カテゴリー別アーカイブ: 日記

ピラティス

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

長くヨガを続けている私ですが、最近ピラティスも始めましたと話すと、「ピラティスって何ですかとよく聞かれます

インドで発祥したヨガは、現在、健康法として普及していますが、本来のヨガは、インドの思想体系に根ざした修行・治療法で、その宗教観に基づいた思想と瞑想によって悟りを学ぶことを目指しています。そのような背景から、リラクゼーションやうつ病の対策など、エクササイズだけでなく多岐にわたる効果効用が知られています

ヨガ  ←ヨガ大好きです

一方ピラティスは、ボディラインが変わるスペシャル・メソッドとして支持され、人気に火がつきましたが、そもそもダイエットのための運動として体系化されたものではなく、ドイツ人ジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したリハビリ運動です。戦時に発展した解剖学を元にした、インナーマッスルトレーニングといえます。

ピラティスのレッスンでは、骨盤におけるニュートラルポジション(骨盤が前傾でもなく、後傾でもない状態の事)を基本に、頚椎や胸椎、腰椎などを意識しながら、深層にある筋肉や肩甲骨周りの筋肉など、自分自身の身体に意識を向けてトレーニングしていきます。

インナーマッスルと呼ばれる深層にある筋肉には持久力があり、疲れにくい身体を作ってくれるそうです(ちなみにアウターマッスルとは、所謂シックスパックと呼ばれるものです)。

シックスパック ←シックスパック。これです。

それぞれのトレーニング手法の特徴をまとめると、以下のようになります。

ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化する。

ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整える。

何となくお分かりいただけますかしら なんて偉そうに書いてますけど ピラティスのレッスンを受けるようになって、やっとインナーマッスルの存在が分かるようになりました

長らくヨガをしているのに、今頃~・・・と嘆いていたら、「気付けたことがすごい素晴らしい」とほめて下さるインストラクターの先生。ほめ上手。この素敵な先生たちの笑顔につられて、よしまた頑張ろう!と思うのです(←単純すぎるかしら?)

私は「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と思っています。ピラティスという新しいトレーニング法に出逢って、更に毎日が充実しています 忙しい日々の中、頭を空っぽにして身体に集中できる時間は大切なひと時です。

皆さまは、最近何か新しいことに出逢いましたか?

おまけ

チケットが全然取れず、諦めかけていた星組公演『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』がゲットできました~ あ~うれしい。幸せですぅ

星組公演『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』 紅ゆずるさまとあーちゃんのさよなら公演 でも楽しみ


濃密な週末

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先日の土曜日、学生時代の恩師の定年退職祝いがありました。久しぶりに同期が集まり、昔話に花を咲かせました。主役の先生は、2人のお子さまの母親となっていました。そして、これまでの経歴を聞かせて下さいました。

下のお子さまが突然登校拒否で引きこもり、通学途中の同じくらいの子供を見ては涙がとまらなくなったこと、そのお子さまが周りの力を借りながら今は社会に復帰していること、ずっと介護をしていたお父さまが先月お亡くなりになったこと。そんなお話を聞きながら、少し遠い存在だった先生も、普通のお母さんなんだな~なんて感じました。

学生時代の私たちは、本当に手の付けられない生徒だったようで、先生にはご迷惑をおかけしたと思います。それでも私たちのことが可愛いと大切に思って下さっていて、その思いが伝わってきて、落ちこぼれだった私は益々申し訳ない気持ちになりました

幹事さんが一人一人の写真を撮ってくれて、皆でメッセージを書き、先生にお渡ししました。実は、卒業の時も同じような寄せ書きをしていたようで(見せていただきましたが、私は全く覚えていませんでした)、先生はそれを宝物にして下さっていたようです。

同期とも近況報告をしましたが、もう皆すごい 大学で教壇に立っていたり、師長さんになっていたり、専門学校の副学科長になっていたり。その華々しさに羨望とともに誇らしさも感じました 勇気付けられます。本当に楽しい一夜でした。また、皆に会いたいな。元気で頑張ろうね。

そして、今日はトキメキの宝塚観劇へ

オーシャンズ11 真風さんのダニー・オーシャン。カッコよすぎる

この公演は105期生の初舞台公演でもあります。決意表明の口上と、ロケットと呼ばれるラインダンスがあり、この後各組に分かれ舞台人として出発します。同期全員が同じ舞台に立つのはラインダンスが最初で最後です。毎回涙してしまうこの光景に、前日学生時代の同期に会ったことが重なり、今回は胸がキューンと切なくなりました 105期生ガンバレ

そういえば、同期とお喋りしていて気付いたのは、皆美容が気になるお年頃になっているということ。お悩みの№1はやはりシミです。「シミがあると老けてみえるのよね~」という声も聞かれました。さあ、シミが気になる皆さま。

林修 美容治療いつ始めるの 今でしょ

この言い回し、ちょいと古いかしらねえ

今日は母の日 すべてのお母さんに幸あれ


GW

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今日は、久しぶりに野球観戦。甲子園のデイゲームに行って参りました。この臨場感、伝わりますでしょうか?

