粘膜下腫瘍(概論) 

森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック 院長の藤田です。

春になり、検診のバリウム検査で「粘膜下腫瘍」の疑いを指摘され
当院にも多くの患者さんが 胃カメラで精査を希望され受診されます。

そこで 今回のテーマは「粘膜下腫瘍」としました。
粘膜下腫瘍のテーマはとても幅広いため まずは今回は教科書的に概論を掲載します。

Q 粘膜下腫瘍って、なに?

その名の通り、粘膜の下(深く)にできた腫瘍のことです。表面は正常の粘膜で覆われた粘膜の下にできた腫瘍とも言えます。
(一方、通常の癌やポリープは、粘膜の表面から発生します。)

粘膜下腫瘍の正体は、GIST(ジスト)や平滑筋腫、脂肪腫、リンパ腫、血管腫、神経内分泌腫瘍、転移性腫瘍、異所性膵など、多くの種類があります。
(GISTは、萩原健一さんの死因としてニュースになりましたね。
また GISTのページを作るようにします)

 

Q 粘膜下腫瘍ができる原因は?

各種腫瘍に様々な遺伝子の変異が起こり発生することが分かっています(一部、特定原因が不明なものもある)が、なぜそのような遺伝子変異が起こるかは分かっていません。

 

Q 粘膜下腫瘍って、どうやって診断するの?

通常の内視鏡検査では、●どこに病変があるか ●大きさや個数 ●色 ●硬さ などから診断を行います。しかし通常の生検(細胞をつまむ)検査では、表面の正常粘膜しかつまめないことも多く診断を確定するのは困難です。

診断を確定させるためには、超音波内視鏡(EUS)と呼ばれる特殊な内視鏡を使って観察したり、吸引針を用いて組織に針を刺して組織を一部吸引回収する方法(EUS-FNA)があります。

そのほかにも CTやMRIなどの画像検査も診断をつける補助になります。

 

Q 粘膜下腫瘍の症状はありますか?

症状はほとんどなく、検診のバリウム検査で指摘されることがほとんどです。

 

Q 粘膜下腫瘍は治療は必要なの?

粘膜下腫瘍には様々な種類があるため、治療方法はその種類によって異なります。また術前に診断が難しく、手術をしてから診断がつくこともあります。

がん診療ガイドライン(日本癌治療学会)より
http://jsco-cpg.jp/item/03/algo.html#gist_algo_1

 

粘膜下腫瘍は幅広いテーマで いろいろな病気が含まれます。
また診断そのものも難しく、治療方法も病名や進行の程度などで大きくことなります。
個人個人によって方針が異なるため 慌てずに専門の先生に相談してみましょう。

 

【森ノ宮胃腸内視鏡ふじたクリニック】
大阪市中央区 JR森ノ宮駅直結 内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)専門のクリニックです。
鎮静剤を使った楽な胃カメラ、無痛大腸内視鏡を行っています。

https://morinomiya-naishikyo.com/

 






DDまっぷ ドクターブログ 一覧