月別アーカイブ: 2018年10月

リワーク(復職支援)プログラム(その3)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「リワーク復職支援プログラム」の3回目です。引き続き、リワークプログラム復職支援プログラム)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖リワークプログラムとは?〗(Ⅱ)
復職支援スタッフリワークスタッフ)などリワークプログラムのプロ復職支援プログラムのプロ)の手を借りてリワークプログラムの仲間復職支援プログラムの仲間)と支え合い復職への一歩リワークへの一歩)を踏み出す
⇒全国に先駆けてリワークプログラムをスタート復職支援プログラムをスタート)したのは、NTT東日本関東病院です。1997(平成9)年、うつ病などメンタルヘルス不調で休職中の人が、復職に向けて訓練リワークに向けて訓練)を行うリハビリテーション「職場復帰援助プログラムリワーク援助プログラム)」を導入しました。それまではメンタルヘルス科専門医精神科医・心療内科医)の復職可能リワーク可能)診断書と本人の復職希望リワーク希望)の言葉だけが復職への判断材料リワークへの判断材料)。しかし、実際に職場に復職職場にリワーク)すると5人に1人がメンタルヘルス不調を再発していました。自宅で静養していたメンタルヘルス不調者いきなり復職してバリバリ働くいきなりリワークしてバリバリ働く)ことは現実的に難しいです。まず、身体を慣らしていく必要があったのです。
その後、うつ病などメンタルヘルス不調からの復職支援をする動きリワークをする動き)が広がっています。2008(平成20)年春に結成されたメンタルヘルス専門医療機関のネットワークもその1つ。現在、全国56ヵ所のリワークプログラムを持つ復職支援プログラムを持つ復職支援施設リワーク施設)などメンタルヘルス専門医療機関メンタルヘルス科専門医師精神科医師・心療内科医師)や復職支援専門スタッフリワーク専門スタッフ)がリワークプログラムに参加復職支援プログラムに参加)し、より効果的な復職支援より効果的なリワーク)を目指しています。2002(平成14)年に設立されたNPO法人MDA(うつ・気分障害協会)は、当事者・家族のためのサポートグループの先駆けとして、キャリアサポートに力点を置いた独自の復職支援活動リワーク活動)を展開しています。
厚生労働省によると、うつ病などメンタルヘルス疾患の患者数は、ここ10年ほどで2倍以上に増えています。中でも30~40代の働き盛りの世代に多いです。職場うつ病などメンタルヘルス疾患も時代とともに変わりつつあります。最近は全体としてメンタルヘルス疾患が軽症化してきているとの指摘もあります。
メンタルヘルス疾患の軽症化は治りやすいということではないです。抑うつ症状がありながらも、何とか仕事をこなせるが、治療をせずに放っておくと、メンタルヘルス疾患が慢性化してしまいます。年単位でこのメンタルヘルス疾患の慢性化状態を引きずっている人も少なくないといいます。
また、成果主義や不安定な雇用の広がりなど、職場をめぐる環境も変化しています。
職場うつ病などメンタルヘルス疾患ストレスに弱いからと、これまで負荷をかけずにきたが、心理療法を積極的に取り入れると同時に、負荷をかけて、自分自身に立ち向かっていく姿勢を身につけることが大切です。
メンタルヘルス専門医療機関内にある復職支援施設メンタルヘルス専門医療機関内にあるリワーク施設)など医療機関に代表されるリワークプログラム医療機関に代表される復職支援プログラム)、MDAによるキャリアサポートセミナーなど、復職支援にはさまざまなプログラムリワークにはさまざまなプログラム)があります。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


火曜日勤務の葛原です。

NHKの連続テレビ小説の「まんぷく」面白いです。福ちゃん役の安藤サクラさんが最高。冒頭のテーマソングでのパフォーマンスから楽しませてくれます。診察では朝の定時起床を勧めていますが、福ちゃん踊りでホッコリした気分で1日を始めて下さい。
