タグ別アーカイブ: 日々のできごと

GW

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今日は、久しぶりに野球観戦。甲子園のデイゲームに行って参りました。この臨場感、伝わりますでしょうか?

甲子園③   甲子園②   甲子園①

借金を抱えているせいか勝つ気はせず、予想通りの結果となりました

しっかりせえよ。   弱すぎるぜ阪神。しっかりせえよ。

帰りに居酒屋さんに行って、隣のお席の阪神ファンの若者と意気投合し、楽しくお酒を飲んで帰って参りました。素敵な若者たちでした~

もうすぐGW皆さまのご予定はいかに?

クリニックの私調べですと、旅行に行かれる方もいらっしゃいましたが、特に予定はない方やバーベキューをされる方が圧倒的に多かったように思います。お天気が気になるところですが、皆さま楽しくお過ごしくださいね

先週、厚生労働省からインフルエンザの患者数が、東京や大阪などの33都府県で増えていることが公表されました。B型の流行が影響しているとみられています。GWはたくさんの方が移動され、各地でイベントも開催されます。そのため、インフルエンザが流行する懸念もあり、暖かい季節であってもうがい手洗いで予防することが大切です。お出掛けの際は、十分ご注意くださいね

さて、クリニックの診察は今月27日(土)までです。5月は日(火)より診察を開始いたします。来月は令和でお会いしましょう(←これが言いたかった

令和

 


診察について

  • 皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

4月になり2週間が過ぎました。転勤や就職、新入学で大阪に引っ越しして来られた方の来院が目立つようになって来ました。まだしんおおさかクリニックの事をよくご存じ無い方に診察内容や診察時間について改めて紹介させていただきます。

よくはじめて来られる方に診察時間が分かりにくいとご意見をいただきます。毎日担当する先生が違う為、診察開始時間や終了時間が少しだけ違います。又、手術や処置のご予約が入っている場合は診察ができませんので完全予約制にさせていただいています。先生の都合による休診や早めに終了する場合も度々ありますのでご来院の際には必ずお電話にてご予約をお願いいたします。

 以下が診察時間と診察のできる内容です。

  曜日

午前

時間診療科 10:00~13:00一般皮膚科 10:00~13:00形成外科・一般皮膚科 10:00~13:00脱毛症専門外来 午前休診 10:00~12:00(㋄~)形成外科・一般皮膚科
  混み具合 比較的空いています 手術や処置中の場合があります。 10時台は込み合います。お電話もつながりにくいです。 お電話はつながりません 4月中は13時まで診察しています。
午後 時間診療科 予約のみ 15:30~18:30脱毛症専門外来 17:00~19:00形成外科・下肢静脈瘤外来 16:00~19:00形成外科・一般皮膚科 16:00~19:00形成外科・下肢静脈瘤外来
  混み具合 15時~16時の間ならお電話つながります。 16時~17時が空いています. 手術や処置中の場合があります。 比較的空いています 手術や処置中の場合があります。

水曜・金曜午前・日曜祝日がお休みです。受付終了は診察終了の30分前になります。脱毛症専門外来の受診をご希望の方は他院で治療中の場合紹介状を必ずお持ちください。紹介状があった方がスムーズに診察する事ができます。

待合室が狭くお待ちいただく人数に限りがありますのでなるべく予約時間の5分前にお越しください。予約時間より早くお越しいただいても予約時間の患者様が優先となりますのでお待ちいただく場合があります。

処置・手術のご予約の場合予約時間より15分過ぎた場合は日にちの変更をお願いする場合がございますので早めにご連絡いただきますようお願いいたします。

今後もわかりにくい点が少なくなるよう掲示する等改善に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 


challenge!!

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

今通っているヨガ教室で、57days Challenge!というイベントに挑戦しました。23月の57日間のうち、(常温ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの)グループレッスンを30日以上受講しましょう!というchallengeです

スタッフの協力もあり、診察後に直行する日々。ヨガ三昧の2か月間でしたが、結果34日受講することができました 筋肉痛や達成感とともに、以前よりヨガが好きになっています

ヨガというと、アーサナ(ポーズ)を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、それはヨガの一側面でしかありません。

瞑想や座禅の言葉に調身・調息・調心というものがあります。これは、正しい姿勢を保つことによって精神のバランスを整え、正しい呼吸によって肉体のバランスを整えることができれば、心身共に整うという意味を持っているのですが、本来のヨガとは、呼吸・瞑想・ポーズを取り入れることで、心の安定を目的としたものです。

まだまだ初心者の私ですが、マットの上で頭が空っぽになる時間を持てることが、至福の時間でもあります(雑念も多いですが・・・)。新しく始めたピラティスも、もっと深めていけるよう頑張りたいです

