カテゴリー別アーカイブ: ビューティー

笑顔のパワー

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

12/22は、冬至でした。「冬至冬中冬始め(とうじ ふゆなか ふゆはじめ)」暦の上では冬至は冬の真ん中だけれど、本当の冬の厳しさはこれから始まる、ということだそうです。 とはいえ、これから日が長くなっていきますので、寒がりの私にとってはうれしく、すでに春が待ち遠しいです

冬至 ゆず湯入りました?

 先日、梅田にある日本旅行に行ってきたのですが、担当して下さった可愛い女性の方に「(私のことを)覚えていらっしゃいますか?」と声を掛けていただきました。

ええ、覚えていますとも この方、私が以前こちらに訪れた際、担当して下さった女性の方なのです。私がお願いしたチケットの行き先が紛らわしい地名だったこともあり、少し時間がかかったのですが、とっても丁寧に対応して下さった上、「次回は、きちんと覚えておきます。」と言って下さいました。

年末の慌ただしい中、旅行会社を訪れる方は多く、社員の方も忙しそうにしていらっしゃるのですが、そんな中、お客様に声を掛けられる度にてきぱきと対応し、笑顔で接しておられる姿に感銘を受けました

チケットを受け取った際も、笑顔で「お気をつけて行ってらっしゃいませ。」と言って下さり、とってもうれしかったです

私のことを覚えて下さっていたのも感激ですが、こちらまでも笑顔にしてしまうその魅力に、その日はずっとhappyに過ごすことができました。笑顔が持つパワーは想像以上に大きいのだと、改めて感じることのできた出来事です。

笑顔 笑顔って素敵

クリニックでは、しわ治療も積極的に行っておりますが、私自身は目尻のしわや法令線はあまり気になりません。だって、目尻のしわや法令線はたくさん笑ってきた証ですからね。いっぱいしわを作って笑ってきたその顔に、どれだけの方が癒され励まされてきたかを考えると、美しさの歴史なのだと思わずにはいられません。

ただ、眉間の縦じわはいけません 眉間のしわは、怒ったり悩んだりする時の表情のクセでできるので、怒っている印象を与えかねません。できるだけ眉間にしわを寄せないように工夫をして、必要なら医療の力も借りて下さいね。ボトックス注射は効果絶大です

女医さん いつでもご相談下さいませ

 


ゴマパワー

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

「元始、女性は実に太陽であった。今、女性は月である。」とは、25歳で初の女性誌「青鞜(せいとう)創刊号1911年」を創刊した平塚らいてうの有名な言葉です 日本の女性解放運動のパイオニアとも言える人物です。

平塚らいてう←平塚らいてう

以前ご紹介したNHK「グレーテルのかまど」で、終戦後「暮らしの手帖」に寄せられた平塚らいてうのエッセイ「ゴマじるこ」が紹介されていました。

「アラビアン・ナイト」の呪文「開けゴマ」もゴマの持つ万能パワーに由来していて、中近東では宝物として扱われていた胡麻(ゴマ)。カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛等のミネラル、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、ビタミンB1B2B6、ビタミンE、葉酸などの栄養素がしっかりと詰まっています。エジプトの女王クレオパトラも、化粧品や香料にごま油を使用していたようです。

クレオパトラ うふふっ

現代になり、その具体的な美容効果や健康効果が解明され、若返り(アンチエイジング)にも効果があることがわかり、世間にも広く知られるようになりました「ゴマリグナン」と呼ばれる抗酸化物質も含まれていて、セサミンなどはサプリメントでも有名ですね。1日に大さじ12杯(10g~20g)摂取するのが効果的なのだそうです

ごま 胡麻大好きです~

ちなみに私は、朝食のヨーグルトにきな粉と黒すりごまを入れて食べています。

組の中では、強い女性という世間のイメージとは違い、孫の奥村直史さんが祖母であるらいてうのことを「声も小さいし、体も小さいし、自分からどんどんしゃべる人じゃない。大変内気な人です。」とおっしゃっていました。

