ハワイ往きの飛行機でドタバタ~雲の上でもリラックスさせてもらえない私~

5月の連休に、家内と2人で大好きなハワイ旅行へ行った。私のハワイ好きは、年季が入っていて29回目である。

関空からホノルルまでの退屈な長い飛行時間も、日頃の忙しさから解放されてグッスリ眠ることが出来るため、私にとってはハワイ旅行の楽しみなひと時である。

今回も機内食で貴重な睡眠時間をムダにしないよう、関空でしっかり食事を済ませてから乗り込んだ。

 
飛行機が離陸し、順調に水平飛行に移った。早速、いつものように背もたれを倒し、完全リラックスの状態でホノルルまで熟睡の大勢に入った。(これで準備万端、目が覚めるとホノルルだ!)

ところがである。1時間くらい飛んだところでスチュワーデス(CA)から、「お休み中すみませんが、食事の時間です。お肉にされますか、魚にされますか」と揺り起こされてしまった。(なんと気の利かない航空会社だろう。大抵の航空会社では「お目覚めになりましたら、デイナーの準備をいたしますので、お声掛けください」と書いたメッセージカードを前の座席にそっと張り付けて行くのに・・・。)

そこで、「I need not dinner nor Drink.」と断った。


これでようやく安心して眠れそうだとブランケットを被るや否や、ハプニングが起きた。

 
「重病人が発生しました。お客様の中でドクターはいらっしゃいませんか!」

 
機内放送が流れた。

大急ぎでアイマスクをおでこにズラして、例のCAの誘導でその乗客の席へ駆けつけてみると、35歳位の男性がバーフバックを持ってゲボゲボはいているではないか。

日本では、ノロ・ロタウイルス感染症がまだ流行っていたので、CAへマスクを持ってくるよう頼んだが、あいにく積んでないとのことだった。緊急時なのでおでこのアイマスクをマスクに代用し診察に臨んだ。


患者の隣席の奥さんに下痢の有無を問い合わせたところ、無いとのことだった。CAに体温計・聴診器・血圧計・懐中電灯を用意するように指示して、体温を測ったところ平熱だったので、まずノロ・ロタの可能性は除去された。また四肢の麻痺はなかったので脳梗塞もオミットされた。さらに胸部痛もなく聴診上異常はなかったので心筋梗塞・不整脈の可能性も否定された。最後に血圧を測ったところ、上が85位であった。さらに奥さんによると普段から血圧は低いほうで、乗ってからビールを一缶飲んだとのことだった。

これは低血圧がビールと上空の低気圧によって助長された一時的脳嘘血発作であると判断した。そうしているうち患者はだんだんと意識を失ってしまったので私の指示で床に寝かせ、ベルトをとき、下肢を挙げ、枕をはずさせて、かつ嘔吐に備え横向きで寝かせるよう指示をした。

先ほどのパーサーが不安げな表情で関空へ帰るべきか、そのままホノルルまで行くべきか恐る恐る問い合わせてきた。私は冷静に「Go to HONOLULU.  I guarantee his health」(ホノルルへ行ってください。私が診ています。)と即座に答え、更に詳しく,日本で流行っているノロ・ロタウイルス感染症ではなく、他の乗客へ伝染する可能性もないし、脳梗塞、心筋梗塞などの緊急性もないので、低血圧に対する保存的療法で十分であると説明した。パーサーはすぐに報告に行き、機長も私のアドバイスに納得して飛行機は引き返すことなくハワイに向かった。(この時、乗客みんながホノルル行きにホッとしたことだろう。もちろん一番ほっとしたのはこの私。患者さんが重篤でなくてよかった。)

 
そうこうしているうちに患者は徐々に意識を回復し、全身状態が落ち着いてきたので、私も自分の席へ戻った。ようやく、睡眠に入れたのである。(ヤレヤレ。)


ホノルルに付くと、例のCAはもちろん、飛行機のスタッフ全員が笑顔で私に握手を求めてきた。

 「Thank  you !  Thank  you ! 」

(まるで英雄扱いのように感謝された。)

 

毎度のことながら、家内とのハワイ珍道中はさらに続く・・。 

 <おまけ>

クレームの謝罪と、感謝の気持ちが込められたサービス券。

 

img02.jpg


 


