待合室の写真 2016年9月 その2

IMG_4568
 先日、関節リウマチの代表的な治療薬メソトレキサート(メトレート®リウマトレックス®)の学会ガイドラインが5年ぶりに更新されました。今回はその内容に大きな変化はありません。当院でもリウマチ患者様の約8割の方が内服を継続されているお薬です。
 毎週1-2日の間に集中的に内服することが特徴で、一時的に血中濃度を急上昇させて効果を出すお薬なので、循環血液量が少ない時に内服すると通常よりも血中濃度が高くなりすぎる可能性があります。特に体重の少ない小柄な方は、脱水状態で内服しないように注意が必要です。ご自身で脱水傾向にあるかどうかを簡単に見分ける方法は尿の色(濃さ)を見ることです。脱水傾向になると尿の色は濃い黄色から茶色になります。十分水分が取れていれば無色に近くなります。一頃の猛暑は過ぎましたが、これからも脱水傾向に気づかないことがありますので注意していただきたいと思います。
 さてクリニック待合室の壁写真は、「酔芙蓉の寺」として知られる大乗寺で撮影されました。

題 名:芙蓉の花
撮影場所:京都市山科区 大乗寺
撮影日時:2016/9/16
撮影者:橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


本薬師寺跡(奈良県橿原市)を先週末に訪ねました。

先週末に奈良県橿原市の本薬師寺跡(もとやくしじあと)を訪ねました。あの有名な薬師寺が平城遷都される前身にあたるお寺だったそうです。今はホテイアオイが美しく咲き誇り、私も手持ちのスマホを使い少しだけ写真を撮ってみました。待合室の写真とは比較にもなりませんが。花以外にもタニシやオタマジャクシ、虫を食べるトンボなどなど、幼少時の情景が思い出され楽しい週末を過ごしました。茎や葉に付いた紅色の卵はタニシらしいです。

IMG_8363

IMG_8361

IMG_8389

IMG_8404

IMG_8390

IMG_8410b 


待合室の写真 2016年 9月 その1

IMG_5271
 雨の日を挟みながら暑さも徐々に和らいできた感のある今日この頃です。
 当院には医師(私)1名と看護師3名、レントゲン技師1名、薬剤師1名に医療事務員3名が常勤しています。職員9名の小さなクリニックですが、診察時間内には原則全員が勤務していますので、これからも気軽にお声がけ戴ければと思います。
 そのような職員が全員出席する院内勉強会を開院以来毎月続けています。主なテーマは関節リウマチの治療薬についてです。実際お薬を使う患者様に関わるためには看護師と薬剤師のみではなく、レントゲン技師や医療事務員もお薬の知識を十分に共有する必要があります。決して難しい学術的な話ではなく、リウマチ薬の種類によって必要な検査にはそれぞれ異なる理由があることなど医療スタッフ各自の立場から理解が深まる勉強会になるように心掛けています。
 さてクリニック待合室の壁写真は、季節を少し先取りして昨年のコスモスを再び引き出してきました。

題名: 高原に咲くコスモス
撮影場所: 黒姫高原
撮影日: 2015/9/27
撮影者: 橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


待合室の写真 2016年8 月 その2

EOS 70D_9999_26
 不覚にも熱中症を体験してしまいました。
 先日炎天下でスポーツを楽しんでいますと、途中で両方の下腿(ふくらはぎ)が突然つるような感覚に見舞われ、暫くストレッチしながら数時間続けておりました。熱中症対策は万全のつもりでスポーツドリンクも十分用意して臨んだのですが。
 翌朝起床すると両下腿から大腿(ふともも)まで激しい筋肉痛に苦しむことになりました。血液検査ではCPKが正常値上限の70倍以上に、軽い横紋筋融解症(筋肉に対する過度の負担から筋肉が破壊される状態)であることがすぐ理解できましたので水分摂取と補液を行い1日で回復しました。これも炎天下での脱水症状に気付かず発症した熱中症の一つです。
 十分な脱水対策をしているつもりでも、「足がつるような感覚」があればすぐに休息をするべきと自覚しました。
 さて待合室の壁写真は、前回に引き続き信州の高原に咲くヤマユリです。ヤマユリにも沢山種類があるのですね。

題 名:高原に咲くヤマユリ
撮影日:2016/7/28
撮影場所:長野県北安曇郡 白馬五竜高山植物園
撮影者:橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