その生涯を女性解放と平和運動に捧げた平塚らいてう。彼女を陰で支えていたのが、5歳年下の夫奥村博でした。画家だった博はらいてうの姿を好んで描き、またらいてうも執筆の合間にこんなラブレターを書いてしまうほどでした。

「私の只ひとりの大切な博さま 今どんな夢をみてゐるの?」

古いしきたりにとらわれず、互いを認め合う愛の共同生活をつづけた二人は、野合であると言われて、社会的に非難されたようです

最終的には年下の博が先に亡くなるのですが、それを見送ったのはらいてうでした。その方が自然だったのかもしれないと、孫の奥村直史さんがおっしゃっています。

平塚らいてうと奥村博   素敵なお二人ですね~

 


「月美容」始めませんか?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

空気中の水蒸気が少ない秋は、くっきりとしたお月さまが見えてとっても綺麗ですね。古来貴族の間でも、お月さまを愛でていた様子は歌集や様々な物語に描かれています

歌を詠む 風情ですね

私はお月さまを見るのが大好きです(お昼間の空を眺めるのも大好きです)  先週土曜日の満月も綺麗でしたね

お月さまは、新月→上弦の月→満月→下弦の月→新月というサイクルを繰り返し、1周を29.5日かけてまわります

月の満ち欠け

女性の月経周期やお肌のターンオーバーは約28日なのでほぼ重なりますね。そんな、お月さまの満ち欠けに自身のライフスタイルを合わせた美容法のことを「月美容」と言います。皆さま、ご存知でしたか

この美容法は、自然に調和して身体や心のバランスがとれるようになるといわれています美しいお月様が見られるこの季節、一緒に始めてみませんか?

 新月【新月】

新月の日はお月さまの姿が見えなくなり、体内では解毒や排泄をしようとするパワーが最も高まる日です。そして、新月は、リセットとスタートの象徴。新たな美容アイテムを足してみたり、スキンケアを変えてみるにはもってこいの日です

上弦の月【上弦の月】

新月の翌日から満月へと近づく時期を上弦の月といいます。この時期は、保湿、補充、修復をキーワードに、さまざまなものを吸収しやすい状態になるといわれています。お肌やボディーに美容液やオイル、パックなどでしっかり潤いをプラスすると、効果が得られやすくなります。心がハッピーを感じる時期です。ただし、食欲も増大するためダイエットには不向きの時期です

満月【満月】

満月の日は、肌やボディーへの栄養吸収力が最大になるため、スペシャルケアをするのに最高の日です。肌が最も美容成分を吸収しやすいため、コラーゲンやヒアルロン酸がたっぷりの美容液、パックなど、リッチなアイテムをたっぷり使う日に適しています。ただし、吸収する力がピークを迎えますので、暴飲暴食には注意です。そして、エネルギーが最大になって活動的になる反面、メンタルが少し不安定になりやすい時期です。この時期は「リラックス」して過ごすよう心がけましょう。

下弦の月【下弦の月】

満月の翌日から新月へと近づく時期を下弦の月といいます。この期間は、満月までに溜め込んだいらないものを排出したり、デトックスしたりするのに適しています。「出すこと」をキーワードに美容に取り組みましょう。この時期オススメなのが、ディープクレンジングやケミカルピーリングなどの角質ケアお風呂でゆっくり汗をかいたあと、デコルテ、小鼻の黒ずみ、ひざひじ、足裏などをピーリングするのに最適です。マッサージやストレッチをして疲労を取り除くのも良いですね。

さて、今宵の月はどんなふうに見えますか?

月の輝く夜に 月の輝く夜に(1987年)←私、まだ観ていません 

 


佐伯チズさん

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今週月曜日のお仕事帰りに、新大阪駅で佐伯チズさんとすれ違いました。あっという間でしたが、綺麗なお肌と御髪(ピンク色がかった白髪なのです)で、周りの空気が華やいで見えるようでした

佐伯チズさま ←佐伯チズさん

佐伯チズさんと言えば、有名なのが『ローションパック』。ローションパックは、化粧水をしみこませたコットンを肌の上に数分間おき、化粧水をより浸透させるというスキンケア方法ですが、皆さまも一度は試されたことがあるのではないでしょうか?

