インフルエンザその2

次に、受診のタイミングについてのお話しをします。

「インフルエンザかも、と思ったらすぐに病院に行きましょう。」というCMを見たことがありますが、個人的には誤解を招きかねない内容と思います。

まず、熱が出てすぐに病院に来てもらっても、検査はできません。

その①でお話ししたように、インフルエンザの検査はある程度発症から時間がたってウイルス量が増えるまでは無意味ですので、「さっき保育園でお熱があると言われてお迎えに行きました。」という流れから、その足で病院に行った場合、『インフルエンザかどうか知りたい』というお母さんの希望には沿うことは100%できません。

ぐったりしていたり、意識がおかしい場合は時間に関わらず必ずすぐに受診が必要ですが、解熱剤である程度様子がみれそうな余裕のある場合には、急いで病院に行ってもメリットはないでしょう。

治療薬は発熱から48時間以内なら十分効果がありますので、その意味でもあせる必要はありません。

例外として、家族内や親しい友達などにインフルエンザの方がいて、濃厚に接触しており検査するまでもなくインフルエンザに間違いなさそうな場合などは、発症早期でも受診するメリットはあります。

得な受診、損な受診、場合によりけりと言えますから、どうするか迷った場合には受診前に電話で相談する方がよいでしょう。

 

ちなみにこの手のCM、作っているのは大概インフルエンザの治療薬を作っている製薬会社です。。。なるほど。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