どうでもいいことその9 紛らわしい日本語part2

以前に「いった」と「おこなった」が同じ「行った」で、「つらい」と「からい」が同じ「辛い」でややこしい、ということを書きました。

もう一つ、漢字関連のことでずっと不思議に思っていることがあります。

豆腐と納豆。

「型に納めて作る」のに豆腐。

「豆を腐らせて作る」のに納豆。

この二つ、どう考えても逆に思えてしょうがないのですが。

それから、娘と好。

「女の子」なのに娘。

「良い女だからこそすき」なはずなのに好。

この二つも逆としか思えない。

一体なぜこんなことになっているのか。

事情を知っている方、情報待ってます。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