月別アーカイブ: 2018年1月

バリウム検査で「慢性胃炎」と書かれたら、必ず胃カメラを受けたほうがいい理由

バリウム検査で「慢性胃炎」と書かれてるのに、放置してはいませんか?

慢性胃炎とは 名前の通り慢性的に胃炎が起こっている状態です。

そうなると胃の粘膜は、本来のツヤツヤの粘膜が、ザラザラになっていき、ひどいとシワが少なくなる(粘膜が萎縮する)状態になります。

それがバリウム検査で見ると、「ザラザラしている」「粘膜不整」「ひだの消失」として観察されます。レポートにもそう記載されることになります。(一度確認ください)

 

慢性胃炎の原因の多くはピロリ菌だと考えられています。

ピロリ菌は5歳までに感染し、そのあと胃の中に棲みついて胃炎を起こします。その間、ほとんど症状が出ることはありません。そして知らないうちに粘膜をザラザラにしてしまうのです。

そして、怖いのはそのザラザラの粘膜から「胃がんが発生する」ということです。

早期胃がんでは、粘膜はわずかに赤くなったり、凸凹になったりするだけで、バリウムで発見することは一般的には困難と考えられています。そこで胃カメラでちゃんと調べて置く必要があります。

先日も バリウムで慢性胃炎を指摘されていながらも3年放置してしまったため、胃がんが見つかった方がおられました。慢性胃炎の原因であるピロリ菌を退治することで、胃がんのリスクを下げることが可能です。(残念ながら ゼロになるわけではありません)

 

ですので、バリウム検査で「慢性胃炎」と書かれていたら、きちんと胃カメラをして、胃炎だけでなく胃がんがないか必ずチェックしておきましょう。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤(静脈麻酔)を使った楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラをする内視鏡専門クリニックです。大阪市内、JR森ノ宮駅直結で、京橋、玉造からもアクセス良好です。


ゲップ、むかつきが強くなって来た人は必読! その症状は…


最近「ゲップが多くなってきた」と訴える患者さんが多くなっています。

酸っぱい物が戻ってきたり ムカムカ胸焼けを起こすことはないでしょうか?それは逆流性食道炎の症状かも知れません。

Q 逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃の中の胃酸などが食道に逆流して炎症を起こす病気のことです。

普通、胃の中の胃酸や食物が食道に逆流しないように、食道と胃の筋肉(下部食道括約筋)がしまっています。ところが、さまざまな原因で、この筋肉が緩むと胃酸が食道へ逆流しやすくなり、その強い酸のために食道に炎症を引き起こします。(なお 胃粘膜は粘液を作って胃酸から自分を保護しています)

 Q 逆流性食道炎の原因は?

一番大きな原因として、食道裂孔ヘルニアというものがあります。これは胃の一部が横隔膜の穴を通って食道側に「はみ出して」しまうものです。そうすると筋肉の締まりが効きにくくなり逆流しやすくなります。

他にも暴飲暴食、肥満でお腹が押されたり、便秘で腸から胃へ圧力がかかることで、逆流性食道炎をきたすことがあります。

その他にも血圧を下げるお薬の一部で、筋肉を緩ませる効果のため締りが悪くなることがあります。またストレスで胃の運動が低下した場合、胃の中に食物がたまり、それが逆流する事もあります。

 

Q 逆流性食道炎で、どんな症状が出るのか?

呑酸症状や胸焼け、みぞおちの痛み、胃もたれが代表的な症状です。

それ以外にも、喉まで胃酸が逆流してきた場合、のどの違和感や、喘息のような症状が出ることがあります。最近はこの症状で受診される方が多く見受けられます。

 

Q 逆流性食道炎の治療法は?

まず大事なことは生活習慣の改善です。

生活習慣の改善として、暴飲暴食を避けること、食後3時間は横にならないこと、肥満の方は体重減少を、便秘の方は便秘解消を行うことが大切になってきます。

薬物治療としては、胃薬(胃酸分泌を抑える薬)を飲んで経過を見ることが多いと考えます。その他の内服薬としては、胃腸の運動を抑える薬、不安を和らげる薬などを処方されることもあります。

正しい診断には胃カメラが欠かせません。食道がんの可能性もあるわけです。
診察、問診だけでは逆流性食道炎なのか 食道がんなのかの区別をすることはできないので
症状がある方は キチンと胃カメラをしておきましょう。