最近、日照時間が短くなるのに伴い、朝の日の出も遅くなってますが、皆様は今まで通り定時起床ができてますか?夜の定時就寝や朝の定時起床ができず遅刻・欠勤など生活リズムの乱れや、午前中の気分の憂うつ食欲不振倦怠感など日内変動によるメンタルヘルス不調が認められる時は、うつ病の可能性も疑われるので要注意です。特に毎年秋から冬にかけての時期は、夜の不眠や朝のメンタルヘルス不調による日内変動が悪化しやすく、仕事や日常生活に支障が出てお困りの方は、豊中市 千里中央心療内科杉浦こころのクリニック」へ早めにお電話下さい。


リワーク(復職支援)プログラム(その2)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「リワーク復職支援プログラム」の2回目です。引き続き、リワークプログラム復職支援プログラム)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖リワークプログラムとは?〗(Ⅰ)
リストラに成果主義、未曾有の世界同時不況ーー。働く人々を取り巻く環境は過酷さを増し、ストレスの種類もさまざまであり、メンタルヘルス不調をきたす人が増えています。うつ病双極性障害などメンタルヘルス疾患の患者数は2011(平成23)年の調査で推計95万8000人です。1996(平成8)年の2.2倍におよんでいます。休職者のうち、がんや消化器系、循環器系の患者数はあまり変化していないのに対して、うつ病などメンタルヘルス疾患の患者数は増加しています。職場うつ病などメンタルヘルス不調で休職する人、復職しても再びメンタルヘルス不調を訴える人リワークしても再びメンタルヘルス不調を訴える人)も多く、働く人にとっても、企業にとっても深刻な問題になっています。メンタルヘルス不調により、1ヵ月以上休職している人の数にも、増加傾向がみられます。うつ病休職者などのメンタルヘルス不調者が増加するなか、注目されているとりくみが、「リワークプログラム」注目されているとりくみが、「復職支援プログラム」)で、職場のうつ病などメンタルヘルス不調からの復職をたすけるしくみリワークをたすけるしくみ)です。最近では、うつ病からの復職支援うつ病からのリワーク)をするリワークプログラムが全国で実施復職支援プログラムが全国で実施)され、復職をたすけるリワークをたすけるリワークプログラムが全国に広がって復職支援プログラムが全国に広がって)います。単なるメンタルヘルス症状の回復だけでなく、復職後リワーク後)のメンタルヘルス不調の再発予防までをみすえ真の復職をめざすとりくみ真のリワークをめざすとりくみ)です。
うつ病などメンタルヘルス疾患による休職を乗り越え、職場の前線に復職職場の前線にリワーク)するまでには、いくつものハードルがあります。しかし、社会にはたくさんの復職支援が用意リワークが用意)されています。復職支援のためのリハビリリワークのためのリハビリ)であるリワークプログラムを実施復職支援プログラムを実施)する復職支援施設リワーク施設)などメンタルヘルス専門医療機関、無料で復職支援相談リワーク相談)に乗ってくれる窓口、支え合うリワークプログラムの仲間復職支援プログラムの仲間)の存在ーー。孤立せず社会とつながり、着実に職場への復職をめざし職場へのリワークをめざし)ます。
リワークとは、return to workを略した言葉で、復職を意味しています。復職に向けたリワークに向けた)リハビリテーションをおこない、仕事ができるようになるまでメンタルヘルス不調からの回復をうながします。また、これまでの行動や考え方を見直して、ストレスへのセルフメンタルヘルスケアの方法を身につけることで、上記うつ病などメンタルヘルス不調の再発、再休職を防ぐことをめざします。つまり、リワークプログラムとは、復職の成功とメンタルヘルス不調の再発、再休職予防をたすけるしくみです。職場復帰するだけリワークするだけ)でなく“就労継続”を見据えた復職支援“就労継続”を見据えたリワーク)のいまを今後紹介していきます。
■休職のくり返しは自己責任?
