糖尿病治療薬「アクトス」新規処方停止

フランスとドイツで糖尿病治療薬「アクトス」が、新規処方停止になったようですban

膀胱がん発生のリスクを高めるとのことです。

もともと私は殆ど処方しない薬でしたが・・・日本での扱いはどうなるのでしょう?

日本では糖尿病専門医より循環器専門医が処方する傾向があります。

薬は病気を治療するのには必要ですが、時に思いがけない副作用があるものです。

特に新薬で多いので、出来れば副作用がより十分に検証された後に使いたいですね。

しかし「アクトス」の場合には、発売から既に10年以上が経っています。

まだ因果関係が決まったわけではありませんが、処方は慎重でなければなりません。

薬を使うことでのメリットとデメリットを常に考えることが大切ですthink






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>