ミニトマトと巨峰に要注意・・・こんにゃくゼリーだけではありません

昨日私は7人の孫のうち6人目の、1歳半の男の子を亡くしそうな目に遭いました。

夕方私がいつもの金麦を飲みながら、その孫のおもりをしていた時でした。孫はタッパーに一杯入ったミニトマトを時々口にほおばりに来ては、一人で機嫌よくその辺で遊んでおりました。

ところがある時突然泣き出して、私の方へ走って来ました。見ますと既にヒュウヒュウと苦しそうな息をしているではありませんか。

瞬間でトマト詰まりと判断した私は慌てて孫の口の中に指を突っ込んで出そうとしましたが、出てくるどころか、指で押されたトマトはどんどん奥へ入って行きます。しかも孫が泣く度に胸の空気は外へ出て行ってしまい、息を吸い込もうとするとトマトがまるで弁のように塞がってしまい、全然息が吸い込めなくなってしまいました。胸の中にはもう泣くだけの空気さえ残っていません。見る見る内に顔色が変わって行き、しまいにはとうとうチアノーゼで紫になってしまい、声も出ず息も全くしていません。

素人の人ならそこで119番するのでしょうが、救急隊が到着したころには完全に息を引き取ってしまっています。そこで私は咄嗟に孫を逆さに抱き上げ背中を強く叩きました。しかしトマトは出て来ません。ついに私は孫の胸の骨を折るつもりで力いっぱい胸部を瞬間的に締め上げました。すると吐物と一緒にトマトがポンと出てきました。

一命を取り留めた孫はしばらく指をくわえて、シュンとしていましたが、ママが帰宅したころにはもうニコニコとしておりました。

トマトとか大きい葡萄などは、皮が硬く少々の力では破れたり変形してくれません。ある意味マンナンゼリーより危険です。明日からは子供にそれらを与えるときは包丁で半分に切ってあげようと切に思いました。皆さん是非この救急小児科医の体験を覚えておいて下さい。また周囲のお母さん方にも周知してあげて下さい。

私の孫は幸いにも医者の育爺を持っていた為、あの世に行かなくて済んだという体験談でした。