アンリ・デュナンとオリンピック

 先日宝塚に赤十字の産みの親アンリ・デュナンの物語「ソルフェリーノの夜明け」を見に行って来た。一方家に帰ってみるとテレビでオリンピックをしていた。この二つの事は一見全く関係がないように思われるが、私はその二つに大きな共通の理念がある事に気付いた。

 赤十字の理念は敵味方なく人を助け、人類の幸福と世界の平和を願う事である。またオリンピックの理念も敵味方なく技を競い、戦争を回避し人類の幸福と世界の平和を祈願する事である。ところが今回の国母選手の騒動はこの根本精神を全く忘れてしまった発想から来ていると思われる。

 確かに国母選手の服装と態度は褒めたものではないし、私自身どちらかと言うと好きではない。しかし問題は彼が誰も殺してはいないし、誰の物も取っていないし、誰をも傷つけていないし、攻撃すらしていない「危険ない」存在にも拘らず、彼がひたすらしてきた努力を外力が潰そうとした事なのである。無害な人間の行く手を遮り、将来を閉ざすような事を何故他人がしなければならないのか全く理解できないのである。出場停止どころか召還などもっての他なのである。攻撃性の全くない人間に対して、自分と異質な存在だというだけで何故そのような攻撃をしないといけないのか全くおかしいのである。そのようなところに諍いと争いが生まれていくのである。戦争回避を目的としているオリンピックで争いを作り出してどうすると言うのだ。オリンピックは異なった国・人種・習慣・服装の人間が集まり、お互いが認め合い許し合い、歩み寄り平和を追い求めるのが目的なのではないか。処罰を求める人は形ばかりを考え精神を忘れているのである。

 世界は大きく変わっている。世界の首脳同士すらノーネクタイで会談するご時世である。進んだ国では小学生でも化粧を自由にするとか言う。バンクーバーの大通りのオブジェは、丸めた紙くずを人の背丈もある金属で形作って堂々と置かれているのである。今時何が正しくて、何が間違っているのか誰も偉そうに言えないのである。害がなければ何でもそっとしておいてやるという広い心が必要なのではないか。処分はまるで国民総動員を発令し国防服を皆に着せようとしているような発想のようだと思うのは考え過ぎであろうか。出場辞退を申し出たスノボ協会のお偉方は、アバクロやホリスターを知っているのであろうか。

100222.jpg


(2010年2月20日 院長 八杉 誠)


武道人の品格

2月6日の午後10時よりNHKで朝青龍の引退について、やくみつる氏・元横綱北乃富士・NHK司会者が対談をしていた。

 しかしその内容は的はずれであり、かつお粗末なものであった。

 まず朝青龍を引退に追い込んだ理由は横綱の品格に欠けたからだと言う事で意見が一致し、後の議論の前提となっていたが、それは大きな間違いである。引退しないといけなかった大きな理由は2つある。その一つは仮病を装って偽診断書を相撲協会に提出した職場放棄である。2つ目は明らかな傷害事件を起こしたという事実である。それは事件化していようが、示談により事件化していなかろうが明らかな犯罪であり、そのような前科者に神聖なる国技をさせてはならないのである。ましてや武道家の手は「神の手」であるべきものであり、それをもって一般人を傷つけるなど持っての他なのである。そこを誰も指摘しなかったのは全くもって的はずれとしか言いようがなかったのである。

 そのような拍子抜けの進行の中で次なる議論は「品格」についてのやりとりであった。司会者が「品格」の定義を出席者に求めたところ、3人の回答者はこぞって「見えない・はかれない・答えようがない」と答えていたのである。何の為のゲストだったのであろう。その程度なら誰でも発言できるのである。出演料を払う必要などないのではないか。

 「品格」は和英辞書には載っていない。「品」はeleganceと訳されている。しかし品格とはそんな軽いものではない。では「格」は何なのだろうか。自分はそれをdignity 即ち「威厳」と解釈する。