そんなヨガの仲間と、本日大阪城公園へお花見に行って参りました。初めてお会いする方ばかりでしたが、たくさんお喋りができて楽しかった もともとヨガは、古代インド発祥の心身の修行法で、その語源は「つながる」や「結びつく」という意味を持ちます。そんなことを考えながら、同じ時間を共有できたことを感謝したいと思います

お花見①    お花見③    お花見② 綺麗でした~

新しい春のchallenge クリニックでは、今月ボトックス注射に加え、ヒアルロン酸注入も予定しています。ご興味のある方、是非ともスタッフまでご相談下さいね


新生活応援‼

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

本日3月31日は日曜日、明日4月1日は月曜日!新生活が始まるにはとてもキリが良いですね。それに4月1日はいよいよ新元号も発表です。何か新しい気分でワクワクします。

クリニックに来る子供達もそれぞれ学年が上がって新しい環境になるのを楽しみにしているようです。学生だった人が社会人になるとみんなピリッとして自分の保険証を「変わりました!」と出してくれます。その姿は自信に満ち溢れとても頼もしいものです。

みんな置かれる環境が変化して、自分自身も成長していくんだなと感じます。大人になるのは自分だけの力ではありませんね。周りの人々に感謝して日々生きる事の重要性を思いかえす、春は良い季節です。みんな頑張れ!


最近読んだ本

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

昨年亡くなった女優樹木希林さんの本が、現在書店に並べられています。女優業のかたわらテレビや新聞、雑誌などに残したメッセージを本に纏めたものです。最期まで自然体に生きた樹木さんの(時にはドライにも感じる)人生哲学が詰まった本で、遺した言葉がユーモアと洞察に満ちています。

私が拝読したのは、樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ

樹木希林 本 に対する画像結果 ←表紙はミレイ作「オフィーリア」

この本の中で印象的だったのは、「面白がる」という言葉。この言葉は、本書で何度も出てきます。面白いわよねぇ、世の中って。予想外の連続。楽しむっていうのは客観的で、中に入って面白がるの。面白がらなきゃ、やっていけないもの、この世の中」「どうぞ、物事を面白く受け取って愉快に生きて。あんまり頑張らないで、でもへこたれないで」などなど。

生・老・病・死と、普遍的なテーマを中心に言葉が厳選されていて、とても読みやすく、先週亡くなられた旦那様の内田裕也さんのお言葉をお借りすれば、やっぱりロックな本です

そして、こんな本も読みました。

老いた親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本 ←老いた親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本

老年病科(65歳以上の高齢者の多臓器にわたる内科疾患を総合的に診療する)医師が書き下ろした本で、字が大きくイラスト入りなので、楽しく読ませていただきました

筆者である榎本睦郎医師が開業しているクリニックでは、月に約1,600人の方が来院され、約7割が認知症の患者さんなのだそうです。認知症は進行性の病気ですが、進行の程度はさまざまで、根底には脳の病変の強さの違いはありますが、ご本人を支える家族の対応も、病気の進行に大きく関係しているのではと書かれています。認知症の方がいると家族は振り回されて、イライラさせられることは日常茶飯事です。そんなとき、「病気のなせるわざなんだからしょうがない」と笑ってすませられる、また親が何か不都合なことをしでかしても、それを笑いに変えられるセンスがあれば、病気の進行を遅らせるのかもしれない。進行がゆるやかな人のご家族は、総じて認知症の夫や家族に対して必要以上に深刻にならず、寛容なところがあるとも書かれています。

これって、私たちの日常生活にも置き換えられそうだと思いませんか

あの時こうすればよかった、この先どうなるんだろう・・・私たちはいつも過去や未来のことを憂いています。でも、大切なのは今このとき。今に意識を向けることが、心にとっても身体にとっても、一番心地いいのです

樹木さんのように面白がったり、物事を少し寛容に受け止めてみませんか 天才バカボンの赤塚不二夫さんのように「これでいいのだ。あなたはあなたでいいのだ」と。


春のダイヤ改正でウキウキ♡

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

今回も新聞記事からネタ探しです。

JR西日本の春のダイヤ改正が16日あり、山陽線・東海道線(姫路、網干-野洲間)の新快速の一部に有料座席「Aシート」が導入され鉄道ファンが早速押し寄せ、初日からすぐ満席になり好評を博したそうです。

Aシートは、12両編成の9号車に46席を設けられ、当日の先着順で座ることが可能です。足元が広めの座席にリクライニング機能やテーブル、コンセントが付き、無料Wi‐Fiサービスもあるので、500円で特急のようにくつろげるのが売りです。新大阪はいろいろな電車を見ることができるのですが、Aシートも是非覗いてみたいです。(電車わりと好きなんで・・・)

