生ワクチンと不活化ワクチン その3 ワクチン総括

生ワクチン、不活化ワクチンいずれも接種によって、免疫が0➡︎100に上がるものではなく、回数を重ねて数字を積み重ねていくイメージを持ちましょう。

かかりやすさ、かかった時の症状の重さを100から引き算していく感覚でもよいでしょう。

一人が接種して個人の免疫のパワーをupさせるだけでなく、多数で接種して集団全体のパワーをupすることで 飛躍的に効果が高まります。

水痘(水ぼうそう)ワクチンが無料化されて、3歳以下の数百万人がみな接種するようになり、数年で全国での発生数が1/3程度まで猛烈なスピードで減少しています。

それまでも自費で接種している少数の子ども達はいて、その個人達は罹患や重症化から守られていましたが、集団全体の流行の抑止には全くなっていませんでした。

いかに、「みんなで接種することが大事」かということが分かります。

 

車の運転や交通事故に例えてみましょうか。

ワクチン接種をすることは、自家用車に自動ブレーキや踏み間違い防止機能、ハンドルアシストなどの安全機能を追加していくと考えましょう。

ワクチンで防げる病気にかかるというのは交通事故にあってしまう、起こしてしまうということです。

自分の車にオプションがつけばつくほど事故に会う確率は減ります。

さらに周囲の車全てにオプションが装備されるとどうでしょうか。

より事故にあう可能性が減ることが分かりやすく理解できます。

 

ワクチンを推し進める最終のゴールは以前にも書いたように、感染症の原因微生物そのものを地球から排除することです。

麻疹、ポリオあたりはある程度のところまでは来ていますが、まだ根絶までには道のりが長く残されています。

正しい知識を広め、接種率を上げることは小児科医の大事な仕事の一つであります。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