佐伯チズさんは、本もたくさん書かれていて、私も何冊か拝読したことがあります。そこで紹介されていたのが、美しいお肌の条件である「うなはだけ」。皆さまご存知ですか?

「う (潤い)」→お肌に「うるおい」があること。角質層の水分量が充分にありお肌表面がみずみずしくうるおっていること。

「な (なめらかさ)」→お肌に「なめらかさ」があること。肌のキメが整っていて透明感があり すべすべてしているこ)」と。

「は (ハリ)」→お肌に「ハリ」があること。皮膚機能がスムーズに行われていてお肌が引き締まっていること。

「だ (弾力)」お肌に「弾力」があること。皮膚の内部組織が充実していて、やわらかくしなやかな弾性があること。

け (血色)」お肌の「血色」がよいこと。血液の循環が良く、くすみや色むらのない色艶のよいこと。

私の目指す美肌の条件です さて、あなたのお肌は、「うなはだけ」ですか?

佐伯チズさんには、カッコ可愛く生きたいという夢があるのだそうです。姿勢をよくして赤いピンヒールを履いて80才までは皆さまの前へ出たいと。素敵ですよね~

ピンヒール

クリニックで美肌治療をされている方の中には、人生の先輩ともいえる方がたくさんいらっしゃいます。皆さま本当にお綺麗で素敵な方ばかりで、歳を重ねていくのはちっとも怖くないと教えて下さいます。その魅力に肖りながら、私も日々進化し続けていきたいです

おまけ 寒くなり空気が乾燥してきましたので、クリニックおススメのパックをお安く提供しています  口コミでも高評価のパックですので、この機会に是非ともお試し下さいませ

グラングレース パック   ←美容成分フラーレン配合の美容液マスクです。


日焼け止めは必須アイテム

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

東京都立上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前がシャンシャン(香香)に決まりました。「香」は中国で「人気がある」という意味もあるそうです。

シャンシャン ←シャンシャン(香香)

「シャンシャン」と聞いて、敏感に反応したアナタ。宝塚ファンですね  そう、シャンシャンとは、フィナーレで出演者が大階段を下りてくる際に手に持っている小道具のこと。1950年8月花組公演「アラビアン・ナイト」の際、持ち道具に付いていた鈴の音から“シャンシャン”と呼ばれるようになりました。

シャンシャン 宝塚    ←シャンシャン(宝塚)

また宝塚ネタを披露してしまった・・・ だって、今日星組公演「ベルリン、わが愛」『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』を観劇したばかりなんですもの   あ~ 幸せな時間でした~ 

ベルリン、わが愛 うっとり

秋晴れのいいお天気続きですが、今週、来週は運動会が集中しているようですね。皆さま、日焼け対策はされていますか?

ブログで、日焼けは美肌の大敵だと何度も言って参りましたが、いつまでも若々しく健康でいるためには日焼け止めは必須アイテムです。

ここでおさらいです。紫外線のUV-AとUV-Bを浴びることによって起きる老化現象を光老化といい、光老化をもたらすのは、主にUV-Aです。UV-Aは真皮の深いところまで届いてコラーゲンやエラスチンを変質させ、お肌の弾力を奪います。また、表皮は年とともに薄くなるものですが、光老化は表皮を肥厚させます。だから、お肌がゴワゴワしたり、深いシワができたりしてしまうことに。もっとも、光老化がさらに進むと表皮はまた薄くなってゆきます

New England Journal of Medicineに紫外線の老化作用を示すわかりやすい症例が掲載されています。この方は69歳のトラックの運転手で25年間、左側だけ紫外線を浴びてきた方です。日本と違い、左ハンドル社会では左側に窓があります。