 勝負には必ず勝者と敗者がいる。即ち自分が勝者なら、相手は敗者。自分の存在は敗者の存在があっての上なのである。言ってみれば自分が今あるのは敗者のお蔭なのである。ある意味敗者に感謝の念を持つべきなのである。朝青龍について言ってみれば、その感謝の念は取り組み相手のみならず、そこ迄育ててくれた親方・部屋・相撲協会・多くのファン・日本の社会に対して持ち、そしてその長い歴史に深い感謝と畏敬の念を抱くべきなのである。大きな歴史の歯車の中では、たった一人の人間の存在など無に等しい事を謙虚に痛感すべきなのである。そして次に敗者の体と心の痛みに思いやりを馳せるのが必要なのである。更に自らの技と行動が世の光になるよう奉仕の心がなければならない。その「感謝・思いやり・奉仕精神」が揃ってこそ品格というものではないだろうか。自分が勝ったら「自分が一番偉い、自分より偉いものはない」等と考えてしまうと、その人はもうそれ以上進歩はしないのである。

 東洋の考え方ではもともと森羅万象全ての存在は同一平等なのである。その中で仏様に「お前は人間・お前は空・お前は山・お前は川」などと振り分けられただけなのである。従って人間社会もたまたま総理大臣役に当たったり、ホームレス役にならされたりしているだけの事なのである。従って「自分一人で偉くなった・世の中自分一人」などという考え方は東洋思想ひいては日本の国技とは相容れないのである。与えられた役柄をただ従容として受け入れ、かつその演技を最高に美しく演じないといけないのである。

 正直と謙譲の美徳を発揮してこその「品格」なのである。但し日本の中心にある政界自身が嘘と金銭で汚れきっているのでは、世も末としか言いようがないのであるが。

 100210.jpg

(2010年2月10日 院長 八杉 誠)
 


子供のハナ、耳鼻科へ行く?小児科へ行く?

お子さんが鼻水を出している場合、耳鼻科に駆けつけるお母さん方が多いようです。しかし耳鼻科は大きく分けて外科系に属していますし、毎日耳鼻科に通って鼻水を吸ってもらっても、根本的な解決にはなりません。しかも子供は一般的に言って外科系のドクターを怖がり、医者嫌いになってしまう事が多いものです。処方にしても外科系の医師の、小児に対しての薬は、咳・鼻・熱の成分が一定の割合で入った総合感冒薬が多く、小児科医が一人ずつのお子さんの症状に合わせて、別々の割合と体格を考えて手作りで処方するお薬とは、的確性において可なりの違いがあることが多いものです。

何ヶ月も、あるいは半年でも一年でも耳鼻科に通って、あまり病状の改善を見ず、しかも医者嫌いな子供にしてしまうよりも、ハナや、ましてセキが出ればさっさと小児科に行って適切な治療を受けましょう。

090206


人生変えた空手「道」

空手と私の出会いは、30年前にさかのぼる。学生時代、遷延性腎炎に5年間悩まされた私は、その全快が開業時期と一致したこともあって、何気なく近くの町道場に入門した。しかしそこで私が体験したのは、大病克服の反動もあって思いも及ばない快感であった。

頭でっかちになりつつあった私は、すべてを忘れて取り組む「組み手」の魅力に取り付かれた。その「道」を進むのには金も地位も天性の才能もいらない。必要なのはただ努力と忍耐。一着の道着さえあればいいのである。自分をつくっていくのは、自分自身である。高価な道具、例えば、高価なゴルフクラブやランニングシューズ、詐欺まがいの高いトレーニングマシーン、そして人をバカにしたような高い入会金なども一切要らない。

いまや私の人生の中心になったと言っても過言でないこの空手「道」によって、想像もつかない沢山の財産を手に入れた。

まず、子ども達との強いつながりである。幼い子ども達も道場に行きたがったので、4歳になるとすぐに次々入門させた。そこで子ども達が見たのは、自分達よりも上の帯の父親であり、そしてまもなく指導員となった父親の姿だった。子ども達は医師としてよりも「道場の指導員」としての父親像を強烈に印象づけられたのであろう。我々親子には、断絶どころか反抗期も全くなかった。そしてこちらが強制したつもりも全然ないのに、「お父さんと同じ方面の仕事をしたい」と言って、気がついてみれば3人とも医学生になっていたのである。知らぬ間に背中をずっと見られていたのだなと、改めて自分を律する気持ちを強めたのであった。

一方、私の患者さん達は、診療の合間に欠かすことなく週2回道場に通い続ける私の姿に、健康への自助努力を無言のうちに感じているようである。私の医院では、簡単にクスリを渡さない。まず自分で健康に対する努力をしてもらうことにしている。毎週火・金の夕方になると、プンと湿布の臭いをさせて診療にあたる私に、誰も健康への自助努力に関して異議を唱えられないはずである。

