先週末は大阪市内で講演会の司会を担当しました。

 先週末は大阪市内で講演会の司会を担当しました。テーマは「リウマチの治療に用いられる生物学的製剤の使い分け」です。
 現在7種類(バイオ後続品を含めると8種類)の生物学的製剤が選択できますが、各々に特性があります。個々の患者様で、リウマチ自体の重さや合併症の有無、そして通院事情(月一回しか通院できない、半日しか仕事を休めない……等々)も千差万別です。治療開始後の効果の発現が早くて確実、しかも安全に使用できる最適な薬剤を如何に選択するか、生物学的製剤に対する深い知識と経験が必要になります。
 今回の講演会には、奈良県立医大附属病院でリウマチケア看護師として活躍されている須賀喜文様のご講演もあり、当院の管理薬剤師、看護師3名も参加しました。リウマチに対する治療は私たちのような小さな診療所でも、医師、看護師、薬剤師その他全ての医療スタッフで担当するチーム医療です。スタッフ全員が勉強になった有意義な講演会でした。

150228田辺講演

P1000857

P1000860

追伸;今年から「院長ブログ」を「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」に統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