月別アーカイブ: 2018年8月

がんを防ぐための新12か条 やはり食事と運動は基本中の基本

日常の診療の中で、よく患者さんに食事や運動の話をすることがあります。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターがまとめた「がんを防ぐための新12か条」が、がん研究振興財団から2011年に公開されており、それを掲載させていただきます。

すべてのがん治療の基本となる項目ですので 一度チェックしておきましょう。

1.たばこは吸わない

2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから

(詳しい説明はがん研究振興財団のホームページを参照してください。)

特に食事に関しては、3~6で書かれています。どれも「当たり前」のことかもしれませんね。
テレビでは よく「●という病気には■という食べ物がいい」と言って興味をそそりますが
やはり大事なのは「バランス」です。
胃炎の方には、よく「塩分は控える」ように指導しています。
塩分は 胃の粘膜を直接障害を起こすためです。
でも 胃がん予防に一番大事なのは「ピロリ菌」の治療なんですけどね。

アミノインデックスと胃がん、大腸がんの関係

アミノインデックスについて

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

最近になり、人間ドックで行われる機会の増えたアミノインデックスについて解説します。

 Qアミノインデックスとは何か?

健康状態によって血液中のアミノ酸のバランスが変わることを利用したもので、各種のがんの患者さんのアミノ酸パターンがある。
血液検査でそのアミノ酸パターンを分析することで、現在、がんである可能性を評価する検査のことです。(がんを見つける検査ではない) また一度の検査で、複数のがんのリスクを調べることができる。

 

Qアミノインデックスの評価は?

ランクABCで判定します。 A<B<Cでがんの可能性が高い。

ランクA:がんのリスクは低い⇒定期健診やドックを

ランクB:がんのリスクが1.5倍程度高い⇒通常のがん検診を
(胃がん:バリウム検査 大腸がん:便潜血検査)

ランクC:がんのリスクが高い⇒精密検査を
(胃がん:胃カメラ 大腸がん:大腸カメラ)
胃がん:約10倍 大腸がん:約8倍 通常に比べてがんのリスクあり

Q アミノインデックスの特徴は?

①     一度の採血(5ml)で、複数のがんの検査ができる

男性:胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん
女性:胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん

②     早期のがんにも対応(腫瘍マーカーとの違い)

注意点としては、けっして「がんがどうか診断する検査ではない」ということです。
あくまで がんになっている可能性が高いかどうか。
とはいえ、血液検査で調べることができるので 気になる方は検査してみるのもアリかと思います。(保険適応外で、約3万円ほどかかります)

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

 


私の子供にもピロリ菌がうつっているの…?

当院には 30歳~40歳の方が多く胃カメラを受けに来られます。

検診でたまたまピロリ菌検査で陽性になったり、胃カメラでピロリ菌感染が分かったりと様々な経緯で「ピロリ菌感染」を知ることになります。

そこでハッと「自分の子供にもピロリ菌がうつっているかも…」と不安になる人が多くいらっしゃいます。

まず 感染しているかしていないか。これは症状だけでは分かりません。検査してみないと分からないのです。そもそもご自身も、30歳~40歳で初めて、自分がピロリ菌に感染しているのを知ったわけです。

そこで「子供にすぐ検査したほうがいいですか?」と聞かれます。

答えは「なんとも言えない」です。ピロリ菌の検査には、尿や便で調べる方法があります。ほかにも尿素呼気試験という息を専用バックに吐いて調べる方法もあります。自治体によっては、中学生や高校生を対象に調べているところもあります。しかし、保険では認められず自費での検査になります。

そして「自費でもいいから検査受けさせたいのですが、どうでしょうか?」と聞かれます。答えは「検査だけならいいですが…」です。

というのも、もしもピロリ菌がいてることが分かったとしても、小児には「ピロリ菌治療薬の保険が通らない」のです。国で認可された薬がないのです。
それ以外にも、小児期に除菌したとしても「再感染する可能性がある」のです。
一般的にはピロリ菌は2~5歳までには感染していると考えられています。
大人では感染しないと考えられています。しかし、小学生なら、中学生なら…というデータがないのです。

保険以外にも、耐性菌の発生する恐れや、薬の副作用の問題など、いろいろとあります。

お子さんが小学生くらいであれば様子を見つつ、成人になってからでも症状があれば早めに専門クリニックに行くように。その時でも遅くはありませんよ。と 当院では説明しています。

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、鎮痛剤を使った痛くない大腸カメラを行う内視鏡クリニックです。
ピロリ菌除菌治療にも積極的に取り組んでいます。