ノロウイルス胃腸炎

ノロウイルスによる胃腸炎が流行し始めています。

流行の最初は便の検査をしなければはっきりとは診断できませんが、一旦流行が始まると本格的な嘔吐・下痢症の大部分はノロウイルスが原因であると言われていますから、全てノロとして扱うくらいの心づもりでよいでしょう。

ノロウイルスの検査は3歳未満にしか保険適応はありませんが、そもそも検査をしてノロウイルスと分かってから色々やるのでは遅すぎます。

ノロウイルスは他の季節のウイルス性胃腸炎とは一線を画するほど感染力が猛烈で症状も強いため、流行の拡大を防ぐにはとにかく早期からの対策が重要です。

1歳前後の赤ちゃんはイメージとは裏腹に下痢はしているけれど元気で食欲モリモリ、と軽症感あふれる子が結構います。

大きい子や大人の方が症状が強い傾向がありますので、注意が必要です。

保育園や幼稚園、学校ではもちろんのこと、家庭内でも年末・年始に誰かに嘔吐・下痢の症状が出たときは周囲の人たちの頻繁な手洗い、塩素系洗剤による消毒をすぐさま始めることが必須です。

検査は便を持参した乳幼児でしかできませんが、検査をしなくてもこの時期の胃腸炎はノロという前提で他の季節より厳密に登園・登校は考えるようにしましょう(実質検査をした子だけ登園許可証が必要とされることが多い理不尽な実態はありますが)。

また流行期については、元気や食欲があっても下痢便が頻繁に出ている子や嘔吐がある子には登園・登校を許可することがないよう親御さんや先生方が責任を持って指導・管理してください。

咳・鼻水の風邪に比べて嘔吐・下痢の風邪は、休園や周囲の対策で大幅に感染の拡大を防ぐことができます。

とにかく病院に来てから、検査をしてから考える」のではなく、「嘔吐・下痢を1回した時点からノロとして対策する」重要性をしっかり認識しておきましょう。

具体的な対策は、以前に書いた「ウイルス性胃腸炎」のブログを参照してください。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