胃がん、大腸がんに罹患する数 2018年9月最新版

【2014年 がん罹患数は86.7万例に増加】

2018年9月15日 国立がんセンターより発表がありました。

https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0915_02/index.html

2014年に新たに、がんと診断された症例が全国で86万例以上で増加傾向にあります。(前年が84.9万例)そのうち男性が50万 女性が36.6万例でした。

部位別だと、

男性が>肺>大腸>前立腺>肝臓

女性が乳房>大腸>肺>子宮

と、胃がん、大腸がんは上位3位には入ってきます

 

胃がんの予防にはピロリ菌治療、大腸がんの予防にはポリープ切除が今の医療では大事だとされています。

これからも楽な胃カメラ、痛くない大腸カメラで早期発見に努めるとともに、ピロリ菌治療、大腸ポリープ切除で、胃がんと大腸がんの予防にも努めていきます。

 






DDまっぷ ドクターブログ 一覧