甲子園③   甲子園②   甲子園①

借金を抱えているせいか勝つ気はせず、予想通りの結果となりました

しっかりせえよ。   弱すぎるぜ阪神。しっかりせえよ。

帰りに居酒屋さんに行って、隣のお席の阪神ファンの若者と意気投合し、楽しくお酒を飲んで帰って参りました。素敵な若者たちでした~

もうすぐGW皆さまのご予定はいかに?

クリニックの私調べですと、旅行に行かれる方もいらっしゃいましたが、特に予定はない方やバーベキューをされる方が圧倒的に多かったように思います。お天気が気になるところですが、皆さま楽しくお過ごしくださいね

先週、厚生労働省からインフルエンザの患者数が、東京や大阪などの33都府県で増えていることが公表されました。B型の流行が影響しているとみられています。GWはたくさんの方が移動され、各地でイベントも開催されます。そのため、インフルエンザが流行する懸念もあり、暖かい季節であってもうがい手洗いで予防することが大切です。お出掛けの際は、十分ご注意くださいね

さて、クリニックの診察は今月27日(土)までです。5月は日(火)より診察を開始いたします。来月は令和でお会いしましょう(←これが言いたかった

令和

 


challenge!!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今通っているヨガ教室で、57days Challenge!というイベントに挑戦しました。23月の57日間のうち、(常温ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの)グループレッスンを30日以上受講しましょう!というchallengeです

スタッフの協力もあり、診察後に直行する日々。ヨガ三昧の2か月間でしたが、結果34日受講することができました 筋肉痛や達成感とともに、以前よりヨガが好きになっています

ヨガというと、アーサナ(ポーズ)を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、それはヨガの一側面でしかありません。

瞑想や座禅の言葉に調身・調息・調心というものがあります。これは、正しい姿勢を保つことによって精神のバランスを整え、正しい呼吸によって肉体のバランスを整えることができれば、心身共に整うという意味を持っているのですが、本来のヨガとは、呼吸・瞑想・ポーズを取り入れることで、心の安定を目的としたものです。

まだまだ初心者の私ですが、マットの上で頭が空っぽになる時間を持てることが、至福の時間でもあります(雑念も多いですが・・・)。新しく始めたピラティスも、もっと深めていけるよう頑張りたいです

そんなヨガの仲間と、本日大阪城公園へお花見に行って参りました。初めてお会いする方ばかりでしたが、たくさんお喋りができて楽しかった もともとヨガは、古代インド発祥の心身の修行法で、その語源は「つながる」や「結びつく」という意味を持ちます。そんなことを考えながら、同じ時間を共有できたことを感謝したいと思います

お花見①    お花見③    お花見② 綺麗でした~

新しい春のchallenge クリニックでは、今月ボトックス注射に加え、ヒアルロン酸注入も予定しています。ご興味のある方、是非ともスタッフまでご相談下さいね


最近読んだ本

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

昨年亡くなった女優樹木希林さんの本が、現在書店に並べられています。女優業のかたわらテレビや新聞、雑誌などに残したメッセージを本に纏めたものです。最期まで自然体に生きた樹木さんの(時にはドライにも感じる)人生哲学が詰まった本で、遺した言葉がユーモアと洞察に満ちています。

私が拝読したのは、樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ

樹木希林 本 に対する画像結果 ←表紙はミレイ作「オフィーリア」

この本の中で印象的だったのは、「面白がる」という言葉。この言葉は、本書で何度も出てきます。面白いわよねぇ、世の中って。予想外の連続。楽しむっていうのは客観的で、中に入って面白がるの。面白がらなきゃ、やっていけないもの、この世の中」「どうぞ、物事を面白く受け取って愉快に生きて。あんまり頑張らないで、でもへこたれないで」などなど。

生・老・病・死と、普遍的なテーマを中心に言葉が厳選されていて、とても読みやすく、先週亡くなられた旦那様の内田裕也さんのお言葉をお借りすれば、やっぱりロックな本です