上記うつ病などメンタルヘルス疾患で休職をくり返すと、1回目より2回目、2回目より3回目と、休職期間は長期化し、また、復職後の再休職までの日数リワーク後の再休職までの日数)は回数を重ねるごとに短くなっていく傾向があります。このように、休職をくり返すのは誰の責任なのでしょうか。
一般的に、企業には安全(メンタルヘルス)配慮義務があり、労働者には自己(メンタルヘルス)管理義務があると提唱されています。健康増進法という法律でも、労働者のメンタルヘルス管理義務がとなえられています。労働者にはメンタルヘルス管理が求められるのです。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


リワーク(復職支援)プログラム(その1)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回から「リワーク復職支援プログラム」というタイトルで、リワークプログラム復職支援プログラム)について詳しく触れたいと思います。
仕事をしていて、うつ病などのメンタルヘルス不調になって、しばらく休職してから、復職したいリワークしたい)と思う人は、たくさんいます。復職すればリワークすれば)、職場ではメンタルヘルス不調になる前と同じストレスがあります。つまり、(本人にとっては考えたくないことですが)復職時リワーク時)にメンタルヘルス不調が再発する可能性は、否定できないのです。メンタルヘルス不調が再発しては、本人はもちろん、家族も職場も、みんなが困ります。
休んでいるときは、「復職すること」がゴール「リワークすること」がゴール)にみえますが、本当のゴールは、「メンタルヘルス不調が再発しないで仕事を続けること」です。復職前リワーク前)には、メンタルヘルスの調子を整え、休んでいる間に落ちてきたメンタルヘルス症状をとり戻すことが必要ですが、これだけでは、「目前の復職目前のリワーク)のハードル」を越えるだけです。「メンタルヘルス不調が再発しないで仕事を続ける」ためには、職場で以前と同じようなストレスに出会ったときの対応力を、以前より改善しておく、長い目でみたとりくみが必要です。職場のストレスには、対人関係が影響するので、対人葛藤の受け取り方(認知)、自分の考えの伝え方(アサーション)についても、振り返っておいたほうがよいでしょう。
復職する人リワークする人)には、「メンタルヘルス疾患が再発する可能性」という脆弱性ーーマイナスな面と、「仕事をする能力がある」という資質ーープラスな面があります。この二つの面を統合して、「マイナスな面が出ないように、プラスな面を伸ばす」「気をつけながらがんばる」という、新しい考え方、新しい生き方を身につけてもらうことが、リワークプログラムの目的復職支援プログラムの目的)です。
リワークプログラムの長所復職支援プログラムの長所)は、仲間がいることです。復職しようとするときリワークしようとするとき)に、まわりに同じような状況の人がいないために、孤独を感じることが多いのですが、リワークプログラムでは、同じ状況にある参加者復職支援プログラムでは、同じ状況にある参加者)が、お互いに共感し合ったり、支え合ったりしています。新しい考え方、新しい生き方を、長期的に身につけるとき、リワークプログラムの仲間復職支援プログラムの仲間)の存在は、とても大きなたすけになります。
次回以降、リワークプログラムについて、わかりやすく説明復職支援プログラムについて、わかりやすく説明)していきます。復職を考えている人リワークを考えている人)、家族、復職する人を迎える職場の人リワークする人を迎える職場の人)に、是非参考にしてほしいと思います。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


復職支援(リワーク)(その117)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「復職支援リワーク)」の117回目です。引き続き、復職支援(リワーク)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖リワーク(Re-Work)とは?〗(ⅩⅩⅦ)
職場復帰再教育リワーク再教育)・職場復帰訓練の制度リワーク訓練の制度