待合室の写真 2016年8月 その1

160801
 既にお伝えしておりますように、8/15(月)から18(木)までは休診とさせていただきます。
 本日は半期に一度恒例の床クリーニングを実施しました。待合室、診察室、リハビリ室の什器や機材を全て移動して行います。8/19(金)からは更に綺麗なクリニックで患者様をお迎えします。
さて待合室の壁写真は、高原に咲くヒメユリに変わりました。酷暑が続く折、来院され御覧戴いた際に少しでも清涼感があればと選びました。

題 名:高原のユリ
撮影日:2016/7/25
撮影場所:長野県諏訪郡 富士見高原花の里
撮影者:橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


ホームページの出張撮影をお願いしました

IMG_7149

IMG_7157
 大阪は今日も最高気温36℃の猛暑日です。明日以降も酷暑が続くようですので皆様体調管理にはくれぐれもご注意くださいませ。
 さて当院のホームページに使われている写真は開院当初、4年以上前のものです。私の顔写真も含めて「ちょっと今と違うんじゃないの?」というご指摘を戴くことがあります。そこで今回、プロのカメラマンに出張撮影をお願いしました。ホームページでの更新は後日になりますが、さすがプロ、構図や配置、明るい表情の作り方捉え方、撮影段取りの良さに感心しながらスタッフ全員が結構楽しく盛り上がった撮影現場を少しだけ紹介します。

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


【夏期休診のお知らせ】

160702

8月12日(金)と13日(土)は平常通り診療します。
8月15日(月)から8月18日(木)まで休診とさせて頂きます。
8月19日(金)から平常通り診療いたします。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

 関西地区もようやく梅雨明けし酷暑が続いています。今夏の休診期間は8月15日~18日。お薬不足などにご注意戴いて早めの受診をお願いいたします。
 待合室の写真は睡蓮になりました。
題 名:睡蓮
撮影日:2016/6/27
撮影場所:京都府宇治市 三室戸寺
撮影者:橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


職員慰安旅行から無事帰阪しました。

IMG_6616
 今年は沖縄への職員慰安旅行から無事帰阪し、今週も通常に診療しています。
 当院は私を含めてスタッフ9人の小さなクリニックなので、ほぼ全員が常時出勤し来院された患者様皆さんと毎回お顔会わせできています。
 皆さんご存じのスタッフばかりです。この安心感はこれからも大事にしたいと思います。


待合室の写真 2016年6月 その4

EOS 70D_9999_71
 6月最終日の木曜日、午前診が終了しました。また開院してちょうど4年間を無事過ごすことができました。私は「定期的な継続通院が必要な関節リウマチ患者様に、基幹病院と同等レベルの医療サービスを、身近に便利に利用していただけるクリニック」を目指して独立開院しました。毎日外来診察に集中し、決裁を仰ぐことなく素早く行動できることは大病院にはない小規模クリニックなりの利点ですが、整形外科以外の合併症のある患者様には院内で治療を完結できないなど守備範囲が限られている不利な点も否めません。今後も当院が目指す方向性は変わりませんが、守備範囲を少しでも広げるために地域の病院や診療所の先生方との連携をさらに強化して行くつもりです。5年目以降も皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 さて今月は梅雨なので当然かもしれませんが、本当に雨の日が多く感じられました。待合室の壁写真は長居公園の紫陽花になりました。

題 名:紫陽花
撮影日:2016/6/17
撮影場所:大阪市 長居植物園
撮影者:橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ


待合室の写真 2016年6月 その3

IMG_3435
 先週から大阪南部でも度々局地的なゲリラ豪雨があり、特に今週火曜日はJR阪和線や南海本線が朝の通勤時間帯から大幅に遅延したため、その影響を受けた方は大変でした。通院患者様の中でも受診日を変更した方もいらっしゃいました。関節リウマチなどお薬が途切れると病状が悪化する可能性がある場合には、災害時など受診が数日遅れる場合でも対応できるように日頃から「1週間分の備蓄」をお薦めしています。
 これは「1週間余分に処方を受ける」のではありません。正しくは「残薬が1週間を切るまでに再診すること」です。前者の考え方では結局残薬がなくなる直前に受診するので、予定受診日に事故や災害が発生すれば対応できなくなります。また症状によっては受診日の検査結果を数日後に確認し、お薬の変更が必要な場合もあります。ですから是非「残薬が1週間を切るまでに再診する」ように心掛けてください。
 さて今週から待合室の壁写真は長野県八千穂高原、白樺群生地に咲くレンゲツツジに変わっています。

題 名:白樺林とレンゲツツジ
撮影日:2016/6/8
撮影場所:長野県南佐久郡 八千穂高原
撮影者:橋本禎夫

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