その他にも18日からの平日は新設の通勤特急「らくラクはりま」が姫路-大阪間で1日1往復運行されます。車両は「特急くろしお」で使われているものと同じで、1号車は嬉しい女性専用車両です。姫路・大阪間を約1時間で結び、近畿圏を発着する特急は「びわこエクスプレス」以来16年ぶりだそうで、プチ旅行にはおススメかもしれませんね。

また、大阪府東部を走る「おおさか東線」(新大阪-久宝寺間)が16日全線開業し、1日4往復の「直通快速」は久宝寺経由で奈良に直通となり、新幹線利用客も便利ですし、JR奈良駅にも観光客が増えるかもしれません。

なんだか私も特急列車に乗ってプチ旅行気分味わってみたくなりました。綺麗になった姫路城でも行ってこようかな。


ボトックス注射のススメ

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

皆さまに、美容治療のお知らせです  4/23(火)午前中、ボトックス注射を行います

ボトックス注射 何それ 何か怖い~と思われたそこのアナタ そんなアナタにこそ、試していただきたい治療です。

ボトックスは、ボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬で、神経伝達物質「アセチルコリン」の伝達を弱める働きがあります。

1970年代から眼瞼けいれんや片側顔面けいれんの他、斜頸、重度の原発性多汗症などの多くの治療に使用されています。日本でも、1997年4月から厚生労働省の認可を受けており、その安全性はすでに確立されています。

この筋肉を弛緩させる作用を活かし、1980年代後半から美容治療に応用され始め、2002年にはしわ治療薬として米FDA(米食品医薬品局)認可を受けました。日本では、2009年に「65歳未満の成人における眉間の表情皺」を効能・効果として、2016年に「65歳未満の成人における目尻の表情皺」を効能・効果として製造販売が承認されています。

ボトックスビスタ ←ボトックス

以前にもブログに書きましたが、私自身は目尻のしわや法令線はあまり気になりません。目尻のしわや法令線はたくさん笑ってきた証ですからね ええ いっぱいしわを作って笑ってきたその顔に、どれだけの方が癒され励まされてきたかを考えると、 美しさの歴史なのだと思わずにはいられません。

ただ、眉間の縦じわはいけません  眉間のしわは、怒ったり悩んだりする時の表情のクセでできるので、怒っている印象を与えかねません。できるだけ眉間にしわを寄せないように工夫をして、必要なら医療の力も借りて下さいね

4/23(火)のボトックス注射、気になった方は是非ともスタッフにお尋ねくださいませ

最近、過去に通院されていた方から、ご予約のお電話をいただくことが多くなりました。クリニックのことを覚えていて下さったこと、とてもうれしく思っています。先日も、ブログを読んで私がまだクリニックに居ることを知り、お電話を下さった方がいらっしゃいました 私が居ることで、患者さまに安心感をお届けできているのなら、こんなうれしいことはありません

クビになるまで頑張りますよ~

明日は花組公演「CASANOVA」の千秋楽。明日海りおさまが演じている魅惑の主人公ジャコモ・カサノヴァ。素敵すぎて、うっとりでした~

casanova ←みりおちゃんなら、弄ばれてもいいわ~ キャー

 

 


ついていくぞ時代の波に

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

今日の出来事を少しだけつぶやかせていただきます。

今日はおひな祭りとあってご馳走の買い出しでスーパーマーケットは人であふれていました。品選びを終え、レジに並んでいると前の人もその次の人もスマホをレジの人に見せるしぐさをしています。「何?」と不思議に思い店内のポスターをふと見ると何かアプリに割引クーポンがあるみたい。

私も!と思ってお店のアプリを開いてみたけれど上手くいきません。泣く泣く諦める事に。

便利に使うとすごく得する便利なものですがまだまだついて行けません。10年前には全く必要性を感じませんでしたが、今では無くてはならない大事な物のひとつになりました。

昨年のように自然災害が発生した時はだれかと繋がれるツールは安心ですね。チケットを買ったり、時刻表を検索したり本当にお世話になっています。

どんどん進歩を遂げて今やスマホで家電も動かすし、何でもできる時代になりました。「あかん!できひん」と言わずに何でもチャレンジして得するように使いこなしてやるぞと心に決めた一日でした


花粉の季節

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフ中尾です

雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味の雨水(うすい)も過ぎて、まだまだ寒いものの、春はもうそこまで来ていますね

しかしながら、花粉症の方にとっては、鼻は詰まるし、目はかゆいし、喉もガラガラ、肌もカサカサ・・・。春は憂鬱な季節ですよね

西日本でも月下旬から月上旬にかけて花粉飛散開始となりそうです。花粉の元となる植物の育成には、前年夏(月~月)の気象条件が大きく影響するようで、気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。そのため、2018年の夏の暑さを考えると花粉飛散量は前シーズン並とはいえ、例年比でやや多いと言えるようです。