そして、こんな本も読みました。

老いた親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本 ←老いた親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本

老年病科(65歳以上の高齢者の多臓器にわたる内科疾患を総合的に診療する)医師が書き下ろした本で、字が大きくイラスト入りなので、楽しく読ませていただきました

筆者である榎本睦郎医師が開業しているクリニックでは、月に約1,600人の方が来院され、約7割が認知症の患者さんなのだそうです。認知症は進行性の病気ですが、進行の程度はさまざまで、根底には脳の病変の強さの違いはありますが、ご本人を支える家族の対応も、病気の進行に大きく関係しているのではと書かれています。認知症の方がいると家族は振り回されて、イライラさせられることは日常茶飯事です。そんなとき、「病気のなせるわざなんだからしょうがない」と笑ってすませられる、また親が何か不都合なことをしでかしても、それを笑いに変えられるセンスがあれば、病気の進行を遅らせるのかもしれない。進行がゆるやかな人のご家族は、総じて認知症の夫や家族に対して必要以上に深刻にならず、寛容なところがあるとも書かれています。

これって、私たちの日常生活にも置き換えられそうだと思いませんか

あの時こうすればよかった、この先どうなるんだろう・・・私たちはいつも過去や未来のことを憂いています。でも、大切なのは今このとき。今に意識を向けることが、心にとっても身体にとっても、一番心地いいのです

樹木さんのように面白がったり、物事を少し寛容に受け止めてみませんか 天才バカボンの赤塚不二夫さんのように「これでいいのだ。あなたはあなたでいいのだ」と。


花粉の季節

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味の雨水(うすい)も過ぎて、まだまだ寒いものの、春はもうそこまで来ていますね

しかしながら、花粉症の方にとっては、鼻は詰まるし、目はかゆいし、喉もガラガラ、肌もカサカサ・・・。春は憂鬱な季節ですよね

西日本でも月下旬から月上旬にかけて花粉飛散開始となりそうです。花粉の元となる植物の育成には、前年夏(月~月)の気象条件が大きく影響するようで、気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。そのため、2018年の夏の暑さを考えると花粉飛散量は前シーズン並とはいえ、例年比でやや多いと言えるようです。

クリニックでは、円形脱毛症やアトピー性皮膚炎などの疾患に対し、二世代抗ヒスタミン薬を処方することがありますが、この薬は花粉症対策にも効果的です。花粉が飛びはじめる週間ぐらい前から薬を飲みはじめることで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。第二世代抗ヒスタミン薬には、フェキソフェナジン(商品名アレグラ他)やエピナスチン(アレジオン他)、レボセチリジン(ザイザル)、オロパタジン(アレロック他)などがあります。毎年花粉症でつらい思いをされている方は、是非ご相談くださいね。

週末、学生時代の友人とお鍋を食べて、近くの温泉に行き、眠くなるまでお喋りしました。今回の話題は、ジュリー(沢田研二さん)は、その昔すごくカッコよかったということで、ユーチューブの若かりし頃のジュリーに釘付けでした。

ジュリー ←ジュリー カッコいいわ~

皆さま、ジュリーって源氏物語で光源氏を演じていたのを、ご存知でした? すごく綺麗でカッコいいのですが、私にとっての光源氏は、大大大好きな元花組トップスターの春野寿美礼さまです 「あさきゆめみし」という舞台で演じた源氏は、めまいがする程美しくて素敵です あっ 「新・源氏物語」で明日海りおさまが演じた源氏も、クラクラする程素敵です といいながら、友人にユーチューブを見せていたら、いつの間にか宝塚に変わってるやん」と言われてしまいました でも、ホントに素敵なのですよ~

あさきゆめみし ←素敵 新源氏物語 ←これも素敵

もう一つの話題は、堀ちえみさんの舌癌です。口内炎ができるのは薬の副作用にあるとはいえ、どんな症状であっても、思い込みは危険だなと話していました。長く医療従事者として医療に携わっている限り、何かおかしいなと感じる直感も大切にして、疾患や症状と真摯に向き合っていかないといけないなと思いました。


インフルエンザ大流行

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

インフルエンザが流行しています 皆さま、いかがお過ごしですか?

