便秘のお話 その3お薬や浣腸はくせになるか

便とはごみですので、あらゆる手段を使って定期的に、かつ快適に出すことが大事です。

将来的に便秘は大腸がんのリスクファクターにもなります。

さて、お薬や浣腸で便を出すことを続けているとくせになって自分では出しにくくなるという噂を聞いたことがありませんか?

これは小児科の世界の根強い誤解の一つで、完全に間違った情報です。

まず、排便のコントロールを行っているのは腸ではなく脳であるというお話をしましょう。

何日に1回、肛門をどんな感じで便が通っていくかという情報を脳が受信して、それに基づいて習慣が固定されたり、加速されたりしていきます。

お薬を使ったかどうか、肛門への刺激や浣腸があったかどうかを脳は感知していません。

どう出て行ったかという情報だけです。

実際にはくせになるのは便秘の習慣の方で、歯車が回り始めるとそれが加速し、固定されていきます。

ですから野菜を取ったり、お薬や、肛門刺激や浣腸などあらゆる手段を使って、快適に定期的に便を外に出すことが不可欠であるのです。

調子がよくなってお薬がなくなってから、真っ赤な顔できばりながら何とか自力で便が出たことを嬉しそうに報告してくれるお母さんがいらっしゃいますが、「がんばって出す」というのは脳に取っては大きなマイナスの経験となりますので、しっかりお薬を続けて「快適に出す」習慣を続けましょう。

お薬や浣腸はずっと続けても特に目立った副作用がありませんので、しっかり使用させてください。

排せつ欲という言葉がありますが、食欲や性欲とともに大げさに言えば排便は気持ちよくて楽しみな作業であるべきなのです。

がんばってするものではありません。

これらの知識を元に、赤ちゃんも子どもも大人も、快適なうんちライフを目指しましょう!

LINEで送る

便秘のお話 その2対策とお薬

離乳食が始める前の便秘の赤ちゃんでは、便が固いことはあまりなく、刺激による駆動力の補助がメインになるでしょう。

2日出なければ綿棒刺激、それでも出なければ3日目には浣腸を考えましょう。

動物の世界、特にネコ科の動物では母が子の肛門をなめて刺激するという補助を行っていますが、さすがに人間ではかわいいわが子とは言え気が引けますので、綿棒や浣腸などのアイテムを使用するのがよいですね。

 

それ以降の児での便秘では、まず根本に「便が固い」という要素がほぼ必ず存在します。

治療としては、この「便が固い」という部分を何とかすることがメインになります。

野菜を食べて、食物繊維を増やすというのが最も有効な対策です。

人によっては納豆やみかんを食べると調子がよいということもあります。

乳製品は調子がよくなる人とむしろ悪くなる人と両方あるので注意しましょう。

夏に汗で出ていく水分が増えると便が固くなるのは事実ですが、データ上、水分を一定以上取ってもそれ以上は尿が増えるだけで、水分摂取だけで中等度以上の便秘が改善することは期待できません。

野菜が大事と言いながら、特に小児では、さあ明日から野菜を2倍にしましょうというのは難しいため、足りない分がいよいよお薬の出番となります。

Mg(マグネシウム)製剤が最も多く使われるお薬で、便をふやかすようなイメージを持つと分かりやすいでしょう。

便がちょうどいい柔らかさになると肛門を通る際に痛くないため、がまんする癖がなくなっていきます。

Mgの内服中であっても、2,3日に1回は便を出す必要があるので、出ない時は積極的に浣腸を併用して排便させます。

 

また、年長児ではトイレトレーニングや集団生活の開始とともに「がまんする」の部分から便秘の歯車が回り始めることもあります。

大人と同じトイレを使用させる場合、足が地面から浮いていると踏ん張れず適切な姿勢が取れないので足場を用意してあげて下さい。

またうんちカレンダーを作って、出たらシールを貼ってあげたたりほめたり、精神的なアプローチでがまんのくせをなくしていきましょう。

便秘の治療開始は早ければ早いほど改善も早くなりますが、完成された便秘の習慣を治すには半年から2年ほど要することが多いでしょう。

LINEで送る

便秘のお話 その1便秘のメカニズム

毎日幸せうんちライフ送っていますか?

今日は便秘のお話をしたいと思います。

健康な生活、規則正しい生活というものを思い浮かべた時、睡眠や食事とともに排便の習慣はとても大切なものです。

これら3つの習慣が好調であると、体も心も好調な状態と言っていいでしょう。

口から入った食べ物は消化管という長いトンネルを旅して、栄養を吸収された後、その残りかすになんやらかかんやら加わって便として肛門から出ていきます。

「何日便が出ていないと便秘ですか?」というご質問をよく頂きますが、明確に何日という定義がある訳ではありません。

ただ一般的には「良好な排便習慣」とは、2,3日以内に1回は苦しまずにトゥルンと固くない便が出ている状態と考えられます。

この際に一番大事なことは、「苦しまずに」という点です。

1日に2回、泣きながら岩のように固い便を真っ赤な顔をして出血交じりに出しているというのは対処が必要な便秘であるというわけです。

1日に何回出ていようが、苦しんでいる、困っているというのは動物の排便として異常な事態であります。

 

