花粉症に負けないゼッ-ト✊✊

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今や4人に1人は花粉症。皆さまはいかがでしょうか?

花粉症の原因植物には樹木と草本があり、日本では約60種類もあるとされています。主なものとしては、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバ、ハンノキなどがあります。本州、四国、九州では、一番の原因植物はスギとヒノキです。一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から飛び始めます

クリニックのスタッフや患者さまが、グスグスしているところをお見掛けすると、花粉の飛散は始まっているのでしょうか??

花粉症

環境省は花粉の飛散が始まる時期に合わせて、毎年、専用の情報サイト「はなこさん」で最新の飛散状況を公開していて、今月からは、全国120か所の花粉の飛散状況をリアルタイムで確認できるようになりました

 

花粉症はスギやヒノキなどの花粉によってくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状が出ます。クリニックで処方するお薬の中には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などがありますが、このお薬は花粉症の治療薬としても活躍しますご希望の方は、診察の際に医師にご相談下さいね。

くしゃみや鼻水で、お肌もカサカサになりそうですが、そんな時にはワセリンがおススメ。お鼻をかんだ後はこまめにワセリンを塗布 このひと手間があなたのお肌を守ります。ぜひぜひ、ワセリンを毎日のお供に加えて下さいね。

そして、花粉の飛散シーズン中には、花粉症の症状悪化を防ぐため、注意してできるだけ花粉に接触しないよう工夫しましょう