ブログを引っ越します!

いつもこちらのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このたび、いくつか運営しておりましたブログを1つに集約し、より、みなさまにお役に立てる情報を提供していくことになりました。

新しいブログでは、西洋医学・中医学・代替医療・美容をはじめ、みなさんの心と体の健康に役立つ情報をたくさん投稿して行くつもりです。

また、時にはコーヒーブレイクとして、私・渡辺奈津の日々の出来事なども綴らせて頂きます。

今後とも、ブログ共々、わたなべ皮フ科・形成外科を何卒よろしくお願いいたします。

●新ブログ アドレス
http://watanabe-biyohifuka.com/blog/


気になる手のひら・足の裏の多汗症に!

『イオンフォレーシス療法』

気になる手のひら・足の裏の多汗症を、手術をせずに電流の力で一気に解消!

厚生労働省研究班の調査によると、80万人もの方が多汗症で悩んでおり、自覚症状はあってもなかなか人に相談しづらく、手のひらの汗の場合、汗による携帯電話やパソコン機器の故障・不快感など、日常生活に様々な支障をもたらします。

わたなべ皮フ科・形成外科では、このような手のひらの多汗症の悩みを改善する「イオントフォレーシス療法(手のひら・足の裏多汗症改善)」を行なっております。低価格で治療が可能な他、メスを使用した手術の必要もなく、短時間で治療が完了するため、お気軽にご利用頂けます。

まずは診察にお越しになり、医師にご相談ください!
(※他にもさまざまな治療法がございます)


お知らせ

今週土曜日奈良市で、先生方を対象に、当院の院長が「酒さ」についての題目で、講演会を行います!
院長の「しゅさ」に対する研究がどんどん注目されてきています。
「しゅさ」にお困りの患者さんが一人でもいなくなくなることを切に願います。

『酒さに対する漢方治療』

演者 医療法人あすなろ会 わたなべ皮フ科・形成外科

院長 渡辺 奈津 先生


2階改装キャンペーン~

:lol: 全身脱毛キャンペーン(顔、VIOを除く)を行います!!

7/1~7/31までの期間限定 :roll:
先着2名様のため、本当に早いもの勝ちですよ!! 8-O

価格:360,000円のところ・・・→なんと298,000円(税別)で受けれますよ! 8-)

※カード払い可能
※LINEの1,000円引きクーポンのご使用は出来かねます。

☆その他詳しいことはスタッフまで!! :-D
☆LINEで施術動画も配信しています。是非登録してご覧になってくださいね!
→「@wscl」で検索してください!! :-P


2階改装キャンペーン~ ;-)

全身脱毛キャンペーン(顔、VIOを除く)を行います!!

7/1~7/30までの期間限定
先着2名様のため、本当に早いもの勝ちですよ!!

価格:360,000円のところ・・・→なんと298,000円(税別)で受けれますよ!

※カード払い可能
※LINEの1,000円引きクーポンのご使用は出来かねます。

☆その他詳しいことはスタッフまで!!
☆LINEで施術動画も配信しています。是非登録してご覧になってくださいね!
→「@wscl」で検索してください!!


漢方について

漢方は西洋医学と考え方が違いますハート
漢方はいわゆる感染症などの病気には向きません。そこが西洋医学と違うところです。漢方では、問診・舌診・腹診・脈診などを行なって、患者さんの全体を把握しようとします。

何が原因かもう一つはっきりしないけれども、という場合に症状緩和に役立ちますビックリマーク

ただし、漢方は西洋医学と対立するものではありません。血液検査やX線検査などは必要に応じて行ない体の状態を把握することは重要です。また感染症であれば西洋医学に基づいた治療を行うべきです。

当院の漢方治療について

音譜漢方薬がよく用いられる症状音譜
こむらがえり、不定愁訴・更年期障害、疲労倦怠感、咳(セキ)・痰(タン)
急性上気道炎、認知症の周辺症状、アレルギー性鼻炎
便秘、食欲不振、自律神経失調症、胃炎
ニキビ


ロージークリームを作りました!

o0717017012399956859
ロージークリーム ※イメージ画像です(≡^∇^≡)

外来診察していると、赤ら顔、顔のほてり、湿疹で悩む女性のいかに多いことか・・と思っていました。やっぱり女性だから、顔があんなこんな状態になったら へこみます。へこむから、すぐステロイドを塗ってしまう。なんとかよい状態の皮膚を維持したい・・その女心はよくわかるのですが、それがますます恐ろしい ステロイド皮膚炎の道へと・・酒さとか酒さ様皮膚炎といわれるものになってしまいます。ステロイドをやめれといわれ、麻薬禁断状態と戦いながら、ともに頑 張るわけですが。もっとこの赤みを引かせるお役立ちグッズがあるはず!

しかも、外国では認可されてどんどん使われているのに、日本ではまだまだ認知度も低いものが・・
そういうわけで、それを習い、作ってみました。
赤ら顔用クリームというのも色気がないので、ロージークリームと命名しました。
ニキビや、赤ら顔、顔の悩みの人に役立つことを願いながら。

昔 は皮膚科医って、軟膏とか手作りだったんよね~私も20年ぐらい前は実は腱しょう炎になってました(笑)なぜかというと、診察が終わったら、毎日一人で軟 膏を練るからです・・うちの軟膏は「どんどん治れ!」という気を入れて練ってるから、よく効くんだとか思ってたころが懐かしくなりました。スタッフにも触 らせない聖域でしたね。それが、院外処方とかジェネリックとか言ってるうちに、お薬から遠くなってきた気が強く最近します。どうせ使ってもらうなら、もっ と祈りをこめてお渡ししたいと思う今日この頃です。