さて、いわゆる便秘がちという児が、本格的な便秘に進化していく歯車を回していく原動力として3つの要因があります。

それは、「便が固い」、「排便時に痛い」、「がまんする」の3つです。

便が固いと排便時に痛がり、そしてだんだんがまんするようになります。

がまんするとさらに便が固くなるという悪循環が起こるため、この歯車はどんどんと加速していってしまうのです。

LINEで送る

どうでもいいことその20 耳を疑ったことpart8

長男も小学校3年ですので、漢字の勉強もがんばってやっております。

今日は「長」という漢字の書き順をテストで間違えたようで、妻が熱く指導してやり直させていました。

それでも何回も間違うもんですから、妻もだんだんヒートアップしてきて、「いい?しっかり見て、目に叩き込んどき!」とげきを飛ばすその表情は中々の迫力。

しばらくの重苦しい静寂。

それを聞いて私は何とかがんばって我慢していたのですが、いよいよ笑いをこらえきれなくなって、

「頭に叩き込むと、目に焼けつけるがごっちゃになってへん、それ?」と吹き出しました。

しばらく間をおいて、3人で大爆笑となり、お腹が痛かったです。

目に叩き込んだら痛くて涙出ちゃう。

LINEで送る

手足口病(再掲)

今年は相当な手足口病の当たり年になっていますので、以前の記事を再掲しておきます。

「かぜ」という言葉を、ウイルス性の自然によくなる早く治す薬のない病気という意味に拡大するならば、手足口病は「夏かぜ」の一つと言えます。

冬のかぜのように咳や鼻水はほとんどなく、文字通り手、足、口に発疹が出る病気です。

発疹の出やすい場所は手のひらの表裏、足の表裏、肘、膝です。

なぜか肛門周囲にもぶつぶつとした発疹がよく出るので、最初はおむつかぶれかな、と思うお母さんもいます。

「手足口おしり病」なんて冗談で言う先生もいます。

体の発疹は、痛かゆい感じがある程度で10日ほどで自然によくなりますから、困ることは多くなりませんが、湯船やプールに入ったりはせず、とびひにならないように優しく洗って清潔に保ちましょう。

手足口病のしんどさは熱の高さにもよりますが、一番は口の症状の強さで決まります。

ひどい例では口の中が口内炎だらけになって、痛みのせいで食事が取れなくなります。

つばを飲むのも痛いので、乳児ではよだれをだらだら垂らしながら受診することもよくあります。

子どもによって手足は軽いけれど口の症状が重篤な子、手足はひどいけれど口の症状がほとんどない子と様々です。

痛くて経口摂取が低下する場合は、解熱剤で使うカロナールやアンヒバ・アルピニー座薬などを熱がなくても痛み止めとして使うことで快適に時間を過ごすことができます。

2,3日で痛みはピークを越えて、徐々に食事も戻るでしょう。

かぜのカテゴリーの一つですから、複数回かかって免疫が育っていきます。

 

手足口病のウイルスと兄弟のようなウイルスが、ヘルパンギーナの原因となります。

ヘルパンギーナは、「口病」というイメージで、手足の発疹がなく「熱+強い口の症状」という夏かぜです。

対応の仕方は同じと考えてください。

最初、ヘルパンギーナと言われてから、手足にもぶつぶつが出てきたら、呼び方だけ手足口病に変えておくとよいでしょう。

いずれも熱がなくなり、元気で痛み止めが不要になれば登園・登校は可能です。

他のかぜ同様、感染力はだらだら2週間前後持続しますが、数日休んでも流行の拡大を防ぐ効果がないので、うつさない訳ではないけれどしょうがないから行っていいということになります(熱があったり、元気がない間はまき散らすウイルス量がその中でも多い期間ですから休みましょう)。

原則的には登園許可証は特に医学的な意義はなく、発疹がひどい例で水痘ではありませんという証明くらいの価値しかありませんので、最近は要求しない保育園・幼稚園も多いようです。

しかし、普通の園生活、学校生活はするにしても、マナーの問題やとびひの併発を避けるためにも発疹が目立つ間はプールや公衆浴場などは避けるようにしましょう。

 

※様々な感染症での登園・登校許可証の価値についてはまた項を改めてお話しします。

LINEで送る

子育てその27 歯磨き粉

年中さんになった次男です。

つい最近までぶどう味の歯磨き粉を使っていました。

「ぶどうあじやのん、てっちゃんぶどうぐみやからやで!」と威張り気味に語ってくれていました。

このあいだ、うちで使う歯磨き粉の味が変わったらしく、「ちがうあじになったで!」と教えてくれました。

4月から一学年昇格して、たんぽぽ組になっていたのでふと不安にかられて確認しましたところ、いちご味でしたので皆さんご安心下さい!

