がんを防ぐための新12か条 やはり食事と運動は基本中の基本

日常の診療の中で、よく患者さんに食事や運動の話をすることがあります。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターがまとめた「がんを防ぐための新12か条」が、がん研究振興財団から2011年に公開されており、それを掲載させていただきます。

すべてのがん治療の基本となる項目ですので 一度チェックしておきましょう。

1.たばこは吸わない

2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから

(詳しい説明はがん研究振興財団のホームページを参照してください。)

特に食事に関しては、3~6で書かれています。どれも「当たり前」のことかもしれませんね。
テレビでは よく「●という病気には■という食べ物がいい」と言って興味をそそりますが
やはり大事なのは「バランス」です。
胃炎の方には、よく「塩分は控える」ように指導しています。
塩分は 胃の粘膜を直接障害を起こすためです。
でも 胃がん予防に一番大事なのは「ピロリ菌」の治療なんですけどね。





DDまっぷ ドクターブログ 一覧