右側と比べるとシワやたるみ、ホウレイ線、ブルドッグラインが強調され対照的です。形がぼこぼこしていて硬そう。このように紫外線Aはガラスを透過し真皮まで到達してコラーゲン繊維や弾性繊維を傷つけ、それらの立体構造も変えてしまいます

見た目の老化の8割が紫外線による光老化といわれていますからいつまでも若くハリ艶のある肌でいたいと思ったら1にも2にも紫外線対策が重要です(美白でいるために日焼け止めは1年中必要です

クリニックでは、色んなタイプの日焼け止めをご用意しております。サンプルもございますので、お気軽にお申し付けくださいませ


まつ毛が伸び~る「ルミガン」

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

短いまつ毛の悩みを解決してくれる医薬品「ルミガン」は、もうご存知ですか

ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、元々は緑内障(視神経の障害で視野が狭くなる病気のこと。眼圧が上昇することもあり、点眼薬を用いて眼圧をコントロールします)の治療薬として使用されてきました。そして、治療で使用されていた患者さまに、まつ毛が伸びるという作用が見られ、医薬品として製品化されました。そんなビマトプロストには、以下のような働きがあります。

①毛包を刺激して生成を促す ②毛周期の成長期を長くする ③メラニン色素の生成を活性化する

毛包を刺激することでまつ毛が太くなり、成長期が長くなることでまつ毛の成長時間が延長され、長く伸びます。さらに、メラニン色素の生成にも影響していることで、より黒々としたまつ毛に成長させることができます

 ルミガン   ←まつ毛が伸び~るルミガン。

実際の効果については、ルミガンを使用した臨床試験の結果によると、使用開始から16週間で全体の80%以上に明らかな変化が現れたという報告があります。具体的な変化は、長さが25%増と言われていて、長さだけではなく、密度も6%アップしたということからも、トータル的なボリュームが改善されていることがわかりますね。さらに、色の濃さも18%アップという事で、目の印象がより強くなります。

睫毛ビフォーアフター

この写真を見ても解るとおり、満遍なくまつ毛は生え揃い、カールを巻くほど長くなっている事がわかります。

自然なカールが手に入るのも、ルミガンの育毛効果の副産物です(これは、使用されている患者さまからもよく聞かれます)。

長さ、密度、そして、色の濃さ。
まつ毛
ボリュームに関係する3つの要素の全てを改善する働があるので、ルミガンは、まつ毛育毛に効果的なのです。(※効果の値は、臨床試験が行われた海外での平均値です)

使い方はとっても簡単です。1日1回、上まぶたのまつ毛の付け根にサッと一塗りするだけ

実は私も愛用者です(写真を撮っていますので、ご覧になりたい方はクリニックで一声お掛け下さいませ)。私の経験で言うと、3ヶ月まではグングン伸びますので、今から始めれば年末の華やかな行事に間に合うのでは・・・?と思っています。ん?? 気が早いかしら?

 


夏のお嬢さん、紫外線にご用心③

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

紫外線を浴びすぎると増えてしまう活性酸素。活性酸素が老化の原因になることは、広く知られるようになってきました。「抗酸化」という言葉も、お聞きになったことがあるのではないでしょうか

活性酸素は本来、身体の細胞を外部から守るために作られています。強力な酸化作用を持っているため、人体にとって有害な物質を体内に入れたり、体表に浴びたりすると増えることになります。そのため、身体にとって有害な紫外線を浴びると、活性酸素が発生するのです。

紫外線予防に効果的な、抗酸化作用のある食品を毎日の食生活で積極的に取り入れ、美肌対策に取り組みましょう

①ビタミンC

野菜類や果物類に含まれているビタミンC。ビタミンCには活性酸素を排出してくれる抗酸化作用があります。また、ビタミンCはビタミンEの吸収を助ける働きがあるので、ビタミンCとビタミンEは同時に摂取すると効果的です。更にアンチエイジングに必要な成分の一つ「コラーゲン」の合成も促進します。

ビタミンCが多く含まれている食品には、ローズヒップティー(レモンの20倍ものビタミンCを含んでいます)やイモ類(さつまいも・じゃがいもなど)、果物類(アセロラ・いちご・オレンジ・レモンなど)、野菜類(キャベツ・ピーマン・ブロッコリーなど)があります。

VC

②ビタミンE

ビタミンCと同様、活性酸素を排除してくれる高い抗酸化作用があります。血行促進の効果もあります。

ビタミンEは、アーモンドやごま、大豆、アボカドに多く含まれています。また、ビタミンEは、油に溶ける脂溶性ビタミンですので、加熱しないでそのまま食べると効率よく摂取できます。

VE

③ポリフェノール

ポリフェノールとは、野菜や果物の色素や苦味などを担う植物成分の総称で、その数は約5,000種類にも及ぶとも言われています。強力な抗酸化作用を持っています。各種ポリフェノールが含まれている食品は、以下の通りです。

ブルーベリー、ぶどう(アントシアニン)、大豆(イソフラボン)、チョコレート(カカオマスポリフェノール)、緑茶(カテキン)、リンゴ(リンゴポリフェノール)、シゾ、ローズマリー(ロズマリン酸)などなど。

ぶどう    チョコレート

その他、ニンジンやカボチャなど緑黄色野菜のβカロテン、トマトやスイカなどのリコピン、ゴマのセサミノール、ニンニクやキャベツなどの含硫化合物、エビやカニのアスタキサンチンなども、抗酸化作用のある食品です。

積極的に抗酸化作用をもつ食品を意識して摂り、いつまでも健康で若々しく美しい毎日を過ごしたいものですね(サプリメントを上手に取り入れてもいいですね)。

高橋真琴   うふふっ


夏のお嬢さん、紫外線にご用心②

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

前回、夏の過酷な環境が与える肌へのダメージを「夏肌は3歳老ける」という言葉でお伝えしました。なぜ、夏の肌は乾燥しやすいのでしょう?

オフィスや電車など、夏はどこにいっても冷房がかかっています  冷房の効いた部屋ではなんと肌の水分量は約半分にまで減ってしまいます。また冷房で肌が冷え、血行が悪くなることがゴワつきなどの原因にもなります。とはいえこの猛暑にエアコンを使わないのは非現実的ですよね。

また、汗は蒸発するときにお肌のうるおいも一緒に奪ってしまう上、汗を拭くときにタオルでこするとその摩擦で角質が傷つき乾燥の原因になることがあります 汗をかいたら放置せずに、タオルで抑えるように優しく拭き取りましょう。

夏の肌を乾燥させないためには、毎日のスキンケアを丁寧に行い乾燥に負けない肌をつくることです。おすすめは、コットンパック。化粧水を染み込ませたコットンを肌の上に数分間おき、水分を肌の深部まで浸透させるというスキンケア方法。

パック    あの美容アドバイザー・佐伯チズさんも推進する方法です

≪コットンパックの方法≫

①  コットンを精製水(なければ水道水でもOK)で軽く濡らし、手でコットンを挟んで水を切ります。

②  先ほど精製水で濡らしたコットンに化粧水を垂らします。コットンがヒタヒタになるくらい水分を含ませます。

③  化粧水を染み込ませたコットンをお肌にのせます。

④  パックは3分が目安です!

⑤  パック後には、オイルや乳液などをすぐつけて、保湿します。

さらに保湿力をアップさせたい時には、朝起きたときや洗顔後に「温タオル+冷タオル」でのケアもおすすめ。血行を促進し、すっきり気持ちまでリフレッシュできます。

≪温タオル+冷タオルケア≫

①  温タオル(ぬらしてしぼったタオルを電子レンジで30秒ほど温めたもの)を顔の上に乗せ、2~3分そのまま放置します。体温より冷たくなる前にはずします。

②  冷タオル(冷蔵庫で冷やしたもの)を顔の上に乗せ、ぬるくなるまで2~3分そのまま放置する。

③  温タオル⇒冷タオルを複数回、繰り返すとより効果的です。

かおなし ←これはカオナシ

その他、メイクの上からも使用できるミスト化粧水は保湿力が高く、お手軽なケアです。夏のケアで、秋冬の肌状態も変わってきます。しっかり保湿して、紫外線や冷房に負けない肌を作りましょう


夏のお嬢さん、紫外線にご用心①

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

昨年10月に「ケミカルピーリングのススメ」と題したブログでお伝えしましたが、「夏肌は3歳老ける(5歳とも7歳ともいわれています)」といわれるのをご存知ですか?

老け顔

紫外線ダメージ、冷房による空気の乾燥、汗の蒸発やタオルの摩擦による乾燥など、実は夏の肌は乾燥しやすいといわれています。さて、私たちは紫外線からどのような影響を受けているのでしょうか?

紫外線を長時間浴びる事で出る最も大きな影響と言えば、やはり日焼けです日焼けは肌が火傷(やけど)をした状態と同じです。そして、日焼けを日常的に繰り返すことで、将来的にシミやシワ、たるみなど肌老化の原因となります

紫外線対策には、何といっても『日焼け止めクリームをしっかり塗ること』が大切。1日に何度か塗り直すなど、日焼け止めを効果的に使って肌を紫外線から守りましょう。そして、『紫外線防止になるアイテムを活用する』のもいい方法です。例えば、紫外線カット効果のある帽子や日傘、サングラスなど身近にありますよね。

日焼け防止    ←ちょっと怪しいかしら?

でも、うっかり日焼けをしてしまったら・・・?

まず肌を冷やす事が大切です。ビニールに入れた氷や、冷たく冷やしたタオルなどで肌を冷やして、火照りが引いてくるのを待ちます  ヒリヒリ感が落ち着いてきたら、クリームやローションなどの保湿剤で水分補給を行います

但し、水ぶくれが出来るなど日焼けの程度がひどい場合や、冷却をしても火照りやヒリヒリ感が取れない場合は、自己判断をせず皮膚科を受診しましょう。

カルシウムの吸収を高めるビタミンD生成や殺菌効果、気持ちをリフレッシュさせてくれるなど、紫外線がもたらしてくれるメリットはたくさんありますが、お肌のためにはご用心ですぞ

おまけ

先日患者さまからお手紙をいただきました(可愛い猫ちゃんの切手付き)。事情がありしばらく来院されていらっしゃらないのですが、ブログが励みになっているとおっしゃって下さいました。うれしいです   ありがとうございます  離れていても、こうしてつながっていられるのだと思うと、ますますやる気倍増です。 できる限り、送信続けて参りますね。そして、早くお元気になられますように。

一緒

 

 


菜種梅雨

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

しばらく雨続きでしたね。3月中旬から4月上旬にかけて降る長雨を「菜種梅雨(なたねづゆ)」というそうです。皆さまご存知でしたか?

雨

先日患者さまに教えて頂いて、何て綺麗な日本語なのかしらと感動し、こんな雨なら悪くないな~なんて思いました

日本には、雨の降り具合や季節によって色んな名前がついていて、自然を描写する豊かな表現がたくさんあります。こぼれ雨(こぼれあめ:ぱらぱらとこぼれ落ちるように降ってすぐやんでしまう雨)・五月雨(さみだれ・さつきあめ:陰暦の五月ごろ、じめじめと降り続く長雨)・翠雨(すいう:草木の青葉に降る雨)・・・。素敵ですよね~

あらためて、美しい日本語に心を奪われました。

さて、こんな雨の日でも降り注いでいる紫外線(薄曇りの日でも紫外線は晴れの時の60-80%、大雨の日でさえも30%もあります) 皆さま、UVケアしっかり行っていますか?

日焼け

すでにご存知かもしれませんが、紫外線はお肌のしみ・シワの原因のみならず、体内で発生する活性酸素も非常に強力なものとなります

抗酸化成分を摂取して活性酸素を減らすというのも大切ですが、まずは日頃からUVケアを心掛けることで、活性酸素の量を減らしていきましょう

クリニックでは、色々なタイプの日焼け止めをご用意しております。お気軽にご相談くださいね