LINEで送る

健康の有難さ再び

2016年を振り返ってみれば、我がクリニックのスタッフ達が様々な病気に見舞われた1年でした。

IgA腎症の発症、乳がんの発症、メニエール病の発症、尺骨神経麻痺の手術など本当にこれほど重なるものかと彼女らへの心配とともに驚きもありました。

有難いことに私自身は数年前のアキレス腱断裂、インフルエンザ以来は非常に健康であります。

ステロイド大量療法や抗がん剤など免疫が大幅に低下する状態では感染症あふれる小児科クリニックでは働くのはとても危険なため、体自体は働ける状態でも他科のクリニックへとうつっていってもらわざるを得ず、泣く泣く送り出すこととなりました。

その後、治療は各自順調にいっているという便りを聞き、ほっとしています。

新たな場でまた活躍してくれることを願っています。

そんなわけで受付は開業当初からの4年以上組が相次いで離職となり、顔ぶれもずいぶん新たになりました。

一方で新たにスタッフを迎え入れることでクリニックに新鮮な空気が流れ込むことになり、わいわいとした楽しい歓迎会もたくさん開催することができました。

10年後、20年後とまた新たなスタッフがやってきて、クリニックの顔となってくれることでしょう。

院長はまだ30代ですので、診察室の中ではあまりみなさんに新鮮さを感じてもらうことは当分なく申し訳ありませんが、一度奇抜な髪型でもして子ども達をびっくりさせてみようかななどとたくらんでもいます。

LINEで送る

体に良いものとは

私達は日常的に「この食材は体に良い。」という表現を使いますね。

「この商品を毎日食べると、体がどんどん健康になります!」なんて広告もよく目にします。

このような話を聞くと、体にいいものは取れば取るほど良いという誤解が生まれる可能性があります。

この手の話は、「量」の情報を無視するととたんに誤ったものに早変わりしてしまいます。

ある特定の食材ばかりを毎日たくさん取り過ぎてよいはずがありません。

例えばビタミンなどはどうでしょうか。

ビタミン(Vitamin)は元々vital(不可欠なもの)という言葉から名づけられた、その名の通り生体にとってなくてはならない物質であり、様々な種類のサプリメントが販売されています。

ビタミンが過剰に摂取された場合、尿や便から排出されればまだましな方ですが、腎臓などの臓器に影響して健康を害することが近年かなりたくさん報告されています。

このように、体に良い「もの」に捉われすぎずに、体に良い「量」というのを考えるのがとても大事であるのです。

当然薬というものは、この「量」が極めて大事なものの代表選手と言えるでしょう。

抗がん剤や抗生剤も人によって、一番体にいい「量」が、0のこともあれば、50のこともあれば、100のこともあります。

ビタミン同様、薬もそれぞれの人にとって一番体に良い「量」を入れることが、一番体に良いわけです。

薬がいい「もの」か悪い「もの」かを論じるのは、「量」を抜きにしてはできません。

薬とは逆に、ワクチンの保存料や、日常生活で浴びている放射線、水道水に含まれる塩素などはイメージとして体に悪い「もの」と感じるのは自然なことです。

しかし、これらの物質が体に悪くない「量」が入っただけの場合、やはり体には悪くないのです。

この「量」を無視した荒唐無稽な危険説に持ち込むのが、科学的な議論のできないインチキ反対派です。

「ワクチンの保存料には重金属が入っているから、キケン。」

「この野菜からは微量の放射線が検出されたからキケン。」

広告や報道を担当するマスコミもこの「量」の話を無視して事実と異なる印象を与えるテクニックを多用しますので、情報が簡単に膨大に手に入る時代に生きる私達はいつも内容を注意深く吟味しなければなりません。

LINEで送る

2017年の幕開け

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

平成29年、新たな1年のスタートです。

1月に入ってからいよいよ冬の代名詞インフルエンザがこの地域でも流行しはじめています。

日本では受験や卒業式など重要なイベントが感染症の多いこの時期に集中しているため、予定の控えている人は特に人ごみを避け、手洗いを徹底しましょう。

さて、あと数年で天皇陛下が生前退位される意向を示され、平成という元号ともあと少しでお別れのようです。

そうなると昭和生まれの私達は2つも古い時代の人間になるという驚愕の事実に気づいてしまいました。

新たな元号生まれの子ども達が私達を見る目は、私達が明治時代生まれの方を見るような目になるかもですよ。ワオ。

 

ではでは今年も子ども達やお父さん・お母さんにとって、素敵な一年になりますように。

LINEで送る

子育てその26 寝かしつけ

長男(小2)は割と寝つきがいいのですが、次男(4歳)は目が固いタイプ。

おでかけの日などはテンションが上がっていて中々寝てくれず寝かしつけに苦労します。

ぶつぶつ独り言を言ったり、ゴロゴロ寝返りしたり、髪の毛をいじいじしたりとチンパンジー状態が延々と続きます。

私が「よし、鬼さん呼んでこよっと。」と一旦部屋を出て、1分ほど経ってからガラガラと引き戸を開けて戻ってきますと、とりあえず寝たふりしてます。

しばらくするとうっすら目を開けてこちらを伺うチンパンジー。

「本当に寝てるのかなー?寝ている人ー?」と聞くと、目を閉じたまま右手がすっと天井に向かって伸びるのであった。

あほすぎてかわいい。

LINEで送る