クリニックでは、円形脱毛症やアトピー性皮膚炎などの疾患に対し、二世代抗ヒスタミン薬を処方することがありますが、この薬は花粉症対策にも効果的です。花粉が飛びはじめる週間ぐらい前から薬を飲みはじめることで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。第二世代抗ヒスタミン薬には、フェキソフェナジン(商品名アレグラ他)やエピナスチン(アレジオン他)、レボセチリジン(ザイザル)、オロパタジン(アレロック他)などがあります。毎年花粉症でつらい思いをされている方は、是非ご相談くださいね。

週末、学生時代の友人とお鍋を食べて、近くの温泉に行き、眠くなるまでお喋りしました。今回の話題は、ジュリー(沢田研二さん)は、その昔すごくカッコよかったということで、ユーチューブの若かりし頃のジュリーに釘付けでした。

ジュリー ←ジュリー カッコいいわ~

皆さま、ジュリーって源氏物語で光源氏を演じていたのを、ご存知でした? すごく綺麗でカッコいいのですが、私にとっての光源氏は、大大大好きな元花組トップスターの春野寿美礼さまです 「あさきゆめみし」という舞台で演じた源氏は、めまいがする程美しくて素敵です あっ 「新・源氏物語」で明日海りおさまが演じた源氏も、クラクラする程素敵です といいながら、友人にユーチューブを見せていたら、いつの間にか宝塚に変わってるやん」と言われてしまいました でも、ホントに素敵なのですよ~

あさきゆめみし ←素敵 新源氏物語 ←これも素敵

もう一つの話題は、堀ちえみさんの舌癌です。口内炎ができるのは薬の副作用にあるとはいえ、どんな症状であっても、思い込みは危険だなと話していました。長く医療従事者として医療に携わっている限り、何かおかしいなと感じる直感も大切にして、疾患や症状と真摯に向き合っていかないといけないなと思いました。


行ってみたいな「氷上回廊」

皆さま、こんにちは大阪市淀川区で「脱毛症の専門治療・下肢静脈瘤や眼瞼下垂症などの日帰り手術・美容治療」に力を入れているしんおおさかクリニックのスタッフハマ子こと濱田です :lol:

いつものように新聞でネタ探しをしていると、「氷上回廊」についての記事がありました。私は兵庫県民なのですが、あまり詳しくなく興味深い内容でしたので紹介します。

まず氷上回廊」ヒカミカイロウてなに?というところなんですが、瀬戸内海に流れる加古川と日本海に注ぐ由良川をつなぐ(結ぶ)低地帯わすが95メートルで本州をまたぐことができる奇跡的な自然地形この特殊な地形によって、南からの瀬戸内海式気候と北からの日本海気候が出会い、生命が不思議に入り混じり豊かな文化と歴史が培われてきた土地が「氷上回廊」です。

旧石器時代はナウマンゾウの季節の移動道でした。弥生時代は物流の道であることを瀬戸内系のサヌカイト製石器が、南北へのモノの動きを示し、竪穴住居の形の変化も播磨の影響を物語っています。流れは一方方向ではなくて、弥生後期、石器から鉄器に切り替わると、物流ルートも北南へと変化し、土器や墓の形も丹波は日本海側の影響を受けました。

祭りも丹波篠山が京都系の鉾山なのに対して、氷上は播磨の屋台で加古川の舟運によるものです。

氷上回廊の緩やかな川の流れに舟運が開かれたのは約400年前。闘竜灘(加古川市)から河口の高砂、次いで上流の丹波・本郷までが物流の大動脈となります。下りは丹波と播磨の年貢米上りは塩や肥料や干鰯を積んで、高瀬舟が行きかいました。北前船の西回りルートで物資を輸送すると何日もかかり冬の日本海は波も荒く危険ですが、それに比べれば数倍安全な加古川と由良川の通船計画は何度もお上に出されましたが、幻に終わり、その後鉄道の開通によって舟運の役割はおえることになります。

しかし自然や文化の中に北と南の合流地点を証明するものがたくさん残っています。絶命危惧種のホトケドジョウは県内では丹波市だけにおり、ここが西限ですが、水系を超え、由良川にも加古川にも住んでいます。北のヤマメと南のアマゴの混生、六甲山に住むキベリハムシや、近畿南部のカンサイタンポポの北上も回廊伝いとみられています。

由良川は北へ加古川は南へそれぞれがそこを境に分かれて流れていく分水界を現地に行って感じでみたいなと思いました