解熱剤の上手な使い方その2

一方で、解熱剤のマイナス面として、出るべき熱を下げるので、病気が長引くのでは?との疑問が沸いてきます。

色々な病気で、解熱剤を積極的に使ったグループは、解熱剤を使わなかったグループより少しだけ熱の期間が長引く、との研究結果があります。

しかし、その差はどれもわずかであり、しんどいのをひたすら我慢する割にその恩恵は少ないようです。

また、実際には解熱剤はこれらの研究のように積極的に使うというよりは、必要な時だけ使いますので、差はさらになくなることでしょう。

もう一つよく言われるのが、解熱剤を使うと熱性痙攣が増えるという意見です。

これに関してもたくさんの大規模な研究がありますが、「解熱剤では熱性痙攣は予防できない。逆に、解熱剤で熱性痙攣の率が上がることもない。」というのがおおよその結果ではあります。

つまり、解熱剤を使った後に万が一痙攣が起こったとしても、それは解熱剤のせいではありませんよ、ということです。

しかし、解熱剤を使用後に痙攣が起こると、あたかも使ったせいで痙攣が起こったという印象が強くなるので、熱性痙攣をしたことがある子は解熱剤を使わないように指導される先生もたくさんいらっしゃいます。

あるいは、痙攣予防の薬を入れた後なら解熱剤を使ってもよい、という指導も多いパターン。

当クリニックでは、混乱のないように、原則今までその子が指導されたパターンをそのまま踏襲することとしています。(使ってよいと言われている子はそのまま必要な時だけ使う。使わないように言われている子はそのまま熱性痙攣を卒業する年まで使わないようにする。)

解熱剤は病気を治す力はありませんが、理解して上手に使えば、少し快適に時間が過ごせるようになります。

「できるだけ使わないように」というのも「どんどん使って下げるべき」というのも両方極端な考え方です。

安心なお薬ですが、あくまで必要な時だけ使うのが、一番上手な使い方ですね。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