親知らずにさようなら

今日の午後に、左下の親知らずの抜歯をしていただきました。

生えている向きがややこしかったことや血管がすぐ近くを走っていることから、大きい病院でということになり、歯科口腔外科での処置となりました。

昨夜は久しぶりの歯科治療に向け、ちょっびしドキドキしながら就寝したのは内緒の話。

実際の処置は、麻酔から抜歯まで10分程のあっという間の早業で、ほっとしながら家路につきました。

アキレス腱の手術の時と同様、時に患者さんの立場になって色々経験することは医師としてよい経験だと思います。

明日、明後日の診察では腫れぼったいお見苦しい左頬であるかと思いますが、夫婦喧嘩の結果ではありませんのでご心配なくー。

来月また右側を抜いていただく予定です。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