ピロリ菌 除菌治療 中学生になったら検査しておくべき!?

先月 2月にNHK教育テレビで「ピロリ菌」が特集されていました。

兵庫医科大学 三輪教授がコメントされていました。

ピロリ菌は2歳から5歳まで 遅くとも10歳までには感染していることが分かっています。

そして、いったん感染すると、胃の中に居座り続け、慢性胃炎を引き起こします。

一方で、大人は 口からピロリ菌が入っても退治する事ができます。

 

そこで 三輪先生は ピロリ菌検査を受けた方がよい人の リストで

①家族などに胃がんの人がいる ②塩辛いものをよく食べる ③喫煙している ④胃痛を感じることがある に付け加えて

⑤できれば中学生以上の人全員

と言われていました。

さすがに全員というのは難しいかも知れませんが、その意義は十分にあると思います。

ピロリ菌検査は、血液検査、便検査、呼気試験など 色々な方法があります。

当院でも積極的に調べています。

ピロリ菌外来もしていますので、ご気軽に相談下さいませ。

 






DDまっぷ ドクターブログ 一覧