待合室の写真 2018年6月

4500IMG_35171605068_fig1
 関節リウマチの治療薬として生物学的製剤が登場し今年で16年が過ぎました。毎月の外来通院で寛解状態を維持できるリウマチ患者様が増えていることを実感しています。重症リウマチ患者様を主に診療し、テレビでも度々放映される東京のリウマチセンター(東京女子医大:山中教授)の施設でも70%以上の患者様が寛解含む低疾患活動状態を維持されています。経時的なグラフを添付します。これは生物学的製剤の恩恵に他なりません。しかしながら保険適応を受けているにも関わらず生物学的製剤は高額です。治療効果に期待しながらも、特に3割負担の若年世代の患者様は医療費の負担が問題になってきました。
 今月から、生物学的製剤エンブレルに相当する後発品(エタネルセプトBS)が保険適応され使用できるようになりました。この後発品は先発品エンブレルと比較して薬価が58%、注射薬剤の負担分については医療費が4割以上安くなります。治験段階から当院でも使用してきましたが、エンブレルと比較しても効果に遜色なく、副作用についても1年間の短期間ですが問題ありませんでしたので、今週から私の説明に承諾いただける患者様には後発品を処方しています。
 さて関西も早々と梅雨入りし不安定なお天気が続いています。待合室の壁写真は紫陽花(あじさい)で有名な京都宇治市の明星山、三室戸寺の紫陽花になりました。

題  名: 紫陽花
撮影場所: 京都府 宇治市 三室戸寺
撮影日: 2018/6/7

追伸: 「院長ブログ」は「りんくう橋本リウマチ整形外科フェースブックページ」へ統合移行しました。
フェースブックFacebookに登録されていない方、どなたでも閲覧することができます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

りんくう橋本リウマチ整形外科のFacebookページ






DDまっぷ ドクターブログ 一覧