道場通いは辛い。今日はさぼろうか、クーラーのきいた部屋に寝っ転がってテレビでも見て昼寝したいなという誘惑に何度襲われたことか。しかし、そのたびに私の脳裡にひらめいたのは、私の生徒達の顔である。彼らが待っている、彼らを裏切ってはいけない。そして若い彼らからもエネルギーを与えてもらわねば、と奮い立っては、今日も通い続ける空手「道」の日々である。

(正道会館 三段 八杉 誠)

080821.jpg
元K1世界チャンピオンのアンディ・フグと北区・正道会館にて(写真右が院長)


看護師さん or 看護婦さん?

「では、看護師に服を脱ぐのを手伝わせますから」と、いきなりお医者さんに告げら れ たら貴方はどう感じますか?私なら「待てよ、ひょっとしたら野郎が俺の着替えをさせるのかよ」と思うでしょう。男性の私でも抵抗を感じますし、そこには癒 しも安心も感じません。ましてや、もしも貴方が女性だったら脱衣の介助など絶対に男性にはして欲しくないでしょう。「私に付いて来るのは男性か女性かハッ キリさせといてよ」と思われるでしょう。

 「看護師」という表現の中には、性別は一切含まれていないのです。それが届出など の書類なら、いたしかたない場合もあるでしょう。しかし、医療の現場では、性別は絶対に必要なのです。それは性差別ではなく、必要な性区別なのです。丁 度、文語 体と口語体があるように、書けば「看護師」で、話せば「看護婦さん」でいいのです。書けば「医師」でも、誰もお医者さん本人に向かって「医師さん」とは言 わない でしょう。特に、ある程度怖さを漂わせる必要のある事もあるお医者さんに対して、ナースという存在は何となく甘えさせて欲しい存在で、それは決して「看護 師」ではなくて、「看護婦さん」の方が良いのではないでしょうか。例外として、精神科病棟などのように「男性看護士」のままの表現でいい場合もあります が。

 ちなみに、当院には「看護婦さん」しかおりませんので…。


血液ドロドロ?サラサラ?

 最近盛んに耳にする言葉ですね。一見分かりやすい表現のようですが、誰が言い出したのかこれが大きな間違いの元になることがあります。

 皆さんは血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多くなると血液がドロドロになると考えておられるでしょう。しかし、血液のドロドロ状態は決してそれらの値の高さで決まるものではありません。即ち、血液の粘張度は主に血球(赤血球、白血球、血小板)の多さと血清の蛋白質の多さによって決まるのです。従って貧血、栄養失調、結核、癌などと言った怖い病気になった時には血液は見事にしゃぶ しゃぶ、即ちサラサラになるのです。血沈の悪さはそのサラサラの程度を見る為にあるのです。逆に、健康そのものの人の血液はしっかりしていてドロッとしているのです。

 先日、そのドロドロという言葉の使い方でちょっとした行き違いまで起きてしまいました。私がある患者様を診察している時に、別の患者様から急ぎの用事とのことで割り込み電話が入りました。電話の向こうの患者様は「私がおたくで今もらっている薬には血液がサラサラになる成分が入っていますか?」と質問されました。私は目の前の患者様を待たせたまま急いで電話の患者様のカルテを探しに行き、その結果コレステロールを下げる薬が入っていることを確認しました。しかし再び電話の向こうの患者様にそれを告げようとした時に、むしろその患者様から、「今から胃カメラをするところなんで」と告げられました。最近の胃ファイバースコープは殆ど生検といって胃の一部をかじり取って検査をします。従ってその後に よく胃の中で出血が起きます。そこに前もって出血を長引かす薬(アスピリンが代表)を飲んでいると大出血になる事がある為に、その場合は胃カメラの検査は出来きません。ですからそこで私がうっかりその患者様に「貴方の飲んでおられる薬には血をサラサラにするものが入っていますよ」と言ってしまうとその患者様の折角の胃カメラ検査が出来なくなってしまいます。だからといって確かに世間で言われている「血をサラサラにする薬」は入っているのです。

 私は長時間待ってもらっている目の前の患者様を前に、はてどう答えたら良いのか困ってしまいました。しかし電話の向こうの患者様は胃カメラをする医師から「出血時間を長引かせる薬」または「血を固まらせにくくする薬」の確認を迫られたのだとやっとわかりました。

