京都新聞連載 「気付いてほしい男性不妊」 全8回一挙公開 第2回

4月30日付京都新聞朝刊
②「外来の裏側では」
不妊の原因の約半数は男性側にあると述べましたが、
大方の男性は、「俺は大丈夫だ」と自信を持っています。
一方、女性は「ひょっとしたら自分に不妊の原因があるかもしれない」と思っている方がほとんどです。不思議ですね。
性格、体格、外見などから男性不妊が見分けられるということはまずありません。
がっちりとしたタフそうな人でも男性不妊の可能性があります。
逆に、細くて頼りなさそうな人でも問題ないことがほとんどです。
「男らしい性格」「男らしい体格」など、いわゆる「男らしさ」と男性不妊とは関係がないのです。
しかし、世の男性は勘違いしてしまうのですね。
「男性不妊」であるとは「男」であることを否定されたように思ってしまうようなのです。
男性不妊かどうかは、検査を受けてみなければわかりません。
一般的に、女性側の検査が終了して特に異常がないとなると、男性側の検査を勧められることが多いです。
しかしながら、精液検査や男性不妊外来の受診を勧められても、夫に拒否されることがしばしばあるようです。
「夫に怒られるから」と、言い出せない妻もいます。
時に、私の診察室に来てからでも「自分には関係ない」「不妊治療なんて必要ない」などと根拠のない自信を盾に怒りだす夫すらいます。
結局は「これ以上は検査や受診はしたくない」などと言って、妻を困らせることになります。
「男のプライドが傷つく恐れ」が受診の妨げになるのでしょう。
そのあたりの心情、事情もよく分かった男性不妊専門医は「男の味方」ですので、もっと気楽にしていただいたらよいのに、と思いますね。
近年は、妻の受診と同時にチェックを受けに来られる夫も少しずつ増えてきています。いい傾向です。
子どもは一人ではできませんので、夫婦のどちらが良くてどちらが悪い、という議論は無意味です。ご夫婦で協力し合い、いたわり合って、しっかり立ち向かってほしいと思います。