厚生労働省は25日、全国約5千カ所の定点医療機関から報告された直近1週間(14~20日)の1医療機関当たりの患者数が53・91人になったと発表しました。全国の推計の患者数は約213万人。保育所や幼稚園、小中高校で休校や学年・学級閉鎖が相次ぎ、全国で6274施設に上っています。都道府県別の定点当たりの患者数は、愛知が最多で81・86人。埼玉70・03人、静岡69・42人、茨城68・05人、福岡67・18人。東京は52・65人、大阪は46・09人。44都道府県で警報レベルを超えています

また国立感染症研究所は、昨年発売された新しいインフルエンザの治療薬「ゾフルーザ」を使った患者さまから、治療薬に耐性をもつ変異ウイルスが検出されたと、24日発表しました。

クリニックでも、来院中の患者さまがインフルエンザに罹患したり、学級閉鎖があったりと、色々な情報が入ってきます。不要不急のときはできるだけ、人混みや繁華街への外出を控え、健康管理に努めましょうね

ちなみに、うちのスタッフは私を筆頭に元気モリモリです。ワクチンのおかげですね。

さて、先日ルミガン(まつ毛が伸びる美容液)ラシャスリップス(唇に潤いを与えるリップグロス)2つの商品を購入される方が増えたとブログで書いたのですが、その後も購入して下さる方が続々と増えてきました そこで、12色あるラシャスリップスの中から、321(レッド系 ラメ)322(クリアー)325(ペールピンク)以外にも何色か取り扱いを始めようと思っています。うふふ 乞うご期待

ソース画像を表示

IKKOさんがテレビで紹介したことで一気に人気急上昇したラシャスリップス 皆さま、是非ともお試しあれ

おまけ

先日、星組公演『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』を観劇して参りました 何度も再演を重ねてきた、菊田一夫氏作の宝塚の名作です。ショーでは2回も客席寄りがあり、かいちゃん(七海ひろきさま)が私の近くまで来てくださいました 素敵だった~ かいちゃん、これで退団してしまうのね~ 寂しい~

霧深きエルベのほとり 皆さまチョーかっこよかったですぅ

 


祝♥成人の日

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今日は成人の日でした  成人を迎えられた皆さま、おめでとうございます

ブログを読んで下さっている皆さまが成人の日を迎えた頃、どんな大人になりたいと思っていましたか? そして、なりたかった大人になっていますか?

私はただただ、いい看護婦になりたいと思っていました。とても抽象的な言い方ですが、本当にそう思っていました。そして、今もそう思っています。私なりに患者さまをお支えし、笑顔にできるよう、これからもお傍で手助けをしたいと思っています  はい

さて、ここからは、ビューティのお話です。

皆さまが目指すお肌とは、どんなお肌ですか?

私たちスタッフは昨年、すっぴん美人になれたらいいね~と話していて、そのためのパーツケアとしてルミガン(まつ毛が伸びる美容液)に加えラシャスリップス(唇に潤いを与えるリップグロス)を取り入れました。お正月明けからこの2つの商品を購入される方が増え、少しずつ認知されているのかしらと、うれしく思っています。

ルミガン←ルミガン ラシャスリップス←ラシャスリップス

私が理想とするお肌は、ずばり「お風呂上がりのお肌」です。角質層がしっとりと潤っていて、血色も良くハリもある。もっと欲張りな言い方をすると、「お化粧していなくても綺麗」と言われるお肌です(ちなみにボディの方は「お洋服を着ている時より、裸の方が綺麗」と言われるのが理想 あら。変ですか

年齢を重ねると、どうしても隠したくなるようなしみやシワが気になるものですが、カバーしようとすればする程、目立つものです。ですから、ファンデーションはより薄く、艶感を意識しましょうね 私自身、今は色付きの日焼け止めにお粉をポンポンと軽くのせるだけの、シンプルメイクになっています。ルミガン効果でまつ毛もう~んと伸びました 「まつエク(まつ毛エクステ)してるんですか?」と聞かれるほどに。うふふ(え?  自慢??  ええ、自慢ですわよ)。

今年は私たちと一緒に、すっぴん美人を目指しませんか~

 

 


分身ロボット

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

12/8のNHK「おはよう日本」で分身ロボットが紹介されていました。

この「分身ロボット」は、遠く離れた場所にいる重度の障害のある方が、送られてくる映像を頼りに、目や口、指など、その人が動かせる部分を駆使して、ロボットを自分の分身のように操作し、カフェの店員になれるというものです

このカフェを企画した吉藤健太朗さんは、分身ロボットの開発者で、開発中に出会った障害者の多くが、社会との関わりを持ちたがっていることを知り、その願いを叶えたいと企画したのだそうです。

