便潜血検査が陽性になったら…大腸がんが心配な方はぜひ読んでおきましょう。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

大腸がん検診で 便潜血検査を受けた方も多いのではないでしょうか?

便潜血検査は2日に分けて便の表面を棒でこすって、その棒に血液が付いていないかチェックする検査です。つまり「便に血がつく病気があるか」を調べることになります。

大腸がんだけでなく、痔や腸炎、場合によっては胃潰瘍などでも陽性となる事があります。

くれぐれも、便潜血検査は、大腸がんを「診断」する検査ではありません。

大腸がんでも、毎回出血するわけではないので、2回のうち1回でも陽性なら精査が必要です。
進行大腸がんでも10~20%が陰性と、早期大腸がんにいたっては約50%が陰性になるというデータがあります。

つまり、便潜血が陰性でも「大腸がんではない」とは言えないのです。

 

Q便潜血検査は、何のためにするの?

それはこの検査を受けることで、「大腸がんの死亡を減らす」ことが証明されています。

大腸がんは早期発見、早期治療をすることで予後が大きく改善します。

より早期に見つけるための簡単な検査として、便潜血検査があるのです。
(検診で 全員に大腸カメラをするわけにはいきませんよね…)

 

Q便潜血陽性ならば、大腸がんなのか?

実は、便潜血陽性の方の中で、80%の方で「異常なし」と診断されます。20%で大腸ポリープが見つかり、大腸がんが見つかる方は2~3%と報告されています。

 

「便潜血検査で陽性」ならば、大腸カメラを受けましょう!

厚生省のガイドラインでも推奨されています。

早期大腸がんで見つかる事も多く、大腸がんは「早期発見、早期治療」で予後が改善します。

もちろん、便潜血陽性の方だけでなく、「血便がある」「便秘がひどい」「お腹がはる」「便が細くなった」などの症状がある方は、積極的に大腸カメラをしておきましょう。

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをしています。






DDまっぷ ドクターブログ 一覧