1周年記念、ご挨拶

 いちおか泌尿器科クリニックは、2012年4月1日で開院1周年を迎えました。

 多くの関係者の方々、患者さんたちに支えられて、なんとか一年間やって参りました。この場を借りまして、お世話になりました方々にお礼を申し上げたいと思います。

 

 まずは、新規開院を暖かく迎え入れてくださった、地域の皆様、中京区の各クリニックの先生方にお礼申し上げます。

 母校の京都大学の先生方にもお手伝いを頂き、感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。

 足立病院産婦人科、生殖内分泌センターの皆様、伊藤病院の方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 武田病院の先生方にもバックアップを頂き、ありがとうございます。

 製薬会社の方々、医療機器メーカーの皆様、卸会社の方々、広告会社の方、デザイナーさん、これからもよろしくお願いいたします。株式会社メディセオ様、お花を頂戴してありがとうございます。

2012-04-02 17.09.23.jpg

 また、他にも多くのクリニックがある中、当クリニックを信じて受診していただいた患者さんの皆様にも、お礼申し上げます。

 

 2011年4月1日、職員6名で細々とスタートいたしました当クリニックですが、現在では15名以上の専門スタッフが揃い、より安心していただける体制が整っています。この一年間で2100人以上の新規の患者さんが受診され、88名もの患者さんが当院で手術を受けられました。京都市内、特にご近所の中京区の方が一番多く受診して下さいましたが、一方では福井県・岐阜県・岡山県・広島県などからお越しいただいた方もいらっしゃいました。多くの方々からの信頼を裏切らないよう、職員一同、これからも努力してまいります。

 

 当院の二年目の目標として、「こわくない、恥ずかしくない泌尿器科クリニック」を掲げたいと思います。昨今では当たり前のことかもしれませんが、私は医療もサービス業の一つと考えています。受診したい時に、気軽に受診するのが当たり前だと思うのです。しかしながら、一般的に泌尿器科は若干垣根が高いようで、患者さんから「泌尿器科は受診しにくい」「今日は勇気を振り絞って、来ました」と言われることがよくあります。中には「問答無用でむちゃくちゃされると思っていた」方もおられました。ものすごいことされる(?)、こわい、と思っている方もいるようです。緊張から、モジモジしておられる方、手先が冷たくなっておられる方もたくさんおられます。

 もっと早くに来てくれたらよかったのに、もっと気軽に来てくれたらいいのに、といつも思います。「こわくない、泌尿器科」「恥ずかしくない、泌尿器科」をもっと広く知ってもらいたい。悩んでいないで、気軽に相談いただきたい。患者さんが受診しやすいクリニックを目指して、次の一年間、さらに改善していきたいと思っています。

 

 これからも地域に密着した、日々の暮らしを支える医療を目指していくとともに、最新治療を気軽に安心して受けていただけるクリニックにしていきたいと考えています。今後とも応援をよろしくお願いいたします。