月別アーカイブ: 2016年9月

院長自ら 胃カメラを受けて、ピロリ菌治療を始めました。

こんにちわ。森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

普段は患者さんにピロリ菌の説明と治療をしているのですが、今回は自分自身で治療を始めました。

というのも、先日試しに自分でピロリ菌がいるのか調べてみると(自費診療)、なんとピロリ菌「陽性」と出たのです。これまでピロリ菌について調べるチャンスがなかったですし、自分では「ピロリ菌はいてない」という思いこみがあったのでビックリしました。私の年代でも3~4割はピロリ菌保持者です。

先日 知り合いの病院で胃カメラを受けて、しっかりと慢性胃炎があったため、ピロリ菌の内服薬を処方していただいて、本日より1週間の除菌治療開始です。

みなさんも一度ピロリ菌がいてるか調べて損はないと思います。今回の私自身の経験です。
「まさか私が…」「ひょっとしたら…」と思っているアナタ、強くお勧めします。(ピロリ菌検査だけなら自費診療なのですが)

胃の症状があり、胃カメラまで受けて胃炎がある事が分かれば、ボノサップ ピロリ菌除菌薬保険も効きます。

不明な事があれば クリニックまでご気軽に相談下さい。

 


ピロリ菌、調べてもらえますか?

先日 患者さんから電話で問い合わせをいただきました。

返事は「もちろん可能ですよ。

当クリニックでは①血液検査 ②尿検査 ③胃カメラをした時に同時にチェック などで調べる事ができます。

ただし 注意点が一つあります。それは①②は保険が効かず、自費診療になります。(ホームページの「人間ドック」を参照ください) ③は、ほとんどの場合は保険が効きます。

またピロリ菌が陽性だった場合は、内服薬治療が必要となるのですが、①②の方法では保険が適応されず③は保険が適応されます。

これは国(厚生労働省)の決まりで、「ピロリ菌が陽性で、なおかつ胃カメラで胃炎があった場合のみ、保険で治療を認めますよ」となっているためです。 バリウム検査で胃炎が言われても保険は使えません。

というのも、胃カメラで「胃がんがない」という事も必ずチェックしておかなければならないからです。そもそも、ピロリ菌を除菌するのは「胃がんにならないように」するためです。胃がんになってから、ピロリ菌を殺しても時すでに遅し、なのです。

当クリニックでも③をお勧めしています。 ご理解のほど宜しくお願いします。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

 


地下鉄玉造駅に看板出来ました。

 

地下鉄 玉造駅に看板 設置

皆さんにクリニックを知っていただくため、地下鉄 玉造駅に看板を設置しました。

当クリニックは JR森ノ宮駅直結 地下鉄森ノ宮駅からも徒歩3分という立地ですので

是非 ご気軽に来院していただけたらと思います。

当クリニックは、少しでも楽に内視鏡検査を受けていただけるように

希望される方には出来るだけ鎮静剤を使って「寝ている間に胃カメラ、大腸カメラ」が受けられるように心がけています。車で来院されると鎮静剤は使えないので、是非電車で来院してください。

スタッフ一同 お待ちしています。 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック

IMG_20160830_161520[1]