⇒従来、一部の企業では、メンタルヘルス疾患により休業した労働者で、期待される業務遂行能力の回復に長期間を要すると考えられる者が、復職をしたうえで負荷の低い業務に従事リワークをしたうえで負荷の低い業務に従事)できるような部署(職場復帰訓練班リワーク訓練班))を設け、運営してきました。復職訓練班で行われる業務リワーク訓練班で行われる業務)は、比較的単純な繰り返し作業、事業場内の緑化・清掃、工具類の維持管理などで、細かい指示命令は出されなかったです。本制度の狙いは、当該労働者が、事業場内で何らかの作業をすることを通じて、時間はかかっても少しでも業務遂行能力を高め、少しでも元の水準に近い職務に就けるようになることにありました。復職訓練班の対象者リワーク訓練班の対象者)には、外傷や脳血管疾患などにより少なからぬ後遺障害を負った者に加えて、統合失調症や気分障害(うつ病躁うつ病)などのメンタルヘルス障害に罹患した労働者も含まれていました。
当初、この職場復帰訓練班は、労働者から好評リワーク訓練班は、労働者から好評)をもって迎えられました。メンタルヘルス保健活動の観点からは、集団療法的な効果も期待されたかもしれないです。しかし、数年にわたる経過をみると、必ずしも狙い通りの成果を挙げられたわけではなかったです。雇用が安定していたという時代背景もあろうが、配属された労働者の多くは復職訓練班での仕事リワーク訓練班での仕事)や居心地に安心感、さらにはある意味での満足感を覚え、業務遂行能力の向上が見込める労働者にも、作業水準を高める意欲があまり感じられない事態がみられました。
今後、こうした復職訓練班による取り組みリワーク訓練班による取り組み)を推進する場合は、労働者それぞれに短期および中期の作業達成目標を立て、それに向けての計画、定期的な作業の評価などを行うシステムを構築するなど、復職訓練の制度設計リワーク訓練の制度設計)の工夫が必要でしょう。
◎公務員の職場復帰支援リワーク支援
⇒労働安全衛生法の適用にならない国家公務員については、2005(平成17)年人事院が「円滑な職場復帰円滑なリワーク)及びメンタルヘルス疾患の再発防止のための受入方針」を各省各庁に示し、2010(平成22)年には「試し出勤」の制度などを新たに盛り込んだ改定がなされました。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


復職支援(リワーク)(その116)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「復職支援リワーク)」の116回目です。引き続き、復職支援(リワーク)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖リワーク(Re-Work)とは?〗(ⅩⅩⅥ)
リワークプログラム復職支援プログラム)⓮
復職支援施設リワーク施設)など医療機関におけるリワークプログラム医療機関における復職支援プログラム
(4)リワーク活動の要素復職支援活動の要素
⇒これまで説明してきたように復職支援施設など医療機関リワーク施設など医療機関)においてはリワークプログラムはデイ・ケア、作業療法や集団メンタルヘルス療法などの診療報酬体系の枠組みで実施復職支援プログラムはデイ・ケア、作業療法や集団メンタルヘルス療法などの診療報酬体系の枠組みで実施)されています。リワークプログラムの提供復職支援プログラムの提供)のしかたをリワーク活動復職支援活動)と考えれば、リワーク活動の要素は、以下の4点に集約復職支援活動の要素は、以下の4点に集約)できます(表1)。
◇表1 復職支援機関リワーク機関)などメンタルヘルス専門医療機関におけるリワーク活動の4要素復職支援活動の4要素
『①治療の一環としてのリハビリテーション:休養と薬物療法に加え、第3の治療技法
復職支援機関など医療機関リワーク機関など医療機関)においてリワークプログラムを実施復職支援プログラムを実施)することが治療行為の一環である、という位置づけをメンタルヘルス科専門医精神科医・心療内科医)と復職支援スタッフリワークスタッフ)が認識していることが重要である。本人の意思で主体的にリワークプログラムに参加復職支援プログラムに参加)するというモチベーションを維持しつつ、復職を果たすリワークを果たす)ことが必要である。会社や家族から強く勧められ本人としてはしぶしぶリワークプログラムに参加しぶしぶ復職支援プログラムに参加)しても、本人にリワークプログラムへの参加意欲復職支援プログラムへの参加意欲)がなければリワークプログラムの治療効果復職支援プログラムの治療効果)は発揮できない。そのために職場復帰支援施設リワーク支援施設)などメンタルヘルス科専門医療機関では通院を必須の条件としており、リワークプログラム終了後復職支援プログラム終了後)も治癒まで一貫した治療を継続している
②集団において心理学的手法を利用:集団での協働作業や役割分担を通じて対人交流スキルを獲得/メンタルヘルス疾病教育や心理社会教育による自己管理(セルフメンタルヘルスケア
集団でリワークプログラムが行われる集団で復職支援プログラムが行われる)ことに意義があり、そこで心理学的手法が多用されることがリワークプログラムを構成する重要な要素復職支援プログラムを構成する重要な要素)である
復職準備性リワーク準備性)の確認:復職後リワーク後)にメンタルヘルス疾患が再発しないか、メンタルヘルス症状寛解だけでなく、生活リズム、活動性、対人交流、ストレス耐性を確認し、産業保健スタッフと情報共有
リワークプログラム実施復職支援プログラム実施)における一つの大きな目的は、復職に当たりリワークに当たり)どの程度安全に復職安全にリワーク)できるかを多面的に評価して復職準備性を確認リワーク準備性を確認)することである。そして、復職準備性の確認結果リワーク準備性の確認結果)を産業医や産業保健スタッフと共有できる情報としてリワークプログラムに活用復職支援プログラムに活用)すれば、復職に資するリワークに資する)ことができる。また、このようなリワークプログラムでの評価復職支援プログラムでの評価)を通じて本人の主体的にリワークプログラムに参加主体的に復職支援プログラムに参加)するというモチベーションを維持する効果もある
復職だけでなく、再休職予防リワークだけでなく、再休職予防)が最終目標:外的要因だけでなく、休職に至った内的要因を分析し、メンタルヘルス疾患の再発を防ぐ
⇒最終目標は再休職の予防である点である。そのためには今回までの休職の理由が自分自身で整理され、自分なりの復職後の再休職予防策リワーク後の再休職予防策)が用意されている必要がある。そのために、職場復帰支援機関リワーク支援機関)などメンタルヘルス科専門医療機関ではリワークプログラムに参加した全員復職支援プログラムに参加した全員)が主治医(精神科医師・心療内科医師)とともに休職に至った自己分析を実施し、休職に至るまでのメンタルヘルス不調の変化、その間の環境因子に加えて、自分に潜む内的な因子を考え、文章化している』
リワークプログラム利用者復職支援プログラム利用者)にとっては、このような「自己洞察」のプロセスにおいて多くのことを学ぶとともに、自己の内面に目を向けて今後の仕事のしかたやストレス対処のしかた、場合によっては生き方まで変えていく機会となります。
リワークプログラム実施の際復職支援プログラム実施の際)に実感されることとして、リワークプログラム利用者のモチベーション復職支援プログラム利用者のモチベーション)が維持され、意欲的にリワークプログラムに参加意欲的に復職支援プログラムに参加)し、主体的に考え行動するようになると、リワークプログラムで得られたこと復職支援プログラムで得られたこと)が実って復職のチャンスリワークのチャンス)が熟成してきます。リワークプログラム利用者が終了後復職支援プログラム利用者が終了後)に復職を果たしリワークを果たし)ても、現実的にはリワークプログラム利用者の全員復職支援プログラム利用者の全員)が再休職せずに治療の終結にまで至るわけではないです。それでも、彼らと家族にとっては、リワークプログラムに参加して得られたこと復職支援プログラムに参加して得られたこと)が貴重な体験であることは間違いないです。粘り強く治療を続けていけば、復職までは長い道のりリワークまでは長い道のり)であるが、休職をしたという重い体験から必ずや解放され復職できるとの希望リワークできるとの希望)を持ち、私たちメンタルヘルス専門医心療内科医・精神科医)や復職支援施設のスタッフリワーク施設のスタッフ)もリワーク活動を行っていく復職支援活動を行っていく)必要があります。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


復職支援(リワーク)(その115)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「復職支援リワーク)」の115回目です。引き続き、復職支援(リワーク)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖リワーク(Re-Work)とは?〗(ⅩⅩⅤ)
リワークプログラム復職支援プログラム)⓭
復職支援施設リワーク施設)など医療機関におけるリワークプログラム医療機関における復職支援プログラム
(3)リワークプログラムの調査復職支援プログラムの調査)から見た標準化リワークプログラム標準化復職支援プログラム
リワークプログラムとうたって復職支援プログラムとうたって)いても、リワークプログラムの内容復職支援プログラムの内容)が復職支援としてふさわしくないものリワークとしてふさわしくないもの)もあるという批判を、しばしば耳にします。このような批判に対し復職支援を目的リワークを目的)とする標準的なリワークプログラムを示す標準的な復職支援プログラムを示す)ことを目的として、現在実施されているリワークプログラム現在実施されている復職支援プログラム)が調査されました。全国の復職支援施設全国のリワーク施設)などメンタルヘルス専門医療機関を対象にリワークプログラムが調査された結果復職支援プログラムが調査された結果)、73.3%の復職支援施設73.3%のリワーク施設)よりリワークプログラムの回答復職支援プログラムの回答)が得られました。
リワークプログラムを実施復職支援プログラムを実施)する形態
リワークプログラムをどのような形態で実施復職支援プログラムをどのような形態で実施)しているかについては、表1に示すように、個人リワークプログラム個人復職支援プログラム)、特定心理リワークプログラム特定心理復職支援プログラム)、教育リワークプログラム教育復職支援プログラム)、集団リワークプログラム集団復職支援プログラム)、その他のリワークプログラムその他の復職支援プログラム)、とした5つの区分のリワークプログラムの実施形態の定義復職支援プログラムの実施形態の定義)により、リワークプログラムごとに最も当てはまる実施形態復職支援プログラムごとに最も当てはまる実施形態)の一つを選択してもらいました。その結果はその他のリワークプログラムが全体の32.1%その他の復職支援プログラムが全体の32.1%)を占めて最も多く、次いで、集団リワークプログラムが20.5%集団復職支援プログラムが20.5%)を占めました。以下、特定心理リワークプログラム20.1%特定心理復職支援プログラム20.1%)、個人リワークプログラム15.4%個人復職支援プログラム15.4%)、教育リワークプログラム12.0%教育復職支援プログラム12.0%)の順でした。
◇表1 リワークプログラムの実施形態の定義と該当割合復職支援プログラムの実施形態の定義と該当割合
『●個人リワークプログラム(実施形態)個人復職支援プログラム(実施形態)
ーー(定義)ほかのリワークプログラム参加者復職支援プログラム参加者)との交流を主な目的とせず、文字や数字、文章を扱う机上における作業を実施する中で、主に集中力・作業能力・実践力の確認や向上を目的として実施しているリワークプログラム集中力・作業能力・実践力の確認や向上を目的として実施している復職支援プログラム)(数72、割合15.4%)
特定心理リワークプログラム(実施形態)特定心理復職支援プログラム(実施形態)
ーー(定義)認知行動療法、SST、対人関係療法、グループカウンセリング、サイコドラマなどの特定の心理療法を実施するリワークプログラム特定の心理療法を実施する復職支援プログラム)(数94、割合20.1%)
教育リワークプログラム(実施形態)教育復職支援プログラム(実施形態)
ーー(定義)メンタルヘルス疾病理解、メンタルヘルス症状の自己理解(セルフメンタルヘルスケアとコントロール)を主目的とし、講師がいてテキストを使用するような講義形式で実施しているリワークプログラム講義形式で実施している復職支援プログラム)(数56、割合12.0%)
