日別アーカイブ: 2016年11月3日

リウマチ治療の変遷

リウマチ治療の変遷

表は1970年から今までの、リウマチ治療の変遷です。

私が医師になったのが1983年(昭和58年)。

そのころは、痛み止めとステロイド、注射金剤ぐらいで、たしかこのころリマチルが発売されたと記憶しています。

そのころ、関節の破壊ですごい変形になり、寝たきりになる方が多くいました。

1999年(平成11年)にNTX(メソトレキセート)が認可され、

ようやくリウマチを抑えることができるようになりました。

さらに、2003年(平成15年)の生物学的製剤(バイオ製剤)レミケードを始まりに

エンブレル、ヒュミラー、シンポニーなどいろいろなバイオ製剤が認可されていおます。

バイオ製剤によって、リウマチは治る可能性のある疾患となりました。