月別アーカイブ: 2017年5月

内視鏡専門のホームページを追加作成しました。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

この度、内視鏡専門に絞ったホームページを作成しましたので、ぜひご覧ください。

http://www.osaka-naishikyou.com/

より内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)に特化することで、皆さんに 楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラを提供できるように、体制を整えて参ります。

これから夏も本格化します。胃もたれ、食欲低下の来しやすい時期になりますので、栄養のあるものをしっかり取って、夏を乗り切りましょう。

気になる症状があれば、当院までご気軽に相談ください。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 
JR森ノ宮駅直結 玉造、谷町、緑橋、京橋からもアクセス良好
鎮静剤を使った苦しくない胃カメラ 鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラを行っています。


ABC検診(胃がんリスク分類) A群でも安心できない!?

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 森ノ宮駅直結 内視鏡専門クリニックです。
苦しくない胃カメラ、痛くない大腸カメラを行っています。
またピロリ菌専門医資格を有して、ピロリ菌治療も行っています。
ABC検診て、ご存知でしょうか?

最近ドックのオプションでされる方も増えてきました。「胃がんリスク分類」といって、胃がんにかかりやすいかを血液検査で調べることができるというものです。

胃炎の程度を調べるペプシノーゲン法と、ピロリ菌感染を調べる抗体法を調べるものです。

A/B/Cに分類されており A群は「胃炎も少なく、ピロリ菌感染もない」という分類になります。Aが一番胃がんになりにくく 続いてB>Cの順になりにくいとされています。従来、A群は「極めて胃がんになりにくい」と考えられ、A群の場合は胃カメラも必要ないと考えられていました。

しかし、最近 A群の中に慢性胃炎(萎縮性胃炎)の方が10%ほど混ざっていることが報告させています。その多くは、ピロリ菌の除菌目的以外で使用した抗生剤で、ピロリ菌が除去された可能性があるというものです。

ピロリ菌は乳幼児期に感染することがわかっています。大人がいろんな病気で抗生剤を服用してたまたまピロリ菌が消えたとしても、すでに胃の中では慢性胃炎が起こっているということです。

A群でもお腹の症状がある方は、胃カメラを受けることをおすすめします。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック
JR森ノ宮駅直結 ビエラ3階 玉造や緑橋、谷町からもアクセス良好です。


胃がん検診 バリウムで引っかかれば、キチンと胃カメラを!

5月に入り、春の検診の時期がやって来ました。

胃がん検診といえば、バリウム検査

バリウム検査を受けられた方もたくさんいらっしゃると思います。結果は問題なかったでしょうか?バリウムで引っかかった方は、ちゃんと胃カメラを受けておきましょうね。特に胃の症状がある方や、気になる方は…

 胃がんが疑わしいときは、バリウムよりも胃カメラのほうが早期発見率が明らかに高く、胃カメラでは”あやしい”場所をつまんで組織検査(生検)することもできます。

慢性胃炎を認めたときは、ピロリ菌もできるだけ調べておきましょう。これも、胃カメラと同時に調べることができます。

胃のポリープには良いものと悪いものがありますが、悪いポリープの多くはピロリ菌が関与しており、出血や胃がんの原因になります。

当院では、鎮静剤を使ってできるだけ楽で苦痛のない胃カメラをすることができます。経鼻内視鏡(鼻からも胃カメラ)も完備います。

検診で異常がある方や、症状がある方は、胃カメラ検査は保険が適応されます。ご気軽に、当院までお電話ください。胃カメラはホームページから24時間ネット予約もできます。

 森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 
大阪市中央区森ノ宮 JR森ノ宮駅直結の内視鏡専門クリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラと痛くない大腸カメラがウリです。