カテゴリー別アーカイブ: 日記

スポーツその9 クニの結婚式

先日、医学部バレー部時代のとても近しい一つ下の後輩(國政という苗字からニックネームはクニ)の結婚式に参列してきました。

「誠実」という言葉が似合うような、裏表のない読書と哲学を愛する男です。

 

さて、阪大医学部の学生は最初の1年半は豊中キャンパスで、残りの4年半を吹田キャンパスで学びます。

2回生の夏休みを境に移るわけですが、入部したてのクニを強引に付きあわせて、「豊中キャンパス卒業セレモニー」(卒業は私だけなのに)と称して豊中~実家の岡本まで徒歩で20数kmを踏破するという1分くらいで思いついたイベントを灼熱の太陽が照りつける8月に敢行しました。

しかも何を思ったのか、ゴールするまでは水分と休憩は取らないってことにしようぜという医学生とは思えない危険なルールを設定し出発しました。

特にきれいな景色や見所もない排気ガスにまみれた国道沿いをひたすら歩き、信号で頻繁に足止めを食らいながら、最初はテンションの高かった二人も半ばくらいからほぼ無言。

「なぜこんな季節にこんなところで、一文の得にもならない苦行をしなければならないのか」と、しんどすぎて生きとし生けるもの全てが憎かったのを今も覚えています。

しかし、当初の予定通り水分補給も休憩もなく6時間超の地獄をやり抜きました。

こみ上げる謎の感動。しばらく抱き合う2人。

クニとは20年近く経った今でも会うたびにこの時の話に花が咲きます。

実はクニは選手っていうよりバレーボールかな?というくらい丸っこい奴でしたが、この修行をやり遂げた時は、「オレ、めっちゃ痩せたと思います!」と嬉しそうでした。

ゴールしてその足で入った焼き鳥屋で、とてつもない量を食し、翌日の体重はむしろ増加していたというオチも一生忘れることはないでしょう。

おめでとうクニ! 新婦さん、めっちゃ美人やな!

LINEで送る

子育てその29 歴史オタク

長男(小3)はいわゆる静かーな(冷めた?)タイプの子どもで、小さい頃は何に熱中することもなく穏やかーに暮らしていました。

大きくなるにつれて何に興味を持つのかなーと見ていましたら、小3の春ごろから急に日本の歴史にはまり始めました。

学校の図書室にあった偉人のマンガが面白かったようで、試しにシリーズの何冊かを買い与えてみたところ朝から晩まで穴が開くほど読むようになりました。

特に戦国時代と明治維新が最高(本人談)で、せっせとまとめノートを作り出したのを見たときは若干引きました。

武将の旗印(家紋)一覧とか、明治維新の人物相関図とかに始まり、辞世の句や和歌、百人一首と興味が広がり、まさしく歴史オタク街道を突き進んでいます。

両親が全く歴史に興味がなく、知識もないので何がそれほど魅力的かは分かってあげられないのですが、ただ一つ言えることは、生まれてくる時代を間違えたのではないか(笑)ということです。

会話の端々に歴史クイズとか入れてきて、まあまあキモいんですけど、応援してあげたいと思います。

目指せ!オタクの星!!

LINEで送る

感染症の確率

インフルエンザが完全に流行期に入りました。

感染症の周りへの影響を考える時にまず一番大事なのは症状の強さです。

高熱である、咳がひどい、下痢の回数が多いなど症状が強い場合は原因のウイルスや菌が何であれ周囲への攻撃力は強いと考えられます。

全ての症状はうつるという前提で行動し、どの季節でもどんな感染症でも症状が強い時はしっかりと家に引きこもってください。

 

さて、感染症の中には症状が軽くても感染力が強烈で、そして非常に大事なファクターとして「大人すらえげつなく巻き込む(つまり社会の運営や経済に影響する)」からという理由から特別扱いするべき感染症があります。

「咳・鼻水のかぜのウイルス」の中ではインフルエンザ、「嘔吐・下痢のかぜのウイルス」の中ではノロウイルスがその代表格です。

いずれも冬場に毎年必ず大流行するウイルスで、社会全体に大きな損失を与えています。

 

一般論として「ある特定の症状が出た時に、実際にその感染症であるかどうか」の確率は周囲の流行にかなり依存します。

真夏に40度出ても、誰もインフルエンザの心配なんかしません。

しかし学級閉鎖寸前のクラスにいる子が、夜だけ38度あり翌朝は解熱していた場合インフルエンザである可能性は非常に高いと言えます。

日常の診療の中で、検査キッドが診断の決め手になるというお母さん方からの期待が過剰に高いのを感じます。

検査がまるで診断やタミフルなどをもらうために不可欠な辛い作業のように誤解している方は未だに多くいらっしゃいます。

検査キッドは上手に用いれば有用ではありますが、我々医師が最終ジャッジ、つまり診断を下すために使用する道具の一つにすぎません。

いいタイミングで検査してもせいぜい正確性は90%程度です。

例えば兄弟二人がインフルエンザで休んでいる最中にそれ以外の家族が40度で真っ赤な顔をしている時、検査するまでもなくインフルエンザという診断が下されるでしょう。

適切な問診や診察をした状態での私の診断力は検査キッドの正確性をずいぶん上回ると考えていただいて差し支えありません。

 

ところで流行期に一番難しいのは「インフルエンザではない、ノロではない」というジャッジを下すことです。

周りがその感染症だらけの時は症状が軽くても場合によっては複数回診察をして、検査をして、完全に否定するためには相当なエネルギーを要します。

親御さんにお願いしたいのは、流行期に入ったら、症状が強くなくても「違う」という確信が出るまで家庭内でも警戒を解かず、ましてやうかつに登園や登校をさせないで、ということです。

夜に熱が出た、嘔吐をしてちょっと食欲がないなど、インフルエンザやノロかもしれないという症状があった時は、とりあえず一旦立ち止まってください。

その上で「登園しない・登校しない」=「すぐに病院に行かなければならない」ではないことも思い出してください。

熱出てすぐに受診、嘔吐してすぐに受診というのは徒労に終わることが多いですから、状態に余裕があるときは「慎重に様子をみる」という選択をした上でしかるべきタイミング(発熱半日から24時間経ってから、あるいは嘔吐が6時間〜半日続く時)で受診をすることで非常に利益の多い診察を受けることができるでしょう。

 

LINEで送る

子育てその28 サンタさん

サンタさんは寒い寒い北の国に住むと言われています。

特別の力を持っていますから、日本のような遠い国で生まれた子供たちの事もちゃんと知っています。

しかし実際に家の場所まで把握してプレゼントを届けるには流石のサンタさんと言えど生まれてから大体2、3年はかかるようです(くぼこどもクリニック調べ)。

二人目や三人目になるとサンタさんも家を知っていますから、赤ちゃんの頃から贈り物が枕元に届くという寸法です。

いつも大声をあげながら厳しく子育てをしている我々親からみるとサンタさんはとても心優しく、いやちょっと甘すぎるのではと感じる年も多々あります。

今年など我が息子達はとてもとてもプレゼントがもらえるとは思えない「お利口じゃなさ」で、「パパはサンタさん来ないちゃうかなと思うで。」と言っていましたが、結局甘々のサンタさんは贈り物を下さいました。

また、小学校高学年くらいになるとサンタさんは他の家で新たに生まれた小さな子供達へのプレゼント配りに忙しくなるため、お父さんやお母さんにその仕事を託して家を訪れることはなくなると言われています。

我が家は長男が小3ですが、今年もまだ私への引き継ぎは行われませんでした。

そろそろかなと気を引き締めて来年のクリスマスのことをあれこれ想像しながら、年は暮れていきます。

皆様、どうぞよいお年を。

LINEで送る

感染症の対策

ノロウイルスによる胃腸炎やインフルエンザをはじめ、症状の強い感染症の多い寒い季節に入りました。

症状が強い、というのはそのまま周囲への感染力が強いということを意味します。

「しんどそうな症状の中でうつらないものはまずない」という原則を常に忘れないようにしましょう。

したがって感染症の考え方で大事なことの一つに「家族全滅を避ける」というテーマをあげることができます。

感染症はかかってしまって症状が出始めた時から可哀想な被害者であるわけですが、忘れてはいけないのはその瞬間から加害者になってしまっているという事実です。

流行の時期にお子さんが嘔吐をしたり高熱が出始めてしまったときに必ずしもすぐに病院に駆け込まないといけないことは多くはないでしょう。

しかしおうちでしばらく様子を見ている間、つい我が子を心配するあまり、その可愛い我が子がすでに周りに感染症を撒き散らす感染源になっていることを病院に受診するまでうっかりしてしまっているお母さん、お父さんをよくみます。

しっかりお子さんを観察してあげるとともに手洗いや手袋にマスク、加湿器など御自分達がやられない努力も是非しっかりやりましょう。

病院、特に救急の待合室は感染症あふれる空間です。

そこでわざわざ両親そろって時間を過ごすのは感染症予防の観点からは得策でありません。

そのようなところにも想像が働くと家族全滅のリスクはずいぶん減らすことができるでしょう。

LINEで送る

どうでもいいことその21 人類最大の発明

皆さんご存知とは思いますが、真の人類最大の発明、それはパッチ(モモヒキとも言う)であります。

芯から冷えるこれからの時期、パッチが無かった時代の人類が一体どのように生き延びていたのか私には想像がつきません。

いつもそばにいて温もりをくれるパッチ。

でも誰にもばれないパッチ。

ところがお風呂上がりによいこらしょっとパッチに足を通すを私を見る地球唯一ので大人である妻は、「なんか、見てたら無性に哀愁感じるわ。」とつぶやくのでした。

 

一方、年中の次男はさらちゃんというご近所のお友達と同じバス停から朝乗っていくのですが、時々顔を出すお父さんは妻曰くいつもとてもオシャレさんだそうです。

しかーし、いかに外っ面がオシャレでもやっぱりパッチはこっそり履いているだろうと私は思うのです。

「穴あきジーンズ履いてはるのに、パッチ履いてるわけないやん(笑)。」という妻からの指摘に、こんなに寒い中オシャレするって大変なんだなあと思うのでした。

LINEで送る

祝 遠藤さん退院&市原さん復帰

おとといに遠藤さんが退院しました!

