月別アーカイブ: 2018年1月

1月17日

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

6,434人が犠牲になった阪神・淡路大震災から本日で23年。地震が起きた午前546分、皆さまは何をしていましたか?

23年前、私は大阪の自宅で震災にあいました。あまりの揺れの大きさに飛び起きて、パジャマの上にコートを羽織り、近くのコンビニエンスストアまで走っていきました。真っ暗で、一人ぼっちですごく怖かったのです。コンビニエンスストアの前にはすでにたくさんの人が並んでいて、中には入れませんでしたが、明かりがついていて、ホッとしたのを覚えています。

翌日勤務先の病院で、ボランティア派遣の希望者を募っていて、私は真っ先に手を挙げて参加の意思を伝えました。でも、出発前日に「私に何ができるのだろう」「お役に立てるのかな」と悩んでしまい、不安で中々眠れない夜を過ごしました。

私が派遣されたのは、神戸市東灘区の民間病院。患者さまも病院のスタッフの方も皆さま被災者の方ですので、私たちは医療従事者の一員としてお手伝いをしました。12日の短いお手伝いでしたが、記憶にあるのは、スタッフの数が少ないせいもあってのことか、病院全体がシンと静まり返っていたこと。そして何より、病院に着くまでの神戸の街の景色です。道路は盛り上がったり陥没したり、家屋は潰れていて道路わきにはゴミの山。ただただ驚くばかりの光景でした。

この震災では倒壊した建造物の写真が多く残っていますが、亡くなられた方の死因の多くが建物の倒壊による圧死だったといいます。「クラッシュ症候群」。この言葉を知ったのも、阪神・淡路大震災でした。

看護師・災害看護講師である山崎達枝さんが、「災害看護と私」というレポートで、東日本大震災で現場に赴き活動する中、様々な角度から看護の役割について述べています。印象に残ったのは、この言葉です。

「災害発生後の被災地での活動は、五感を生かしたまさに看護の原点であり、その意味でナイチンゲールの看護がまさに災害看護の原点だと私は思う。

私たち医療従事者は、震災を忘れることなく、命と健康を守る活動を日々継続していかなければいけませんね。


おせち料理

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします

年末年始、皆さまはどのようにお過ごしになられましたか? 私、不覚にも年末に風邪をひいてしまい、2日間ほど寝込んでおりました   トホホ・・・

毎年恒例のおせち料理も下ごしらえをしただけで、母にまかせっきり・・・ 結局、黒豆しか作れませんでした(12/31の午後に復活し、お重箱の盛り付けは担当したのですけどね)。

2018年おせち料理 我が家のおせち料理。かまぼこは、バラにしてみました

おせち料理は、中国から伝わった行事に由来するもので、大漁や豊作、無病息災、子孫繁栄などを願うために神様にお供えをし、無事を祈る節句行事が始まりと言われています

一年間のうち節目となる日を節句と言い、節句は一年に5つあります。

1月7日:人日(じんじつ)の節句・・・七草の節句(七草粥を食べ豊作と無病息災を願う)

3月3日:上巳(じょうし)の節句・・・桃の節句(ひな祭りで女の子の成長を祝う)

5月5日:端午(たんご)の節句・・・端午の節句(こどもの日で男の子の成長を祝う)

7月7日:七夕(しちせき)の節句・・・笹の節句(七夕で願い事をする、邪気払い)

9月9日:重陽(ちょうよう)の節句・・・菊の節句(不老長寿や子孫繁栄を願う)

これを五節句と呼び。この日は節日(せちにち)として食べ物が供されました。元日は節日の中でも別格として扱われ、五節句とは別になっています

お重箱に綺麗に詰められているお料理や素材には一つ一つに意味がありますが、それは言わずもがなで、家族が幸せになる願いがたくさん詰まっています。大切にしたい行事の一つですね。

フェルトのおせち料理① フェルトのおせち料理② スーパーに飾られていたフェルトのおせち料理。すごく可愛くて思わずパシャリ

小さな頃は、このおせち料理を母が一人で作っていたことを考えると、本当に頭が下がる思いです 丸一日、立ちっぱなしですからね(←今回は作っていないので、偉そうに言えない・・・)。

今では、母と一緒におせち料理を作るのが、年末の私の楽しみでもあります 皆さまのお正月は、どんなおせち料理が並びましたか?

おまけ   昨日は、初宝塚観劇でした(またヅカネタです

ポーの一族 花組:ポーの一族

ああ~素敵 明日海りおさま、すごく美しかった~ もう一回行きたいな~ 誰か、チケットくれないかな(独り言)。


新年事始め☼

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

新年明けましておめでとうございます。旧年中は格別のお引き立ていただきありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 お正月もまずまずのお天気で何よりです。年末はやり残していた家事に追われましたが、お正月は自宅でのんびり過ごしております。

高校ラグビーや、駅伝大学ラグビーなどをテレビで観戦しながらおせち料や甘いデザートなど頂いていると、なまけ癖がついて動くのがおっくうになります。

テレビも少しは休ませなくてはと新聞を手に取ってみるとドイツ人日本人と同じように勤勉な気質であるが、短い労働時間で生産性は日本の1.5倍 :roll: という記事が目に飛び込んできました。(あまりにもぐうたらな生活を送る後ろめたさが勤勉という言葉に反応してしまった

日本の年間平均労働時間は1,713時間 ドイツは1363時間。ドイツでは残業時間は貯蓄され休日に振替ることができるので、育児だけではなく副業資格取得趣味に有効に時間が使えるそうです。効率が求められるドイツでは日本のように頑張りではなく成果が評価され、ある意味シビア。

日本でも安倍政権のもと2019年4月に働き方改革関連法案の施行を目指していますが、日本の社会では消費者が優先され、それが長時間労働につながり、労働者はつらい立場に置かれているので改善はなかなか難しいようです働き方も改善が少しづつでも進めば良いのですが・・・・。

今までのお話はしっかり働いている方々のお話で、私はのんびりし過ぎです。なまけ心 :cry: にむち打ち新年度に向けて始動開始せねば!(毎年私は同じ誓いをたてる皆様の一年のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます