カテゴリー別アーカイブ: 未分類

祝♥成人の日

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今日は成人の日でした  成人を迎えられた皆さま、おめでとうございます

ブログを読んで下さっている皆さまが成人の日を迎えた頃、どんな大人になりたいと思っていましたか? そして、なりたかった大人になっていますか?

私はただただ、いい看護婦になりたいと思っていました。とても抽象的な言い方ですが、本当にそう思っていました。そして、今もそう思っています。私なりに患者さまをお支えし、笑顔にできるよう、これからもお傍で手助けをしたいと思っています  はい

さて、ここからは、ビューティのお話です。

皆さまが目指すお肌とは、どんなお肌ですか?

私たちスタッフは昨年、すっぴん美人になれたらいいね~と話していて、そのためのパーツケアとしてルミガン(まつ毛が伸びる美容液)に加えラシャスリップス(唇に潤いを与えるリップグロス)を取り入れました。お正月明けからこの2つの商品を購入される方が増え、少しづつ認知されているのかしらと、うれしく思っています。

ルミガン←ルミガン ラシャスリップス←ラシャスリップス

私が理想とするお肌は、ずばり「お風呂上がりのお肌」です。角質層がしっとりと潤っていて、血色も良くハリもある。もっと欲張りな言い方をすると、「お化粧していなくても綺麗」と言われるお肌です(ちなみにボディの方は「お洋服を着ている時より、裸の方が綺麗」と言われるのが理想 あら。変ですか

年齢を重ねると、どうしても隠したくなるようなしみやシワが気になるものですが、カバーしようとすればする程、目立つものです。ですから、ファンデーションはより薄く、艶感を意識しましょうね 私自身、今は色付きの日焼け止めにお粉をポンポンと軽くのせるだけの、シンプルメイクになっています。ルミガン効果でまつ毛もう~んと伸びました 「まつエク(まつ毛エクステ)してるんですか?」と聞かれるほどに。うふふ(え?  自慢??  ええ、自慢ですわよ)。

今年は私たちと一緒に、すっぴん美人を目指しませんか~

 

 


与謝野晶子♥生誕140周年

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先日、愛をうたった女たちと題して、与謝野晶子柳原白蓮が紹介されていました

柳原白蓮は、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で仲間由紀恵さんが演じられていたのが記憶に新しいと思います。与謝野晶子もまた、白蓮に負けず劣らず情熱的な愛に生きた女性でした。

今年生誕140周年を迎える情熱の歌人、与謝野晶子

与謝野晶子 ←与謝野晶子

本を読み文学の世界に浸ることが唯一の楽しみだった内気な少女。そんな晶子が21歳の時、人生を大きく変える男性と出逢います。その男性こそが、のちに夫となる与謝野鉄幹です。物事を力強く率直に歌う鉄幹にすっかり夢中になった晶子ですが、当時鉄幹には内縁の妻と子がいました。

その内に秘めた思いを、こんな歌にしています。

やは肌の あつき血汐にふれも見で さびしからずや道を説く君(私の柔らかな肌の熱い血を感じもしないで、さびしくはないのですか。道徳ばかりを説くあなた)

出逢ってから5か月後、晶子と鉄幹は二人だけの旅に出かけます。そして鉄幹は妻と別れ、ついに二人は結婚します  この頃、鉄幹のプロデュースにより出版した歌集が「みだれ髪」です。

タイトルそのままに、晶子は熱い思いを大胆に詠いました。

みだれ髪 ←みだれ髪

二人は11人もの子供に恵まれた、賑やかな結婚生活を送ります。しかし、一方で色々と予想外のことが起き、家計は苦しかったようです。さらに、鉄幹が情熱を注いでいた雑誌「明星」が時代の流れに取り残されて、発行部数が落ち込み、100号をもって廃刊に追い込まれます。大きな失意の中、挫折を味わった鉄幹の再生を願い、晶子は夫をフランスへ送り出します。

これで夫が元気になって帰ってきてくれれば一安心、と思ったのもつかの間。今度は晶子自身が遠く離れた夫を思い、食べ物が喉に通らなくなり、気持ちもひどく落ち込みます  そして、鉄幹が恋しくて寂しい晶子は、子供たちを残したままパリに向かいます 思い切って出かけた二人だけの旅が、夫婦の燃えるような感情を蘇らせます。

その後、日露戦争が始まります。晶子の弟、壽三郎(ちゅうさぶろう)も戦争に招集されます。その時詠んだ歌が、かの有名な「君死にたまふこと勿れ」でした。

あゝをとうとよ君を泣く 君死にたまふことなかれ 末に生まれし君なれば 親のなさけはまさりしも 親は刃をにぎらせて 人を殺せとをしへしや

この詩が発表されると非難されますが、晶子は反論します。「歌は歌です。まことの心を歌わぬ歌になんの値打ちがあるでしょう。私は長い年月を経ても変わらぬ真実の感情をうたいたいと存じます。」情熱的な恋愛の喜び、肉親の無事を願う気持ち、晶子が歌ったのはまことの心でした。

また、晶子は柳原白蓮と同様に、女性教育に力を注いだ方でもあります。

結婚して30年あまり。晶子と鉄幹最後の月日を過ごした書斎、冬柏亭。晶子は最愛の夫、鉄幹を看取ります。晶子が鉄幹を悼む歌がとても情熱的です。

冬柏亭 ←冬柏亭

筆硯煙草を子等は棺に入る 名のりがたかり 我を愛できと(夫が愛用した品を、子供らが棺に入れる。でも、棺に入るべきは私。言い出すことはできなかったけれど、夫が何より愛していたのはこの私だから)

でもこの情熱の歌人たちは、私たちを虜にさせますね


好日日記

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

私、不覚にも風邪をひいてしまい、先週お休みをいただきました  ご予約をいただいていた患者さま、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした

高熱のため、インフルエンザ判定を兼ねて、近くの内科を受診しました。知り合いの婦長さんがお手伝いをしていたクリニックさんです。とてもいい先生だとお聞きしておりましたが、本当に素敵な先生で、すっかりファンになってしまいました。

夜通しお熱が下がらない上、身体もぐったりでご飯も食べられずといった調子で受診しましたが、「あら、それはしんどかったわね。」と労って下さり、「ご飯が食べられなかったら点滴もできますけど、どうしますか?」なんて聞いて下さる。診察もとっても丁寧で、安心して身を委ねられるという感じでした。

こうして医療機関を受診すると、患者さまの気持ちに少し近づける気がします。しんどいながらも色々な発見や気付きがあって、今後の診察に生かしていけたらな~と思いました

一週間たった今でも、お家では殆どベッドで寝ているのですが、そのおかげでたっぷりと読書を楽しんでいます。先日ご紹介したエッセイ本『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』の続編となる『好日日記―季節のように生きる』が出版されました。

好日日記―季節のように生きる 著者:森下典子さん

お茶に触れ、二十四節気を感じながら茶室で季節と一体になることができるシンクロの世界。自分自身と向き合い、日々成長してく著者の毎日の記録をノンフィクションで記されています。

季節によって雨の降る音が違ったり、的を射たような掛け軸の数々。どれをとっても、四季のある日本は美しいのだな~と改めて感じます。

皆さま、読書の秋にいかがですか?


ヘアドネーション

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

少し前の話になるのですが、クリニックでご紹介させていただいているウイッグの担当者の方が、長い髪をバッサリと切って、自社のウイッグを装着して来院されました

そのウイッグが自然でとってもエレガントだったので、最初は気付かなかったのですが、休憩室でヒョイとウイッグを外し、ええーとびっくりさせられました

かなり短くカットされていて、その思い切りのよさにカッコいいな~と思ったのですが、本当にカッコいいと思ったのはその後です。

皆さま、「ヘアドネーション」ってご存知ですか?

