学校検尿の意義 ③

検尿でひっかかる子は実はかなりいます。

これは、自覚症状もないくらいの腎臓の軽い状態異常を見つけるために、相当少量の尿の異常も逃さず拾い上げているためです。

小学校、中学校の9年間で、のべ20%以上の児が異常として引っかかってくると言われています。

微量の潜血や蛋白は、軽い体調不良や採尿時の体勢でも人によっては出るので、健康な大量の児が異常を指摘されますが、もちろんその中で本当の腎臓の病気がある子はごく一部です。

小児腎臓学会では、小学生・中学生に関しては、潜血・蛋白が(+)以上を異常とするようにと定めていますが、多くの自治体では(±)も異常として指摘する現状があり、より多くの正常の児が病院受診のコースに乗ってしまっています。

(±)の児が病院にきた場合は、その場でもう一度尿検査を行い、(–)、(±)であればそれ以上の検査は行わず来年の学校検尿で引き続き、という方針で十分でしょう。

学校検尿か院内の検査で潜血か蛋白のいずれかが(+)以上の場合には、より詳しい尿検査や血液検査を施行し慢性腎炎の疑いがないかのチェックを行います。

この詳しい検査で大きな異常がないほとんどの子はとりあえずは数ヶ月ごとの尿検査を念のため行うコースに乗るだけで大きな心配はいらないでしょう。

潜血や蛋白の量が多い児や、両方が有意に出ている子は少し要注意で腎臓の専門の先生に紹介になることもあります。

いずれの場合もターゲットにしている疾患が慢性腎炎という非常にゆっくりとした経過の病気ですので、数年単位で気長にフォローが必要です。

 

*3歳半健診での尿検査は施行していない自治体もありますが、行う場合は主に先天性腎疾患のスクリーニングを目的として蛋白(±)以上が病院での二次検査に進みます。

*当院でも学校検尿で慢性腎炎以外にも、蛋白がだだ漏れするネフローゼ症候群や、膵臓の病気である1型糖尿病が尿糖を契機に発見されたケースがあります。これらは比較的急速に進行し、むくみや体重減少などの症状が出やすいため、学校検尿で発見されるのはまれですが。

LINEで送る





DDまっぷ ドクターブログ 一覧