集団リワークプログラム(実施形態)集団復職支援プログラム(実施形態)
ーー(定義)協同作業、役割分担、対人スキル向上などを主な目的として実施し、集団で行う意図が明らかなリワークプログラム集団で行う意図が明らかな復職支援プログラム)(数96、割合20.5%)
その他のリワークプログラム(実施形態)その他の復職支援プログラム(実施形態)
ーー(定義)運動、個人面談、創造、動機づけなど、上記のいずれにも該当しないリワークプログラムいずれにも該当しない復職支援プログラム)(数150、割合32.1%)』
標準化リワークプログラムとその適用標準化復職支援プログラムとその適用
5つの実施形態ごとに行われているリワークプログラム5つの実施形態ごとに行われている復職支援プログラム)の中から、代表的なリワークプログラム像代表的な復職支援プログラム像)を抽出し、「リワークプログラムでのグループの構成復職支援プログラムでのグループの構成)の違い」「リワークプログラム中復職支援プログラム中)の復職支援スタッフの観察リワークスタッフの観察)の要素」「復職支援スタッフリワークスタッフ)の復職支援方法リワーク方法)のポイント」「週当たりリワークプログラムの実施時間復職支援プログラムの実施時間)」の4項目も整理して加え、標準化リワークプログラムが作成標準化復職支援プログラムが作成)されました。
この標準化リワークプログラムこの標準化復職支援プログラム)に対し、復職支援施設など医療機関リワーク施設など医療機関)ごとでの現在のリワークプログラム実施状況復職支援プログラム実施状況)が調べられたところ、7割以上の復職支援施設7割以上のリワーク施設)で4以上の実施形態でリワークプログラム4以上の実施形態で復職支援プログラム)が行われていました。このことから、4以上の実施形態をリワークプログラム上で実現4以上の実施形態を復職支援プログラム上で実現)するには、デイ・ケアにおいても少なくとも週4日でリワークプログラム少なくとも週4日で復職支援プログラム)、できれば週5日でリワークプログラムが提供できれば週5日で復職支援プログラムが提供)されていることが望ましいと考えられました。したがって、5区分の実施形態を持つリワークプログラム5区分の実施形態を持つ復職支援プログラム)を提供していくためにはデイ・ケアでも週当たり4日以上のリワークプログラム週当たり4日以上の復職支援プログラム)、すなわち実質的に20時間以上のリワークプログラム20時間以上の復職支援プログラム)でなければ標準化リワークプログラムの5区分を実施標準化復職支援プログラムの5区分を実施)することは困難と考えられます。このようなことから、通院集団メンタルヘルス療法メンタルヘルス科作業療法、ショートケアのみで実施されているリワークプログラムショートケアのみで実施されている復職支援プログラム)において、標準化リワークプログラムを適用標準化復職支援プログラムを適用)することは困難と考えられ、これらの診療報酬区分におけるリワークプログラムのあり方復職支援プログラムのあり方)は別途検討する必要があると考えられました。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


復職支援(リワーク)(その114)

千里中央大阪府 豊中市・千里ニュータウン)、心療内科 精神科医療法人秀明会 杉浦こころのクリニック」の杉浦です。
今回は「復職支援リワーク)」の114回目です。引き続き、復職支援(リワーク)について詳しく触れたいと思います。
【続き→】〖リワーク(Re-Work)とは?〗(ⅩⅩⅣ)
リワークプログラム復職支援プログラム)⓬
復職支援施設リワーク施設)など医療機関におけるリワークプログラム医療機関における復職支援プログラム
(2)復職支援施設など医療機関リワーク施設など医療機関)で行うリワークプログラムの要素復職支援プログラムの要素
心理社会療法としてのリワークプログラム心理社会療法としての復職支援プログラム
リワークプログラム自体の目的復職支援プログラム自体の目的)は、以下のⓐ~ⓕにまとめられます。
