手首を骨折してしまった患者様

先日、当院の近隣にお住まいの患者様から「転んで手をついてしまったら、手首が痛くはれてます。でも動くから折れてないですよね?」とお電話をいただきました。

骨折しても、筋肉は収縮しますので関節は動きます。「手首を動かさないようにして、ゆっくり気をつけて来てください。」とお願いし、診察させていただきました。レントゲンで確認しますと、やはり手首の骨折で関節面がずれています。橈骨(とうこつ)の関節内骨折です。ずれが大きくて骨折部位が不安定な場合は、手術を受けた方が、ギプス固定のみで治療するよりもはるかに早く復帰でき、後遺症も少なくなります。早速、整形外科専門医の常駐する病院に連絡し入院手術を受けていただきました。

当院は「リウマチ整形外科」と名前をつけていますが、骨折やねんざ、切り傷などの外傷にも迅速に対応しております。当院で治療が完結できない場合には、地域医療ネットワークを通して適切な病院へ紹介させていただきます。どうぞ安心して受診してください。