最後まで見ることができる好条件とのこと。満月(ブルームーン)の皆既月食で「赤き青い月」と呼ばれるそうです。赤くなるのも観たい

ところで時々スーパーで買い物しているとマクドナルドのポテト全サイズ¥150等のチケットがレシートと一緒に発券された事ありませんか?先日私も当たったので、その割引クーポンを握りしめ、少し離れて建っているマクドナルドに駆け込み、ポテトのLサイズをGET!誇らしげに自宅に持ち帰り息子に「食べる?」と言ったところ帰ってきた答えが・・・・「スマホのクーポン見せたらいつでも食べれるからいらん!」なんやのん人がせっかくレジで当選して幸せな気分を満喫してるのにクソ―

しかしそんなスマホ世代もパソコンに苦戦しているという神戸新聞の記事を目にしました。小学校時代からパソコン教育を受けた「ネーティブ世代」にもかかわらずスマートフォンの普及で意外とパソコンとは疎遠になっている学生も多いそうです

我が家の息子もそうなんですが新聞で紹介されている学生さんも高1で初めて手にした携帯電話がスマホ。便利なのでインターネット検索から動画、メールもスマホに頼ってきたためキー操作が不得手になったとか。就活にむけて本格的に練習しなければと大学のワード、エクセルなどの資格を取得する課外講座を受講する学生は年々増加傾向にあるそうです。5、6年前とは一変して自宅にパソコンが無いという学生も多く、苦手意識があるようです。

今の若者はスマホなど最新機器を使いこなし進んでいると思われがちですが、機器の違いが新たな「壁」になっているそうです

ヤッター勝った!若者に勝った!ピッとかばかりしてるから苦労するのよ。かく言う私も20年前にキーボード操作に苦労した一人なのですが・・・。若者よ立派な社会人になれるようがんばれ!


うれしい再会

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先週、うれしい再会がありました

昨年始まった私のスマホライフにLINEが加わり、それがきっかけとなって以前お世話になった美容師さんが連絡を下さいました。そしてそして、先週の土曜日にその方がオーナーを務めるサロンにお邪魔して参りました。

ライン   スマホライフ満喫しています

久しぶりの再会でしたが、以前とちっとも変わらず本当に素敵な方でした

この方、梅田にあるヘアサロンにお勤めしていた美容師さんなのですが、当時から腕は勿論のこと、お仕事のことや家庭のことを楽しそうに話して下さったのが、とても印象的でした(しかも、ハンサムなんですよ~)。

後にも先にも、(サロンで)私を名前で読んで下さった唯一の方でもあります。懐かしくてうれしくて、いつもより3割増しでおしゃべりしてしまった私 すごくにぎやかだったと思います。

美容ジャーナリストであり、エディターでもある松本知登世さんが著書の中で、尊敬するスタイリストの女性が語ったことを、こんなエッセイで綴っています。

「『変わらない人は、変わってる』。私もそう思う。年齢を重ねても印象が変わらない人は、じつは変わってるのよね、微妙に」。常に変わらない印象を持つ人は、時代の空気とうまくなじませている人に違いない。

これを読んだ時に、なるほどな~と納得してしまいました。『変わらない人は、変わってる』。名言ですよね。日本では若いこと(若く見えること)が女性の美しさの基準とされている傾向にあって、「変わらない」というのは一種誉め言葉のようにも聞こえます。でも、きっと「変わらない」というのは、美しく年齢を重ねて成熟するということなのでしょうね。そして、それが美の本質なのではないかしらと思います

出逢った頃と変わらない素敵な美容師さんと再会して、そんな風に感じた週末でした。

ちなみに、このサロンは川西能勢口駅から徒歩5分のclashという美容室です。

スタッフの方も皆さま親切で、おしゃれなお店です(しかも、阪急宝塚線。もしかしたら、素敵なスターさんに会えるかも・・・キャッ←いちいち宝塚ネタを持ってくる)。

おまけ

シーズン累積の推計受診者数が550万人を超え、インフルエンザの流行が拡大しています。各都県で、飛沫感染対策としての咳エチケット(①咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと②咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること。とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないこと③ 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと)や手洗いの励行、体調の管理、人混みや繁華街への外出を控えるなど、インフルエンザ予防対策をしてくださいね


幾多の試練も乗り越えよう!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

お正月にのんびりし過ぎて、仕事始めから忙しい日々が続きバテ気味の今日この頃です。そんな時ふと目にした検査会社さんから頂いた雑誌の記事に目を奪われました。

睡眠不足の方がスポーツも勉強でも良い結果がでる午前中に限るようですが、「寝不足だ」という切迫感、つまり逆境意識が雑念を取り払って、自分を集中状態に追い込み良い結果を導くらしい又頭脳も肉体も前日からリセットされていないので活動しやすいみたいです。そういえば追い込まれると予想外の力を発揮する事が良くありますよね

「人は逆境によってこそ進化してきた」と主張する研究者も少なくないそうで地球が北半球と南半球にわかれたあと、同種の哺乳類がそれぞれ進化し、脳の大きさを調べると北半球組の方が150%も大きかったそうです。これは比較的平温だった南半球に比べて、幾度も大陸が分裂・移動を繰り返した北半球の方がはるかに生存競争が厳しかったたからではないかと推測されているそうです。

人は他の生き物よりはるかに遅く誕生したため、環境に適応して機能や形を変えて進化する時間がなかったそうです。ごく短い時間で樹上生活から地上に降り、外敵や自然環境と戦うには、知恵を駆使するしかなかったようで、幾多の試練が逆に脳を発達させ、新たな逆境を乗り越えるたびにより賢くなり、ついには地球を征服するに至ったそうです。

面白い!逆境万歳!!幾多の試練もカモ~ンです脳の発達バンバンしていく為にどんな試練も乗り越えましょう!勇気出る記事を読み元気出ましたね