 そこで正しくその患者様に答えないといけないと考えた私は「コレステロールを下げる薬は入っていますが、この世に血をサラサラにする薬はありませんよ。もっと詳しいお話は来院された時にしましょう」と答えました。正解です。ところが、その答えが不満だったのかその患者様は「そうですか、もうこっちでどうにかしますわ」とおっしゃって、どうやら怒って一方的に電話を切ってしまわれました。それ以来、その患者様は二度と来られなくなってしまいました。

 血サラサラ・ドロドロといった世間の間違った表現がこのような悲劇を生むのです。 親切でしたり言ったりした私の好意が、結局は理解されずにその患者様の為にならなかったのです。医療とは永年のうちにはそのような報われない誤解をされてまうこともあるのかなと一種の悲哀を感じる一幕でした。


子供のお医者さんの選び方

皆さんはお子様のお医者さんをどのようにして選んでおられますでしょうか?先日ポリオの予防接種に出務してつくづく感じた事があります。それは毎年春と秋にはポリオの予防接種がある事は我々小児科医には常識の事であり、それに他の予防接種例えば三種混合やハシカ・風疹などの注射がひっかからないようにするのが当たり前なのですが、大変多くの来所者の方々が、それらを先に受けてしまっていた為にポリオを受けられずに帰られた事です。そのお母さん方に聞きますと殆ど例外なく本当の小児科医にかかっていなかったことがわかりました。

では、本当に子供の事がよくわかっているお医者さんはどう見分けるのでしょうか。まず一般的に言って小児科出身のお医者さんは殆ど例外なく看板に「小児科」を先に書いています。それが先に「内科」「外科」「耳鼻科」「産婦人科」などが書いてあり、その後に「小児科」が書いてあればおよそ「小児科」は「ついで小児科」と考えてよいでしょう。ましてや一番先に臓器例えば「消化器」「循環器」などと書いてあれば絶対に小児科はついでに書いてあるだけだと考えて間違いないでしょう。但し当院のように小児科の専門医であり、かつ内科の認定医である場合も非常にまれにはありますので、そのような情報はホームページなどで確認しましょう。

また医師会に入っていない院所には予防接種や市民健診また感染症情報などと言った地域医療に非常に重要な情報は一切入っていませんので、子供さんのみならず大人の方の診療にも何らかの不具合が生じる事は覚悟しておくべきでしょう。

いずれにせよお子さんの先生は真剣に選んであげる事が非常に大事な事だと思います。


痛くない注射のできる病院

痛くない注射と絶対に風邪をひかない薬を発明したらきっとノーベル賞がとれるでしょう。
それは遠い夢。しかし、もしも子供が注射されても泣かないとしたら、それはきっと大きな成果と言わなくてはならないでしょう。

先日私がオフの時間に公園の横を通り過ぎようとした時の事です。子供を遊ばせていたあるお母さんが私の姿を見るやいなや、いきなり「センセに注射してもらおか。」とその子供に冗談を飛ばしたのです。
その途端その子は突然火がついたように大声で泣き出し、母親の後ろに隠れてしまったのです。
そうです「痛い注射」はそこから始まっていたのです。

わたしの3人の子供たちは小さい時から注射が大好きでした。
「注射は味方、注射はサンタさんが見ていてそれでプレゼントを決めるんだ」と教育していたうちでは持って帰った予防注射を長男だけにしてやりますと、次男が「お兄ちゃんずるい。僕にもしてえ」と逆に泣く始末でした。
そうです。痛くない注射は決して器具や薬だけの問題だけではなかったのです。

当院では子供さんに注射しても、およそ泣くことはありません。
泣く子は注射をする前から泣いているのです。
たとえ泣い ていても、我々スタッフは皆で寄って子供の笑顔を引き出す努力と工夫をどこにもない方法でしております。
まだ呼んでもいないのに待ちきれずに勝手に診察室に入って来る。
母親が連れて帰ろうとすると、「まだ遊ぶ」といって逆にぐずって泣き出す。

明るい声と笑顔の絶えない病院。私たちはそんな「病院」を志しているのです。

※文章の流から「病院」と表現していますが、当院は「診療所」です。

◆Meiji 院長提案によるポスター
070101