『ⓐ自らのメンタルヘルス症状を把握してメンタルヘルス不調の安定度をはかり、メンタルヘルス不調の悪化の徴候があれば早期の対処を行うためのメンタルヘルス症状メンタルヘルスの自己管理(セルフメンタルヘルスケア)をできるようにすること。これは安全に就労を続けていくために必須のことであり、主治医(精神科医・心療内科医)にメンタルヘルス不調を確実に伝えることも大切である
セルフメンタルヘルスケアができるようになるために、自分のメンタルヘルス疾患を知ってメンタルヘルス症状などを理解すること:いわゆる「メンタルヘルス疾病教育」を行い、メンタルヘルス疾病の成り立ちや治療法、予後などを学び、客観的に自己のメンタルヘルス症状の観察ができてはじめて、セルフメンタルヘルスケアができるようになる
メンタルヘルス疾患の理解が進み自己のメンタルヘルス症状がモニターできることに加え、なぜ自分がメンタルヘルス疾患となったのかの洞察ができるようになること。メンタルヘルス疾患発症のメカニズムは似ていても、人によってメンタルヘルス疾患発症の経緯は異なるので、自分なりのメンタルヘルス疾患発症メカニズムが理解できていることがメンタルヘルス疾患の再発予防には必須である。とかく自らを取り巻く環境要因に対して目が向きがちであるが、とりわけ自己の内的要因に対して十分に目を向けないと、メンタルヘルス疾患の再発予防は困難である
ⓓ気分障害に特徴的な認知の歪みや考え方、物事の受け取り方のパターン化された思考を修正する心理学的手法を学び、身につけること。具体的には認知行動療法などが用いられる場合が多いが、ほかの心理療法も用いられる
ⓔ集団での協働作業を通じてコミュニケーション能力を回復させること。これは職場に戻った際にすぐに必要とされることであり、また、言いにくいことを上手に表現することも大切である。メンタルヘルス疾患療養中には対人関係が家族や友人に限定されてしまうことから、他者とコミュニケーションをとる感覚を取り戻しておくことは、スムーズに復職スムーズにリワーク)を行うためには必須のことである
ⓕキャリアの再構築を行うこと。就労中にメンタルヘルス疾患が発症したことを考えれば、今後の働き方や生き方をもう一度考えておく必要がある。これは特定のリワークプログラムの目的特定の復職支援プログラムの目的)というより、すべてのリワークプログラムを通じて貫かれる視点すべての復職支援プログラムを通じて貫かれる視点)である。メンタルヘルス疾患について知識を得て、自分のメンタルヘルス症状をモニターしながら、休職した理由を環境ばかりではなく自己の内部にもあることを知り、働き方ばかりではなく、生き方まで変容させていくことに繋げる。これらのプロセスで獲得したものは、メンタルヘルス疾患の再発、再燃、再休職に対する強力な防御となり、メンタルヘルス疾病の完全寛解、治癒へと繋ぐ大事な要素となる』
上記のような諸点を達成するためにはリワークプログラムの企画復職支援プログラムの企画)、リワークプログラムの実施復職支援プログラムの実施)においては bio-psycho-social(生物・心理・社会的)な視点を欠くことができず、メンタルヘルス専門医療機関内の復職支援機関リワーク機関)で実施されるリワークプログラムは、心理社会療法復職支援プログラムは、心理社会療法)と位置づけられます。
以上、千里中央駅直結千里ライフサイエンスセンタービル16階・豊中市心療内科杉浦こころのクリニック」の杉浦でした。


火曜日担当医の葛原です

ノーベル医学生理学賞にPD-1の本庶教授。大本命が、やっと選ばれた。台風続きで暗かったが久々の明るいニュース。富田林署からの逃走犯も山口県で逮捕。自転車で日本一周を装って万引き旅行とは。とにかく地元としてはホッとした。
最近は地震・豪雨・猛暑・台風など自然災害続きで暗いニュースが多かったですが、日本人がまたノーベル賞を獲得したのは本当に良かったですね。日本の自然科学や医学領域の研究が、世界でもトップクラスにある事が証明されたのは喜ばしい限りです。ところで、皆様は暗いニュースで気分が憂うつになったり、不眠不安イライラなどメンタルヘルス不調を来してませんか?日本人のノーベル賞受賞など明るいニュースで勇気を貰うのもいいですし、もしメンタルヘルス不調が回復しない場合は、豊中市 千里中央心療内科杉浦こころのクリニック」へ一度ご相談下さい。