まだしばらくは自宅療養が必要な体調ではありますが、クリニックに顔を出しに来てくれたその目にはいつもの熱い炎が再び燃え始めていました。

また、出産で一旦退職した看護師の市原さんがお子さんがちょうど1歳の節目を迎えたこともあり(4人目です)、クリニックのピンチを聞きつけて先週から復職してくれました。

いきいきと動いてくれています。

ドタバタとしながらもしぶとく、それでいて意外と力強く、我がクリニックは頑張っていきます。

LINEで送る

遠藤さん倒れる

昨日、うちの2番目の古株で看護助手である遠藤さんが喘息発作で入院となりました。

「今、勤務に穴は空けられない!」と最後まで入院に頑なに抵抗していましたが、回避できる状態ではなく説得して入院してもらいました。

気管支炎を契機とした発作でしたが、過労もあるかと思います。

今世の中は働く人にとって売り手市場に傾いているそうです。

他にいくらでも仕事はあるのに、感染症にまみれ、嘔吐物を掃除し、おむつを処理する小児科で働こうと思ってくれる人材というのはとてつもなく稀有な人達であると感じます。

保母さんや介護の仕事についている方も同じようなマインドを持っている人が多くいます。

同時に、これらの職種を希望する人がとても少ないのも仕方のないことなのかもしれません。

地域の医療を支える重要な仕事を任されているのを痛感しながらも、スタッフは私にとっては患者さんと同じくらいに大事な存在であり、無理をさせる訳にはいきません。

クリニックとしてはこの困難を一致団結して乗り切り、一回り成長する機会にできればと願っています。

 

LINEで送る

マスコミの功罪②

医学の世界でも、不適切な医療を行っていた病院の実態がマスコミによって明らかになったという例も多々あります。

逆に、日本脳炎ワクチンはこの冤罪による容疑をかけられた代表例です。

一時、日本脳炎ワクチンの接種後にADEMという特殊なアレルギー性脳炎が引き起こされるのではという報道がなされました。

医学の歴史は、少ない症例での「ひょっとして~なのでは?」という仮説から始まり、それが多数の症例で確かめられることで前進してきました。

ですので医学はこのようなマスコミの問題提起に対して、一旦接種を中止して何万、何十万という症例で検証を行うという選択を行いました。

結果として、疑いは完全に否定されました。

接種した人も接種していない人も、ADEMを発症している割合は全く同じでありました。

この時に注意したいのは、「接種した人は発症していない」ということではなく、「接種していない人と同じ割合である」ということです。

ADEMになったある一人の人を調べると1か月前に日本脳炎ワクチンをうっていた、だからそれが原因だ!と短絡的に考えるのは、以前にお話した因果関係と前後関係の誤謬であります。

またこの検証を行うために要した数年のうちに、日本脳炎ワクチン自体はひっそりとさらに副反応の少ないワクチンへと改良がなされ、今接種されているのはその改良型のワクチンです。

容疑をかける時にはあれだけ過熱したマスコミは、これらの事実をみなさんにそれ以上の熱意と時間をかけて報道するべきでした。

しかし、日本脳炎ワクチンの名誉が回復されたとはとても言えません。

それによってたくさんの児が接種する機会を奪われているのですが、それはマスコミの関心ではないように見受けられます。

この10年ほどで急速に発達した個人発信のSNSもマスコミと同様、時に世論を動かすほどの力を発揮することがあります。

我々はこの膨大な情報社会の中で、事実を虚構を冷静に判断することが求められる、何とも難しい時代を生きているようです。

LINEで送る

マスコミの功罪①

数多くの情報がかけめぐる現代。

地球の裏側の出来事も、マスコミを通じてすぐに知ることができる時代です。

さらにマスコミはただ事実を伝えるだけでなく、様々な切り口から問題提起をする役割も担っています。

政治の汚職、環境問題、薬害訴訟など、マスコミの取材をきっかけに世間の注目が集まり、問題が解決されたことも少なくありません。

他方、時に一部の報道ではただ視聴者の怒りや不安を煽ることで、テレビの視聴率や雑誌の売り上げを上げるのが主目的では?と感じられることがあるのも事実です。

また、綿密な調査や取材の上での報道であっても、後に間違いが判明することもあるでしょう。

一般的にはそのような時には、非常に短い時間や小さい紙面で誤りがあったと訂正されるだけのことが多いと思います。

例えば、ある事件が起こった後しばらくして一人の容疑者の名前が連日報道されるとします。

実際には、一部の例では後に無実が証明されることもあるわけですが、一旦容疑者として情報媒体に乗ってしまった不名誉を消し去るのはほとんど不可能と言えます(ネットの発達した現代では特に)。

私はそのような時には、容疑者として報道した時間や紙面の何倍もの労力を持って潔白であったという周知がなされるべきと期待したいのですが。

LINEで送る