月に何冊も読んでません

月というより年間で何冊くらいでしょうか・・・

お恥ずかしいばかりです

これもづーーと読みたいとあたためすぎた1冊です

P1040922.JPG

 

 

 

 

 

 

たとえ話に磯野家の登場人物を使い

相続を分かりやすく説明しています

私でも理解できたのですから

すばらしいです

 

波平さんに双子の兄(海平さん)がいたんですね