食欲の秋(内視鏡①)

食欲の秋ですね!

サンマ、柿、松茸、サツマイモ、そして新米と食べたいものがたくさんあります。皆さんはいくつ召し上がりましたか?!

そんな食欲を支えているのが胃です。胃の調子が悪ければせっかくの美味しいものも楽しめません。

・上腹部の痛み 不快感がある
・胸焼け 喉や胸のつかえ感がある
・空腹時におなかが痛くなる 食後に胃が重い
・吐き気がある 嘔吐 黒い便が出る
・貧血を指摘されている
・胃バリウム検査で異常を指摘された
・体重が急に減った
・過去に胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
・肝硬変と言われている
・食道がん、胃がんの治療をしたことがある

もし1つでも当てはまる方は「胃内視鏡検査」、いわゆる胃カメラを受けることをお勧めします。

胃内視鏡検査は午前診の時間帯(9:00~12:00)であれば朝食を抜いてきていただければ、問診・診察の後、そのまま当日すぐに検査を受けることができます。

当院の胃内視鏡検査は鎮静剤の注射を使用して、患者様にできるだけ楽に検査を受けていただくように配慮しています。検査時間は概ね5分から10分程度です。

検査・治療に関わる器具の多くは検査毎に使い捨てのものを使用し、使い回しは行いません。また自動内視鏡洗浄機を使用して、日本消化器内視鏡学会の内視鏡洗浄・消毒ガイドラインの手順に従って検査毎に洗浄・消毒-を行っております。これによって患者様への病原体の感染を予防し、安全に検査を受けていただきます。

検査後は快適なリカバリースペースで休憩していただきます。

検査の結果によって胃炎、胃潰瘍、胃がんのリスクとなるヘリコバクターピロリ菌の除菌治療などを受けることができます。

胃内視鏡検査に関してお気軽にお問い合わせください。

病院代表:06-6905-8833






DDまっぷ ドクターブログ 一覧