試験的にオープンしたカフェですが、参加された方が戸惑いながらも生き生きとお仕事されている姿に、微笑ましく拝見いたしました。

この放送で、障害者の多くが社会との接点を持ちたがっていることに、少し衝撃を受けました。そして、そんな風に感じた自分を恥ずかしくも思いました   障害のある方が、「働いてみたい」「社会とつながっていたい」と思うのは至極当然のこと。障害の有無や性別、国籍にかかわらず、他人を思いやったり、手を差し伸べることができる社会っていいなぁと思います。世の中には色んな人がいて、みんな違ってみんないい。自分と誰かを比べないことが幸せのコツですね

今日はクリスマスイブ  皆さま、今夜はどんな風にお過ごしですか   昨日クリスマスカードを送ろうと、大阪中央郵便局まで行って参りましたが、長蛇の列でビックリしました。局員の方もお疲れのようで、申し訳ない気持ちになりました   もしかしたら、クリスマスには届かないかもしれないと言われ、もっと早く送ればよかったと反省しきり どうか無事に受け取っていただけますように。

クリスマス   素敵なイブをお過ごし下さいませ


与謝野晶子♥生誕140周年

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

先日、愛をうたった女たちと題して、与謝野晶子柳原白蓮が紹介されていました

柳原白蓮は、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で仲間由紀恵さんが演じられていたのが記憶に新しいと思います。与謝野晶子もまた、白蓮に負けず劣らず情熱的な愛に生きた女性でした。

今年生誕140周年を迎える情熱の歌人、与謝野晶子

与謝野晶子 ←与謝野晶子

本を読み文学の世界に浸ることが唯一の楽しみだった内気な少女。そんな晶子が21歳の時、人生を大きく変える男性と出逢います。その男性こそが、のちに夫となる与謝野鉄幹です。物事を力強く率直に歌う鉄幹にすっかり夢中になった晶子ですが、当時鉄幹には内縁の妻と子がいました。

その内に秘めた思いを、こんな歌にしています。

やは肌の あつき血汐にふれも見で さびしからずや道を説く君(私の柔らかな肌の熱い血を感じもしないで、さびしくはないのですか。道徳ばかりを説くあなた)

出逢ってから5か月後、晶子と鉄幹は二人だけの旅に出かけます。そして鉄幹は妻と別れ、ついに二人は結婚します  この頃、鉄幹のプロデュースにより出版した歌集が「みだれ髪」です。

タイトルそのままに、晶子は熱い思いを大胆に詠いました。

みだれ髪 ←みだれ髪

二人は11人もの子供に恵まれた、賑やかな結婚生活を送ります。しかし、一方で色々と予想外のことが起き、家計は苦しかったようです。さらに、鉄幹が情熱を注いでいた雑誌「明星」が時代の流れに取り残されて、発行部数が落ち込み、100号をもって廃刊に追い込まれます。大きな失意の中、挫折を味わった鉄幹の再生を願い、晶子は夫をフランスへ送り出します。

これで夫が元気になって帰ってきてくれれば一安心、と思ったのもつかの間。今度は晶子自身が遠く離れた夫を思い、食べ物が喉に通らなくなり、気持ちもひどく落ち込みます  そして、鉄幹が恋しくて寂しい晶子は、子供たちを残したままパリに向かいます 思い切って出かけた二人だけの旅が、夫婦の燃えるような感情を蘇らせます。

その後、日露戦争が始まります。晶子の弟、壽三郎(ちゅうさぶろう)も戦争に招集されます。その時詠んだ歌が、かの有名な「君死にたまふこと勿れ」でした。

あゝをとうとよ君を泣く 君死にたまふことなかれ 末に生まれし君なれば 親のなさけはまさりしも 親は刃をにぎらせて 人を殺せとをしへしや

この詩が発表されると非難されますが、晶子は反論します。「歌は歌です。まことの心を歌わぬ歌になんの値打ちがあるでしょう。私は長い年月を経ても変わらぬ真実の感情をうたいたいと存じます。」情熱的な恋愛の喜び、肉親の無事を願う気持ち、晶子が歌ったのはまことの心でした。

また、晶子は柳原白蓮と同様に、女性教育に力を注いだ方でもあります。

結婚して30年あまり。晶子と鉄幹最後の月日を過ごした書斎、冬柏亭。晶子は最愛の夫、鉄幹を看取ります。晶子が鉄幹を悼む歌がとても情熱的です。

冬柏亭 ←冬柏亭

筆硯煙草を子等は棺に入る 名のりがたかり 我を愛できと(夫が愛用した品を、子供らが棺に入れる。でも、棺に入るべきは私。言い出すことはできなかったけれど、夫が何より愛していたのはこの私だから)

でもこの情熱の歌人たちは、私たちを虜にさせますね