前略 吉●理●様

K1の没落とともに、破門たら除名たら前科たら、目を背けたくなるような言葉が、やけにまいまいしている我が道場ですが、君にはお元気な御様子、安心しております。

それにしても今の人間はどうしてこうも自分の事しか考えないのでしょう。アペノミクス?ふざけんじゃない。

株高?我々株など買えない広汎な一般平民にはとんと関係ない別世界の話です。株遊び又は大もうけをしているような輩は、その金で我々のように大根やニンジンを買うわけではないでしょう。汗ひとつかかず余剰の金で貴族振る舞いをしているだけのように見えてしかたがないのです。

円安?誰が輸出するのですか?中小の企業はおよそ高騰した材料を輸入するだけでしょう。堂々と輸出して円安の恩恵を受けるのはトヨタのような一部の大企業だけでしょう。貧富の差が開くだけでしょう。

それでもって「大本営」は景気が良くなったとの自己判断で消費税を上げようとしています。消費税持ち出しの我々医療従事者にとっては死活問題です。

世の中原発反対さえ唱えていれば「先進的」と見られるようです。しかし果たしてそうでしょうか?確かに原発は絶対安全という神話は崩れました。しかしいろんな事が改善され、残った危険はごく僅かでしょう。ではそのごく僅かな危険を恐れて化石燃料を使ったとしたら何が残るでしょうか。それは「僅か」どころか100年200年先には「確実」に地球温暖化が進行し、環境破壊・食糧難、それに伴う争いが起き、イスラムあたりがきっと「核」を使用するでしょう。そうなると福島から避難するどころか、人類全体がどこにも避難できなくなるでしょう。これは「僅かな危険」ではなく、ほぼ100パーセント確実な悲劇なのです。

原発反対をお題目のように叫んでいる人たちは一体後世の人たちの事を考えてやっているのでしょうか?余りにも利己主義に走っているのではないでしょうか。それよりも黙って身近な省エネを自他ともに実践するほうが大事なのではないでしょうか。

まるで沢穂希状態でメマイがしてしょうがない今日このごろ。知らぬまに6人の孫持ち(もうすぐ7人)になってしまう私です。あの子たちの将来が気がかりですが、恐らく何も出来ずに終わってしまうのでしょうね。くわぱらくわぱら。

草々

2013年7月11日 八杉 誠