6月10日水曜日、「梅雨の合間の晴れ」。

 遠い外国の話題になりますが、今日からイタリア、ローマで欧州リウマチ学会が開催されています。今年も日本から多くのリウマチ医や研究に携わる先生方が参加しています。毎年6月の欧州リウマチ学会と、11月に開催される米国リウマチ学会は、リウマチ分野の進歩を先導する中心的な国際学会なのです。
 私自身はクリニックを開院してから、この3年間は出席できずにいますが、兵庫医大や京都大学の先生方との共同研究は今も続いています。 
 Abatacept(オレンシア)は比較的高齢の患者様に使われることが多い生物学的製剤ですが、どのような背景の患者様に効果が特に期待できるのかを明らかにする研究です。
 日進月歩のリウマチ分野においては、共同研究や治験にクリニックとして参加することで、有益な情報をいち早く患者様への治療に反映できると私は考えています。
eular2015

150610eular2

150610abstract1 

追伸;今年から「院長ブログ」を「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」に統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