「ヘアドネーション」とは、癌や白血病、先天性の無毛症、不慮の事故などにより髪の毛を失った子供たちに、寄付された髪の毛を使用して、完全オーダーメイドの人毛の医療用ウイッグを無償提供する活動なのです。 18歳までの子供たちに、完全オーダーメイドの人毛ウイッグを無償提供することで、髪の毛を失った子供たちの笑顔を取り戻すため、2016年5月よりこの活動に取り組んでいるとのこと。

ヘアドネーション    ←素敵な活動でしょう

カットした髪は、「ヘアドネーション」に寄付されたのだそうです。この活動、私は以前にこの担当者の方から初めてお聞きしまして、とっても感動しました そして、実際に寄付していらっしゃる。何という素敵な方 いつもいつも患者さまを思い、寄り添って下さる。本当に素敵でカッコイイ方。普段はおっとりとした京美人なのです

私はこういう無償の愛」に、とてもとても心打たれます。

感動 ←ステキステキ

クリニックには、たくさんの患者さまが治療に訪れています。中々回復しない病状に、諦めの境地に入っている方もいらっしゃるかもしれません。でも、こうして陰日向となって支えて下さる方がたくさんいらっしゃいます。そのことを、どうぞ覚えていてくださいね。

そして、私もスタッフも、全力で患者さまをお支えしますからね

 


しんどくないですか?

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

6月18日(月)早朝発生いたしました大阪北部を震源とする震度6弱の地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

しんおおさかクリニックも6月18日は臨時休診となりましたが、6月19日より通常通り診察を再会しております。お越しになる皆様にお話を伺うと、ライフラインがまだ復旧されてない方、ご自宅の片づけに追われている方、復旧作業に従事されている方等、通常ではない状態が続くと精神的にも身体的にもしんどくなってきます。たまたま新聞を読んでいて「心のつらさを対話でほぐす」という記事を見つけましたのでご紹介します。

作家のいとうせいこうさんが、精神科の主治医でもある星野概念さんとの対談をまとめた「ラブという薬」の本の紹介です。「心がつらくても弱い人間と思われるのが嫌で精神科を避ける人が多いが、気楽に行ってほしい。しかも保険適用なんですよ」といとうさん。対話して共感することを愛と捉える。効能がじんわり伝わってくる一冊だそうです。

バンド仲間の星野さんにカウンセリングを頼んだのは数年前で、117に電話しようとして119にかけてしまったところ、星野さんが「そういうことには理由があるもんなんですよね」とのんびり言われ、丁度精神的な危機に直面していた自分自身が無意識に救急車を呼ぼうとしていたことに気付いたそうです。従来弱みを見せないタイプだったのですが、カウンセリングを受けるうちに「自分や社会についてどんどんクリアになっていく感覚」があったとのこと。

本書を対話形式にしたのは「『イライラする』というと『そうですね』と受けてくれる、そこから治療が始まり、心のつらさは言葉のやりとりで治っていくものだから」それを読者に伝えたからといとうさん。対話と傾聴が重要なテーマ。いとうさん自身はせっかちで結論を求めがちだったが、急ぐのはよいことではないと教わり、友人や家族から相談を受けてもすぐ解決策を示す答え方はやめたそうです。

いとうさん曰く「皆、聞いてほしいから話しているのだと分かった」「女の人同士の話は結論が無いと言われるけれど、あれは共感のやりとりなんですね」

その通りです。そうなんです。話を聞いてもらうだけでスッキリするんです。辛い時、家族や友人に会ってお話するのもいいですよね。クリニックでも平日午前中は比較的空いていますので、気になる事があったらお話して帰ってくださいね。お待ちしております。


5489おまちしてま~ス

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です

寒さが厳しい日が続きます。近畿北部では連日の大雪により日常生活に支障が出ているとの事ですが、クリニックにお越しいただく患者様の中にも、遠方より悪天候の中時間をかけて来ていただいている方が沢山おられます。ご無理のないように気を付けてご来院下さいね

さて、しんおおさかクリニックは完全予約制ですが、混雑していない時はあらかじめお電話いただければ直ぐに診察ができる場合があります。

受診された事のある患者様は、カルテをお探しし前回の診察内容を確認します素早く確認できるようにお名前(フルネーム)・診察券の番号・最後に受診したのはいつ頃かをお伝えください。同姓同名の方が意外と多いので診察券の番号がわかれば大変ありがたいです。

ご予約おまちしておりま~ス